当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2018年01月29日

車内BGMは京成で前例有





本日1月29日より、東京メトロ日比谷線の新型車両13000系の車内でクラシックやヒーリングのBGMを流す試みが始まりました。
13000系は東武伊勢崎線にも乗り入れますが、BGMを流すのは日比谷線内のみで、通勤時間帯は避け、お昼を挟んだおよそ3時間程度とのことです。
個人的には音楽が好きなのでそれほど悪いことだとは思えません。
また、とくにヒーリング音楽の場合だと癒し効果もあるので、乗客同士のトラブルの減少等にも少しは役に立ちそうな感じもしますが、トラブルが起きやすいのは混雑時だと思うので、通勤時間帯こそ流したほうがよさそうな気もするところです。



ところで、この日比谷線の車内BGMについての報道記事で、普通の通勤列車の車内でBGMを流すのは全国初の試みとの記載が多く見られますが、実は昭和40年代に京成の車内で音楽を流していたことがありました。
それはあくまでも案内放送やコマーシャルのバックで流れていたもので、始発から終点まで常時音楽がかかっているわけではなく、そんな時代なのでもちろん音質がいいわけでもありませんでしたが、京成の場合はほぼ全区間の全列車が対象で、しかも終日に渡り結構な音量で流れていたと記憶しています。
再生媒体は8トラックテープで、乗務員室の車掌台にその再生機器が設置されていました。
現在の自動放送のようにコンピュータによる制御などなかったので、車掌が各駅毎にいちいち再生操作を行い、失念した場合は早送りをして合わせるなど、結構面倒なものだったと思われます。
音楽は次駅案内やコマーシャルの部分では音量が控え目で、それらが終わると大きくなり、各駅間の所要時間に合わせて音楽も適度な長さとされていました。
それが昭和50年代に入ったあたりから音楽の音量が次第に抑えられ、末期にはついに音楽が完全になくなって音声案内のみとなり、しかも放送される区間も限定されるようになったと思います。
昭和59年に発行された京成関連の書籍では、上野発の急行に装備されているとの記載があるので、昭和60年代初頭まではかろうじて放送されていたことでしょう。
音声案内のみとなった時代の放送ならば、Youtubeにアップされています。



なお、京成の車内音楽については数多くのさまざまな曲がありましたが、もちろん歌入りのものはなく、あくまでもインストゥルメンタルばかりでした。
管理人もそのうちの何曲かは今でもメロディをしっかりと記憶しているものの、あまりにも昔の音楽だけに残念ながら曲名がほとんどわかりません。
ただ、流れていたことが確かなのが1曲だけあり、それは以下の「雨にぬれても(Raindrops Keep Fallin' On My Head)」でした。



このような映画関連の音楽や童謡が多かった憶えがあります。
当時の管理人はまだ幼少期だったながら、中にはとても感動させられる旋律もあったりしたので、その頃の京成関係者など、なんの曲が流れていたのか記憶されている方がいれば、ぜひお伺いしたいものですが・・・
あるいは、京成の社内に当時の8トラテープが現在も残っているのであれば、CD化などのうえグッズとして販売して欲しいものです。

というわけで、本日より開始された日比谷線車内のBGMが全国初というのは、管理人としてはどうしても誤報としか思えません。

2018-02-04追記
その後、よしさんより記憶されている京成のBGMについて、コメントをいただきました。
それは以下の「河は呼んでる」という曲で、管理人としても流れていた憶えがあります。


2018-09-09追記
その後Kobaさんからも「里の秋」という曲があったとのコメントをいただきました。


あと、あまり自信はないものの管理人としては「みかんの花咲く丘」もあったような気がします。


なお、本文にも書いたように京成で流れていたものはいずれも歌は入っていませんでした。
posted by SS at 23:44 | Comment(2) | 京成関連テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

運転動画:京急Oエア快1



今回は前回公開した都営浅草線エアポート快特の続きとなる、泉岳寺から羽田空港までの動画を公開します。(ダウンロード元=通勤日和。
引き続き昨年6月に更新される以前の旧データなので、対向列車が動いたりとかはありません。

車両は前回の都営浅草線で運転した5300形とは異なり、BVE2のデータをコンバートしたドラン氏による京急2代目600形8両編成で運転しています。(ダウンロード元=鉄道趣味紀行
実物の600形は品川と久里浜方面を結ぶ快速特急を中心に運用されていたので、泉岳寺や空港線に乗り入れたことはないものと思われますが、現行の120qを出す本線快特で運転すると性能が追いつかずどうしても遅れてしまうため、エア快で運転することにしました。
ただし600形の実際の運転最高速度が105qだったのに対し、それでは遅れてしまうため110qまで出しています。
ブレーキをかけたときに大きな音がするのは踏面ブレーキの制輪子が鋳鉄製だったためで、管理人自身も実物の600形に乗車した際、カルダン駆動にもかかわらず、まるで吊り掛け駆動車のような古臭い制動音を発していたのは強く印象に残っていますが、この車両データの制動音はちょっと大げさなほどだと言えるかもしれません。
また、BVE2のときはそんなことがなかったのですが、変換後は停車の際ブレーキが大きく流れ、油断していると所定の停車位置を大幅に超えてしまうため、停め方がかなり慎重になっています。
それでもなんとかあまり遅れることなく運転できましたが・・・

それでは、路線データとともに600形の懐かしい走行音をお楽しみください!

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

久しぶりの鉄道利用?





以前は電車、とくに都営浅草線を利用する機会が結構多かったタレントの藤本美貴ですが、第2子ができて以降はクルマや電動ママチャリでの移動ばかりで、新幹線を除く電車に乗っている気配がほとんど感じられなくなってしまいました。
2016年に家族とともに引っ越した目黒区内の新居の場所は、東急東横線と田園都市線のちょうど中間付近に当たり、いずれも最寄駅までは結構距離があるため、そんな場所を選んだことからして、もう電車に乗ることは想定しておらず、利用することはまずないだろうと見ていたのです。
それはミキティのみならず芸能人全般が電車を利用したことを知ると、なぜかテンションが上がってしまう管理人にとっては残念なこととしか言いようがありませんでしたが・・・

しかし、今月17日付の本人のブログ記事で電車に乗ったことを報告する記事が来ました!!
藤本美貴オフィシャルブログ
このように、電車に乗ったことが確実にわかる記事というのはかなり久しぶりのような気がします。
ただ、こうして今でも電車を利用して出かけようとする意志が彼女の中にあることを考えると、ブログでその都度報告しなかっただけで、新居に越して以降も電車に乗る機会がまったくないわけではなかったようにも思えるところですが・・・
とくにひとりで外出する際など、わりと利用することはあったのかもしれません。

そして、この記事の画像に写っている車両についてです。

miki1801-03d

miki1801-03e

鉄道に詳しい人ならばすぐにわかると思いますが、これは東京メトロ03系で間違いありません。
東横線が2013年3月に東京メトロ副都心線との相互直通運転を開始して以降、03系も含めて中目黒における東横線と日比谷線の相互直通運転は終了しているので、ミキティがこの画像を撮影したのは日比谷線内だと思われます。
彼女の自宅からだと東横線の最寄駅は都立大学で、幼子2人を連れてそこまで歩いたのかどうかはわかりませんが、とにかくなんらかの手段で東横線のどこかの駅まで出て、中目黒で日比谷線に乗り換えたと考えるのが妥当でしょう。

ミキティ本人の姿が写っていないのが残念ではありますが、今回のブログ記事により2020年度までには完全に消えようとしている東京メトロ03系に彼女が乗車したことが証明されたと同時に、東急9000系や京急新1000形などに続き、本人が乗った中で管理人が把握している鉄道車両のバリエーションがまたひとつ増えることにもなりました。
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

E351系スーパーあずさ DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

26%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:E351系 特急スーパーあずさ 紅葉に染まる新宿~松本【DVD】

■発売日:2018/02/21

Blu-ray Discはこちら!

内容紹介
JR東日本唯一の振子車両・E351系は同社で初めて形式名に『E』を冠した車両でもあります。
1993年に特急『あずさ』に導入、翌年には特急『スーパーあずさ』として独立しましたが近い将来、空気バネ式車体傾斜装置を搭載した新型のE353系に置き換えられる計画です。
世界一の利用客を誇る新宿駅を発車し、中央本線をまっすぐ西へ。多摩川を渡り八王子からは山越え区間。
山梨県に入ると、自然豊かな地をE351系ならではの振子機能を活かした走りで駆け抜けていきます。
単線時代やスイッチバックがあった頃の面影を感じる旧線跡、改良区間などを経て、身延線が合流すると甲府。
さらに北西に進み小淵沢で小海線を分けて長野県へ。八ヶ岳などの美しい山々を遠目に諏訪湖をかすめ、塩尻からはアルプスを眺めつつ篠ノ井線をラストスパート。
市街地に入ると終点の松本駅に到着します。
映像特典として松本車両センターでのE351系の形式紹介を収録。

■撮影 2017年11月10日 晴 19M 特急スーパーあずさ19号 新宿〜松本

*プライバシー保護などのため映像・音声を一部修正しています
*車内音を収録し、運転士の喚呼や無線は収録していません
*逆光時や曇りの箇所、トンネル内などの一部に見づらいと感じる場合があります

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
特急「スーパーあずさ」として活躍するJR東日本唯一の振子車両・E351系の魅力を捉えた鉄道DVD。新宿駅を出発した列車は中央本線を進み、八王子から山梨県へ。小淵沢で小海線を分けて長野県へ入り、諏訪湖やアルプスを眺めながら終点・松本駅を目指す。

内容(「Oricon」データベースより)
JR東日本唯一の振子車両が晩秋の中央本線・篠ノ井線を快走。世界一の利用客を誇る新宿駅を発車し、終点の松本駅までの展望を撮影。映像特典では松本車両センターでのE351系の形式紹介、走行シーンを収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

運転動画:都営浅草線O快1





今回公開するBVE5運転動画はなないろクロシェット氏が制作された都営浅草線となります。
ダウンロード元=通勤日和。
この路線はすでに昨年の9月22日にも取り上げていますが、その際は浅草線内では各駅に停まる京急川崎行の急行だったのに対し、今回は羽田空港行のエアポート快特を運転してみました。
路線データは引き続き昨年6月に更新される以前の旧データで、運転区間は押上から泉岳寺までとなります。
速度制限をまだ把握していないので、制限区間がはじまる直前で加速してしまい、あわててブレーキをかけたりと、一部おかしな運転になっていますが、なんとか速度超過の警告は出ないで済みました。

車両はvvvfvvvf2100氏が提供されている都営5300形です。(ダウンロード元=vfさんのblog2
この車両データについても昨年の6月に更新されたものが公開されましたが、そちらは管理人がまだブレーキの感覚に慣れていないため、更新前の旧データにしました。
とはいってもこの旧データでも停め方が上手いとはとても言えませんが・・・(汗)
データそのものはとてもリアルで、きわめて実車に近い仕上がりになっていると思います。

posted by SS at 23:50 | Comment(0) | BVE運転動画(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

エキナカの充実を!





リニューアルされた京成津田沼駅は明るくキレイになり、構内にファミリーマートもオープンして便利にもなりました。
ただ、以前にも述べたことがありますが、リニューアルにより店舗がそのコンビニのみとなってしまい、何気に殺風景かつ物足りない印象を受けてしまいます。
昭和40年代に橋上駅舎化されて以降、多くの店舗が営業されている駅だったというのに、ここへきてコンビニしかない状態になってしまうとは何事でしょうか。
他の鉄道会社では主要駅のエキナカを次々と充実させているというのに、まったく時代に逆行した流れだとしか言いようがありません。
2・3番線の上部にオープンしたファミマのように、4・5番線の上部にも増床し、せめて立ち食いそば店などの飲食店だけでも出店を希望したいものです。
ほぼ終日に渡り乗り換え客がかなり多い主要駅なので、需要はあることでしょう。

以下は管理人が記憶している昭和50年代の京成津田沼駅の駅構内図となります。
この図を見てもわかるように、かつては複数の店舗がされていて賑やかでした。
飲食店ばかりですが、そのほか上りと下りそれぞれのホーム上には売店「MiNi SHOP」もありました。

ss180108g01.jpg
posted by SS at 23:20 | Comment(0) | 京成関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

JR東日本189系に迫る DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

26%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:JR東日本189系に迫る [DVD]

■発売日:2018/01/26

内容紹介
すでに廃止となった横川~軽井沢間で、急勾配を走るため、EF63型電気機関車との協調運転用として活躍していた189系。平成9年10月、長野新幹線開通と共にその役割を終え、現在では4編成が残っている。
本作品では、長野総合車両センターでのスペック紹介を中心に、アーカイブ映像、走行シーンなど、解説を交え、189系の神髄に迫る。

内容(「Oricon」データベースより)
すでに廃止となったJR信越本線の横川~軽井沢間で、急勾配を走るため、EF63型電気機関車との協調運転用として活躍していた、189系の神髄に迫る作品。長野総合車両センターでのスペック紹介を中心に、アーカイブ映像、走行シーンなどを収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

運転動画:外房線普通1





今回もまたBVE2の路線データをコンバートした、JR外房線の運転動画を公開します。
建物等何もなく、信号機もほとんど設置されていないかなりシンプルなデータですが、それでも再現されているだけありがたいというものです。
また、どちらかというと車両データのほうを重視する管理人にとって、車両さえリアルならばどんな路線データでも構いません。
再現されているのは千葉から上総一ノ宮までと、比較的長距離を運転できる点でも好ましい路線データだと思います。

車両は、以前にも総武・成田線の千葉から成田までの動画で運転した、Kazuma氏制作によるBVE5の209系2000番代となります。(ダウンロード元=Kazuma's BVE website
BVE2の路線データを変換することにより、BVE5の車両データで運転できるようになることも利点と言えるでしょう。

最高速度は110qで、各駅間によりかなりきつめだったり、余裕があったりしますが、なるべく定時到着するように心がけました。
大網駅では2分30秒ほど停車します。



それでは、今回が2017年最後の記事となります。
本年も当ブログをご覧いただきありがとうございました。
2018年もよろしくお願いいたします。
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | BVE運転動画(JR系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

国鉄通勤形電車103系 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

26%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:国鉄通勤形電車 103系 ~大阪環状線 終わりなきレールの彼方へ~ [DVD]

■発売日:2018/01/21

Blu-ray Discはこちら!

内容紹介
オレンジバーミリオン最後の103系 大阪環状線からついに引退!
走行映像で追う大阪環状線・JRゆめ咲線・阪和線・大和路線・和田岬線ほか西日本各線

2017年10月3日、オレンジバーミリオンの大阪環状線の103系が、最後の営業運転を終了。西日本の一部路線にわずかに残るだけとなった。
永らく活躍を続けた国鉄を代表する通勤形電車の姿を、大阪環状線・JRゆめ咲線をはじめ、阪和線・大和路線・奈良線・和田岬線など各線の走行映像で綴る。
森ノ宮支所で撮影された車両詳細、323系など後継車両も収録。103系運転最終日の走行、最終列車の京橋駅到着、廃車回送までを追う。

■103系 車両紹介
吹田総合車両所 森ノ宮支所にて収録。

■大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)
天王寺駅から大阪環状線外回りで1周。天王寺駅で折り返して内回り、JRゆめ咲線で西九条−桜島間を往復。再び内回りで天王寺駅まで、走行映像に駅撮を交えながら紹介する。

■7103系 OSAKA POWER LOOP/201系
大阪環状線・JRゆめ咲線の走行映像で綴る。

■阪和線
スカイブルーの車両に、改造や体質改善工事によって様々なバリエーションが誕生したが、羽衣支線の3両編成を除いてすでに引退。

■105系(旧103系1000番代)
東京の地下鉄千代田線に直通する常磐緩行線で使用された、103系1000番代から105系に編入。ほぼ原形のままの車両と、中間車に105系新造車と同様の運転台が取付けられた改造車が活躍。
紀勢本線・和歌山線、万葉まほろば線、可部線で収録。

■大和路線(関西本線)
原形に近い前面3枚窓、吹田総合車両所奈良支所配置のウグイス色6両編成が、普通列車を中心に201系と共通運用で使用されたが、2017年10月現在わずか2編成が残るのみとなった。

■おおさか東線
2008年の開業以来、奈良支所の車両が、大和路線と共通運用で使用された。

■奈良線
奈良支所配置のウグイス色が4両編成で活躍。単線区間では103系同士の交換も見られた。

■和田岬線(山陽本線支線)
2001年の電化以来、スカイブルーの6両編成わずか1本が通勤時間帯のみ運転。途中、1899年に設置された日本初の可動橋・和田旋回橋を渡る。

■播但線・加古川線・筑肥線
播但線は1998年の電化時、103系初の2両編成である3500番代が登場。2004年電化の加古川線には、やはり2両編成で貫通形の3550番代が投入される。
JR九州の直流電化路線・筑肥線では、103系初のトイレ設置車・1500番代が活躍。

■大阪環状線 運転最終日
2017年10月3日。玉造駅そばに建つ、103系をモデルにしたビエラ玉造では、保育園児が最終日の列車をお見送り。
桜島駅発の最終列車が京橋駅に到着すると、大群衆に見守られながら森ノ宮支所に回送された。

ナレーター 羽川 英樹
監修・ジャケット写真 伊原 薫
構成・演出 宮地 正幸
制作 株式会社 動輪堂

許諾 JR西日本商品化許諾済/JR九州承認済/JR貨物承認済

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
各地で置き換えが進み、絶滅危惧種となった国鉄通勤系電車・103系にフォーカスした鉄道DVD。大阪環状線や桜島線、阪和線といった関西での活躍を、撮り下ろしの未公開走行映像や後継車両と共に紹介。山手線、京浜東北線、中央本線などの映像も収める。

内容(「Oricon」データベースより)
2017年10月3日、バーミリオン・オレンジの大阪環状線の103系が、最後の営業運転を終了。東京・大阪・名古屋を中心に永らく活躍を続けた国鉄を代表する通勤形電車も、一部の路線にわずかに残るだけとなる。もはや「絶滅危惧種」となったこの車両の姿を、大阪環状線・桜島線をはじめ阪和線・関西本線・奈良線・和田岬線など各線で収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

運転動画:北総線普通1





今回はまたまたBVE2の路線データをコンバートした北総鉄道の運転動画を公開します。
種別が普通しかないのは残念なものの、京成グループということもあり個人的に身近で大好きな路線なだけに、いろいろな車両で頻繁に運転していたものです。
再現区間は成田スカイアクセスとして成田空港までの開通前となる、京成高砂から印旛日本医大までです。
ちなみに今回の路線については変換による不具合はまったくありません。

車両はvvvfvvvf2100氏が今年の6月に公開された京成3000形に同梱されている北総7500形で運転してみました。(ダウンロード元=vfさんのblog2
カラー以外は京成3000形とまったく同じで、管理人にとってはもっとも乗車する機会の多い車両なのでよくわかるのですが、その音のリアルさにはまったく驚きとしか言いようがありません!
まるで実物を操っているかのような感覚になれると同時に、自分が普段よく乗っている車両を運転できるというのはとても感激できることでもあります。

前述のように何度も経験を重ねた路線なので、運転に関してもほぼ問題ないことでしょう。
終着の印旛日本医大手前の場内信号機を過ぎたあたりでATSが作動しますが、これはBVE2からコンバートした路線データをBVE5の車両で運転した際によくあることで、速度超過しているわけではありません。
最高速度は新鎌ヶ谷までが90q程度、それ以降は105qで運転しています。

posted by SS at 23:50 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする