当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2020年04月23日

東急電鉄3路線 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

11%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:東急電鉄 大井町線・池上線・東急多摩川線 往復 4K撮影作品 [DVD]

■発売予定日:2020/05/21

Blu-ray Discはこちら!

内容紹介
大手私鉄 東急電鉄の3路線を往復で収録!!

全8路線の104.9km、年間利用者は11億人を誇る大手私鉄・東急電鉄。
そのうち、大井町線・池上線・東急多摩川線の3路線の展望を往復で収録。
大井町線の往路は2018年3月に営業運転を開始した急行専用の6020系に乗車。
東横線・目黒線など多くの駅で他の路線にも接続し利便性が高い。
二子玉川からは田園都市線との複々線区間。
都県境の多摩川を渡り溝の口駅へ到着、復路は9000系に乗車し各停で大井町へ折り返す。
池上線は、蒲田~五反田の往復を東急多摩川線と共通で運用される1000系で収録。
洗足池などの名所や旧跡、戸越銀座の商店街といった昔ながらの雰囲気が残る沿線を走る。
東急多摩川線は、2000年に目蒲線の運行系統が目黒線との2つに分かれ、そのうち多摩川~蒲田の区間を結ぶ。
目蒲線は東急電鉄の前身・目蒲電鉄が最初に開通した歴史を持ち、そのことから東急の発祥路線でもあるこの東急多摩川線を1000系で往復する。

【大井町線】56分
■撮影日: 2019年11月16日
■撮影列車:大井町~溝の口 急行131091レ 6020系6122編成 7両
溝の口~大井町 各停104092レ 9000系9008編成 5両

【池上線】54分
■撮影日: 2019年11月16日
■撮影列車:蒲田~五反田 各停007122レ 1000系1019編成 3両
五反田~蒲田 各停008121レ 1000系1504編成 3両

【東急多摩川線】27分
■撮影日: 2019年11月16日
■撮影列車:蒲田~多摩川 各停024112レ 1000系1503編成 3両
多摩川~蒲田 各停024113レ 1000系1503編成 3両

◆許諾:東急電鉄株式会社商品化許諾済

【弊社4K撮影作品とは】
業務用4Kカメラを使用し、4K記録した映像をマスターとして使用、その後ダウンコンバートしてDVDに収録しています。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
東京の大手私鉄・東急電鉄のうち、大井町線、池上線、東急多摩川線の3路線を4K撮影。大井町線では急行専用の6020系とベテランの9000系に乗車。どこか懐かしさを感じる池上線と、東急の発祥路線・目蒲線をルーツに持つ多摩川線は1000系で往復する。

内容(「Oricon」データベースより)
年間利用者は11億人を誇る大手私鉄・東急電鉄。本作では、大井町線・池上線・東急多摩川線の3路線の展望を往復で4Kカメラで収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

BVE東武東上線急行1B





今回は前回公開した東武東上線の小川町から川越市までの続きとなる、川越市から池袋までの運転動画を公開します。
引き続きBVE2の路線データをコンバートしたもので、変換により緑色の細い棒のようなものが多数立つようになった以外、とくに不具合等はありません。
種別は急行で、川越からようやく急行運転となり、しかもダイヤにあまり余裕がないため、区間によってはかなりハイペースでの運転にならざるを得ません。

車両は同じくBVE2のデータをコンバートした8000系10両編成で運転してみました。
今さら言うまでもないと思いますが、東上線がATC化された時点で8000系の運行は終了しています。
しかし運行されていた当時を懐かしんでみたいという気持ちから、あえて選択しました。
今回のこの8000系のデータは、BVE2においてそれこそ職人技としか思えないほどリアルな車両を次々と公開されていた方が制作したもののひとつで、個人的に東武8000系でこのデータを超えるものは現在でも出てきていないと考えています。
東武HSCの緩解音や、京成3500形と同様のMG音といった再現も見事というほかありません。
なお、運転台パネルの形状から未修繕車あるいは初期修繕車で間違いないでしょう。

最高速度はATS時代なので105qとしており、車両の性能があまりよくないため、とくにハイペースの運転ではブレーキ操作に慣れが必要となりますが、今回はすべての駅の停車でさほど問題なく止められたといえるかと思います。
それではどうぞご覧ください!

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

中央・総武緩行線 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

11%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中。Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:中央・総武緩行線 4K撮影作品 三鷹~御茶ノ水~千葉 [DVD]

■発売予定日:2020/05/21

内容紹介
イエローラインのE231系でゆく 三鷹~千葉のんびり各駅停車の旅

中央・総武緩行線はE231系10両編成で運転されています。本作の乗車車両は三鷹車両センターに所属する500番台(A509編成)。
路線名では三鷹~御茶ノ水が中央本線、 御茶ノ水~千葉が総武本線で、中央・総武緩行線は運転系統の愛称。
駅ナンバリングで使われる路線記号はJB。ラインカラーは黄色。東京の都心部を西から東へ横断し、多摩地域と千葉方面を直結しています。
三鷹から御茶ノ水までは中央急行線との複々線、 御茶ノ水からは複線、錦糸町から千葉までは再び複々線状態の賑やかな路線になります。E231系にも0番台・500番台・900番台がありバラエティ豊か。
三鷹~中野では東京メトロ東西線からの乗り入れ列車も見られます。総武線区間では乗客が非常に多く人々の生活の足として欠かせない路線となっています。
都心の前面展望作品らしく様々なタイプの列車とのすれ違いや、追い抜き追い越しなど見所満載の魅力溢れる作品となっています。 【4K 60P撮影 4KマスターよりDVD化】

■撮影日 2020年2月19日晴れ

■撮影車両各停1334B三鷹発千葉行E231系500番台 10両

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
黄色のラインカラーがトレードマークの中央・総武緩行線を4K撮影。E231系500番台に乗車し、三鷹から御茶ノ水間までの中央本線区間と、御茶ノ水から千葉までの総武本線区間を撮影。複線・複々線の変化や様々な列車とのすれ違いなど、見どころ満載。

内容(「Oricon」データベースより)
中央・総武緩行線はE231系10両編成で運転されている。乗車車両は三鷹車両センターに所属する500番台(A509編成)。路線名では三鷹~御茶ノ水が中央本線、御茶ノ水~千葉が総武本線で、中央・総武緩行線は運転系統の愛称。都心の前面展望作品らしく様々なタイプの列車とのすれ違いや、追い抜き追い越しなど見所満載の魅力溢れる作品。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

BVE東武東上線急行1A





今回は前回公開した東武東上線の寄居から小川町までの続きとなる、小川町から川越市までの運転動画を公開します。
引き続きBVE2の路線データをコンバートしたもので、変換により現れるようになった緑色の細い棒のようなものが立っているのが若干目障りに感じられるかもしれませんが、それ以外の不具合等はありません。
種別は急行ですが、この区間は各駅に停車となります。

車両はもともとBVE5のデータとして提供されている10030系10両編成で運転してみました。
BVE2の車両データをコンバートした10030系の運転動画は以前すでに公開しましたが、BVE5のものは初となります。
BVE2のデータのほうは回生制動中にブレーキを緩めても緩解音が鳴らず、回生失効後に鳴るという凝りようだったのに対し、今回は回生制動中でも常に鳴るようになっており、回生失効時の音の変化は忠実に再現されているだけに、その点が少し残念といったところでしょうか。
しかしそれ以外はなかなかよく出来ていると思います。

最高速度はATS時代なので105qとしており、次駅への到着がどうしても遅れてしまう区間がいくつかあるものの、最終的に川越市には遅延せずに運転することができました。
途中森林公園では停車時間がちょっと長いのでリセットしていることをあらかじめご了承ください。

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

山手線E231系500代 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

11%OFF!!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:ザ・メモリアル 山手線E231系500代 [DVD]

■発売予定日:2020/04/24

内容紹介
東京の大動脈である山手線に緑色のラインを帯びてE231系500代が登場したのは2002年。その後18年にわたり山手線を支え続け2020年1月、遂に山手線から引退となった。本作では前面展望を交えた内回り・外回りの走行、車両の内・外観もあますところなく紹介していく。さらに有終の美を飾る2020年1月に行われた「ありがとう」ヘッドマーク付の走行も収録!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
1月に山手線から引退となったE231系500代のメモリアルDVD。東京の大動脈である山手線を18年間支えたE231系500代の前面展望を交えた内回り、外回り走行や車両の内外観を紹介。さらに有終の美を飾った「ありがとう」ヘッドマーク付き走行も収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

あっぱれ!東武野田線急行


3月14日のダイヤ改正より運行を開始した東武野田線の全線に及ぶ急行列車ですが、先日船橋〜柏間で往復乗車してきました。
その感想を一言で述べるならば、とにかく速い!ということです。
それは速度的にも時間的にもいえることで、これまで船橋側から結構遠く感じられた柏が一気に近くなったような気がしました。
途中停車駅が新鎌ヶ谷と高柳の2駅のみで、以前よりも最大で11分もの短縮、標準所要時間が19分となれば、それも当然だといえるかもしれませんが、とにかく乗車しててそのあまりの速さに感動し鳥肌が立ちっぱなしなったぐらいで、ここ最近で鉄道に乗車してそれほど感動させられたことといえば、京成3100形に初乗車したときぐらいでしょうか。

まず往路の急行は野田線では最新鋭の60000系による大宮行でした。(柏駅にて撮影)
o200322-01.jpg
船橋発車時に休日の日中ということもあり空いているだろうと予想していたのですが、座席がほぼ埋まるぐらいの乗車率だったのは意外なことです。
ただ、それは管理人が乗ったのが新鎌ヶ谷でちょうど階段付近に位置する車両だったからで、新鎌ヶ谷で乗客が結構下りてからはところどころ座席に空きがある状態のまま柏に到着しました。
速度計を見ていたわけではないながら、運転最高速度である100qまで出すことはあまりなく、ダイヤにまだ余裕がありそうな感じですが、それでも以前の野田線のイメージからするとやはりスピードが速く、各停車駅到着毎に「もう新鎌ヶ谷?」「もう高柳??」「もう柏???」と驚かされた次第です。
この調子であれば途中各駅に停車する区間はあるものの、船橋から大宮までのフル乗車でもさほど苦痛にはならないことでしょう。
ただし柏における標準停車時間が6分というのはちょっと長すぎる印象で、スイッチバックなので1〜2分ほどの短い停車時間ではさすがに厳しいのはわかるものの、これがせめて半分の3分程度になればだいぶマシになり、さらなるスピードアップにもつながるかと思います。
あと余談ながらこの60000系で管理人が座った近くのドアの隙間が結構開いたまま走行していたのですが、大丈夫なのでしょうか・・・
o200322-02.jpg

復路の急行は夜間になり柏始発の最古参8000系でした。(船橋駅にて撮影)
o200322-03.jpg
最高速度はやはり90q程度だったと思われ、走行音が大きい分60000系よりもスピード感がありますが、個人的にこの爆音はイイ感じです。
柏発車時点で座席が7割ほど埋まっている印象で、その後の高柳や新鎌ヶ谷では降車客に比べ乗車客は少なく、全般的に比較的空いており快適でした。
今回の往復では対向列車などでこの8000系を見かける機会が多かっただけに、現時点ではまだ結構残っているのかもしれません。

なお、今改正で朝ラッシュ時を除く船橋側の普通の運転間隔は10分ヘッドに変わりなく、30分ヘッドの急行がそのまま増発という形になっています。
それにより普通しか停車しない駅の利便性はほぼ保たれているといえるでしょう。
また急行の増発で本数が増えたことによる分散効果で普通の混雑も緩和されたものと思われます。

とにかく単線区間ばかりだったり、18m吊り掛け車の3000系列が走っていたりという管理人のなかにいまだ残っている東武野田線のイメージからすると、信じられないぐらいの進化を遂げ、まったく別の路線になったとすら思えてなりません。
それこそ「東武アーバンパークライン」という愛称のほうが相応しい路線になったといえます。
全線急行運転開始で所要時間が大幅に短縮されたことにより、沿線価値もおのずと向上するというものでしょう。

18m中型車にもかかわらず6両編成に統一し旅客サービスが大きく低下した新京成とは大違いで、今回の野田線急行によりますますその差が開いたとしか思えません。
個人的に新京成は8両編成が消滅して以降乗車する機会が明らかに減りましたが、今後は極力野田線急行を利用することで新京成にはより乗らなくなることが考えられるところです。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 東武鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

BVE東武東上線寄居1


今回より東武東上線の運転動画を3回に分けて公開します。

まずはじめは全線が単線で、また東上線の運転保安装置がATC化された後もATSのままとなっている寄居から小川町までの区間となります。
また例によってBVE2の路線データをコンバートしたもので、小川町が終着駅にもかかわらず発車しようとしてドアも閉まりますが、それ以外の不具合等はとくにありません。
始発の寄居はJR八高線や秩父鉄道との連絡駅となっていますが、駅発車時に左方に見える1本の線路は秩父鉄道かと思われます。
また、終着の小川町もJR八高線との連絡駅となっており、ひとつ手前の東武竹沢駅を発車後少しして左側から近づいてきて小川町まで並行する線路が八高線で間違いないでしょう。

車両はBVE4のデータをコンバートした初期の5000系4両編成で運転してみました。
実際にも東上線系統で運行されていたことがあるとされています。
この5000系はかつて4両編成・2両編成各2本の計12両が存在し、車体新製による更新車ながら当初は非冷房で、おまけに種車となった7800系の自動ブレーキのままという状態でした。
管理人のBVE運転動画としては初の自動ブレーキの車両となるわけですが、これはブレーキ操作がかなり難しく、なかなか上手く止められるものではありません。
ただし今回の動画に限っては、すべての駅で問題なく停車できたのではないかと思います。
加速時の吊り掛け音のリアルさについては実に驚くべきもので、管理人がダウンロードしてあるすべての吊り掛け車のデータの中でこれが最高だといっても過言ではありません!
吊り掛け音をこよなく愛する管理人にとって、これほど忠実な車両を運転できるというのは快楽ですらあります。
なお、コンバートにより速度計が動かなくなってしまったため、運転台パネルをBVE2の5070系車両データのものに入れ替ることで無事動くようになりました。

この区間では信号やカーブによる速度制限のため最高速度は75qしか出せません。
自動ブレーキだと操作がどうしても慎重になるので停止するまでに時間がかかってしまうのですが、管理人みずからがなるべく定時運行できるようにダイヤをいじったこともあり、とくに遅延することなく運転できました。

それでは東武5000系列の懐かしい吊り掛け音をぜひお楽しみください!

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

京成電鉄のすべて 単行本

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:鉄道まるわかり009 京成電鉄のすべて (日本語) 単行本

■発売予定日:2020/03/16

■商品の説明
「鉄道まるわかり」シリーズは、鉄道会社などのワンテーマを深く掘り下げ、鉄道ファンから沿線住民、就職活動生まで、幅広い層から支持を集めています。
シリーズ第9弾は、インバウンドの増加で、東京と成田国際空港を結ぶ鉄道として成長を続ける京成電鉄がテーマです。

京成電鉄は、成田山新勝寺への参詣輸送を目的に1909年に「京成電気軌道」として設立。
1978年に新東京国際空港(現・成田国際空港)が開港してからは、空港アクセス路線としての役割が加わりました。
2010年には成田スカイアクセス線が開業し、在来線最速の160km/h運転を開始。
近年はインバウンドの増加で、その重要性はますます増しています。

本書では、京成電鉄および多種多様な京成グループの企業・事業についても詳しく解説。交通事業だけにとどまらない、京成グループのすべてが分かります。

■内容詳細
●第1章京成電鉄の企業がわかる
鉄道・バスなどの交通機関からホテル、ショッピングセンター、そして東京ディズニーリゾートまで、京成電鉄のグループ企業は多種多様です。
各社の特徴や事業内容を解説しています。

●第2章京成電鉄の路線がわかる
京成上野と成田空港を結ぶ京成本線をはじめ、波乱の歴史に満ちた押上線、映画「男はつらいよ」で全国的に有名な金町線など、京成電鉄の7路線をはじめ、直通運転を行うグループ会社の路線を紹介しています。

●第3章京成電鉄の駅がわかる
京成電鉄の全69駅から、ターミナルやジャンクションとなる駅を中心に13駅を取り上げて紹介。
一部の駅では誌面サンプルのように配線図を交えて、解説を理解しやすくしています。

●第4章京成電鉄の車両がわかる
京成電鉄の現役形式すべてと、京成の歴史に欠かせない車両を紹介。
通勤車だけでなく、特急専用車もある会社ならではの厚みが魅力です。
なお、最新形式の3100形は車両基地で取材を行い、巻頭で豊富な写真とともにより詳しく取り上げています。

●第5章京成電鉄の歴史がわかる
1909年6月30日に京成電気軌道として設立された京成電鉄。
長い歴史の中では、輝かしい出来事もあれば、経営の危機に直面するようなこともありました。
紆余曲折の110年を解説します。

●第6章京成電鉄の魅力がもっとわかる
成田国際空港にアクセスする京成電鉄は、空港利用者およびインバウンド向けの施策やお得なきっぷが用意されています。
また、「スカイライナー」車両で通勤できる朝夕のライナー列車や、子育てしやすい環境作りへの積極的な取り組みなどを紹介しています。

■目次
●巻頭特別企画
・京成グループの新標準車両 3100形デビュー
・史料から見た京成電鉄意外史

●第1章京成電鉄の企業がわかる
京成グループのスローガンは「いろんな笑顔を結びたい」
「グループ全体が一つの会社」総合生活企業として地域に貢献
本線と接続しない関東鉄道や小湊鐵道も京成グループ
各地の「京成ホテル」に加え「ディズニーホテル」も運営
レストラン、映画館、旅行業や筑波山ケーブル・ロープウェイも
「グループ行動指針」で自然環境への配慮行動を実践ほか

●第2章京成電鉄の路線がわかる
東京の衛星都市を結ぶ京成本線1・京成上野~京成船橋間
北総鉄道線を延伸して開業成田空港線・京成高砂~印旛日本医大~成田空港間
本線から支線、そして都心への重要路線に押上線・押上~青砥間
全線でほぼJR総武線と並行する千葉線・京成津田沼~千葉中央間
南北方向に延びる京成電鉄のグループ会社新京成電鉄・松戸~京成津田沼間
京成電鉄・都営地下鉄・京急電鉄 3社局の直通運転ほか

●第3章京成電鉄の駅がわかる
他社線の上野駅とは少々離れたターミナル京成本線・京成上野駅
東京23区内におけるサブターミナル京成本線・日暮里駅
京成電鉄最大のジャンクション京成本線/成田空港線/金町線・京成高砂駅
大手私鉄初の国際空港アクセス駅京成本線/成田空港線・成田空港駅
車寅次郎のホームタウン金町線・柴又駅
押上、京成高砂、日暮里…乗降者数が多い駅、少ない駅ほか

●第4章京成電鉄の車両がわかる
最高160q/hをマークする空港アクセス特急AE形
京成グループ標準車体を作り上げた 3000形
京成初の界磁チョッパ制御通勤車 3600形
成田空港アクセス用として誕生AE形(初代)
都営地下鉄に直通する 3000形・3050形(初代)
6社局の車両が京成線を走る京成電鉄への乗り入れ車両ほか

●第5章京成電鉄の歴史がわかる
郊外鉄道と空港アクセス鉄道を担い都営地下鉄との直通運転も達成
1909-1930軌道法に準拠して開業した京成電軌
1931-1959上野乗り入れと多角経営化
1960-1976地下鉄直通運転と成田空港アクセス
1977-1993成田空港ターミナルビル直下に乗り入れ
2010-2019成田スカイアクセスが開業ほか

●第6章京成電鉄の魅力がもっとわかる
海外からの旅行者を迎える京成のインバウンド施策
「スカイライナー」利用だけでない京成のお得なきっぷ
「スカイライナー」車両で運用する京成の通勤ライナー
京成沿線の価値を向上子育てしやすい環境を整備
2019年に開業100周年を迎えた海神駅の軌跡ほか

■著者について
◆旅と鉄道編集部(タビトテツドウヘンシュウブ)
隔月刊にて発行される、鉄道の旅の魅力を伝える雑誌『旅と鉄道』。鉄道ファンから、旅好きまで多くの読者に愛されている。
ローカル線や、蒸気機関車など定番の特集のほか、鉄道×アニメ、秘境駅など、幅広い新しいヒット企画も手がける。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

京成2019年度廃車記録





本年度もまた年度末が近づいてきました。

2019年度の京成ではスカイライナー向けとしてAE系の9本目となるAE9編成が増備されたほか、一般車では成田スカイアクセス向けの新型車両3100形が登場し、8両編成2本が導入済みとなっています。
そのうち一般車両についてはアクセス特急向けの車両が従来の6本から7本体制とされたことにより、3100形2本のうち増備対象とされたのは1本のみで、その代替として3000形3051編成が京成仕様に変更のうえ本線に転用され、さらにその玉突きで3600形8両が廃車ということになりました。
導入された新車が計16両に対し、除籍されたのが8両のみという点で今年度はまだ幸いだったといえるかもしれません。

それでは例年通り2019年度中に廃車となった3600形について簡単に記録しておきたいと思います。

■3600形

★3631-3632-3633-3636-3637-3626-3627-3638(廃車:2019-10-30)


●3631-3632-3633-3636-3637-3638

竣工届出日:1987-06-17

製造所:日本車両

制御方式:界磁チョッパ制御

帯色配置変更:1995-01-31

在籍期間:約32年4ヶ月


●3626-3627

竣工届出日:1986-06-28

製造所:東急車輌

制御方式:界磁チョッパ制御

帯色配置変更:1995-06-09

在籍期間:約33年4ヶ月


※8連化:1997-10-04

※6連化:2019-07-08

3631-3632-3633-3626-3627-3638

posted by SS at 00:00 | Comment(1) | 京成車両記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

京成3100形 Nゲージ

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

25%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:鉄道コレクション 鉄コレ 京成電鉄3100形 「成田スカイアクセス」 基本4両セット ジオラマ用品 (メーカー初回受注限定生産)

■発売予定日:2020/03/31












■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:鉄道コレクション 鉄コレ 京成電鉄3100形 「成田スカイアクセス」 増結4両セット ジオラマ用品 (メーカー初回受注限定生産)

■発売予定日:2020/03/31












商品の説明
2019年7月に落成し、9月現在、営業運転に向けて試運転を重ねています。
車体は、成田スカイアクセスの案内カラーであるオレンジを基調としたデザインとし、空港アクセスのシンボルである飛行機と沿線各所のイメージイラストをアクセントとして車体に描かれています。

トミーテックでは実車の登場前から事業者様と連携し、鉄道コレクションの設計・開発を進めて参りました。
実車の特徴を読み解き、1/150にスケールダウンしました!

別売りの動力ユニットとNゲージ走行用パーツを使用することにより、Nゲージ鉄道模型として走行させることができます。
動力ユニットは18m級A TM-06R、走行化パーツはTT-04R (グレー)を指定、パンタグラフは[0246] PT-7113-Dを推奨します。

※展示用台座は付属しません。

※鉄道模型はレールより給電するシステムです。走行、発光、点灯する場合でも電池は使用しません。本製品に電池は含まれません。
※本製品に燃料は使用しません。本製品に燃料は含まれません。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする