当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2020年03月26日

山手線E231系500代 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

11%OFF!!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:ザ・メモリアル 山手線E231系500代 [DVD]

■発売予定日:2020/04/24

内容紹介
東京の大動脈である山手線に緑色のラインを帯びてE231系500代が登場したのは2002年。その後18年にわたり山手線を支え続け2020年1月、遂に山手線から引退となった。本作では前面展望を交えた内回り・外回りの走行、車両の内・外観もあますところなく紹介していく。さらに有終の美を飾る2020年1月に行われた「ありがとう」ヘッドマーク付の走行も収録!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
1月に山手線から引退となったE231系500代のメモリアルDVD。東京の大動脈である山手線を18年間支えたE231系500代の前面展望を交えた内回り、外回り走行や車両の内外観を紹介。さらに有終の美を飾った「ありがとう」ヘッドマーク付き走行も収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

あっぱれ!東武野田線急行


3月14日のダイヤ改正より運行を開始した東武野田線の全線に及ぶ急行列車ですが、先日船橋〜柏間で往復乗車してきました。
その感想を一言で述べるならば、とにかく速い!ということです。
それは速度的にも時間的にもいえることで、これまで船橋側から結構遠く感じられた柏が一気に近くなったような気がしました。
途中停車駅が新鎌ヶ谷と高柳の2駅のみで、以前よりも最大で11分もの短縮、標準所要時間が19分となれば、それも当然だといえるかもしれませんが、とにかく乗車しててそのあまりの速さに感動し鳥肌が立ちっぱなしなったぐらいで、ここ最近で鉄道に乗車してそれほど感動させられたことといえば、京成3100形に初乗車したときぐらいでしょうか。

まず往路の急行は野田線では最新鋭の60000系による大宮行でした。(柏駅にて撮影)
o200322-01.jpg
船橋発車時に休日の日中ということもあり空いているだろうと予想していたのですが、座席がほぼ埋まるぐらいの乗車率だったのは意外なことです。
ただ、それは管理人が乗ったのが新鎌ヶ谷でちょうど階段付近に位置する車両だったからで、新鎌ヶ谷で乗客が結構下りてからはところどころ座席に空きがある状態のまま柏に到着しました。
速度計を見ていたわけではないながら、運転最高速度である100qまで出すことはあまりなく、ダイヤにまだ余裕がありそうな感じですが、それでも以前の野田線のイメージからするとやはりスピードが速く、各停車駅到着毎に「もう新鎌ヶ谷?」「もう高柳??」「もう柏???」と驚かされた次第です。
この調子であれば途中各駅に停車する区間はあるものの、船橋から大宮までのフル乗車でもさほど苦痛にはならないことでしょう。
ただし柏における標準停車時間が6分というのはちょっと長すぎる印象で、スイッチバックなので1〜2分ほどの短い停車時間ではさすがに厳しいのはわかるものの、これがせめて半分の3分程度になればだいぶマシになり、さらなるスピードアップにもつながるかと思います。
あと余談ながらこの60000系で管理人が座った近くのドアの隙間が結構開いたまま走行していたのですが、大丈夫なのでしょうか・・・
o200322-02.jpg

復路の急行は夜間になり柏始発の最古参8000系でした。(船橋駅にて撮影)
o200322-03.jpg
最高速度はやはり90q程度だったと思われ、走行音が大きい分60000系よりもスピード感がありますが、個人的にこの爆音はイイ感じです。
柏発車時点で座席が7割ほど埋まっている印象で、その後の高柳や新鎌ヶ谷では降車客に比べ乗車客は少なく、全般的に比較的空いており快適でした。
今回の往復では対向列車などでこの8000系を見かける機会が多かっただけに、現時点ではまだ結構残っているのかもしれません。

なお、今改正で朝ラッシュ時を除く船橋側の普通の運転間隔は10分ヘッドに変わりなく、30分ヘッドの急行がそのまま増発という形になっています。
それにより普通しか停車しない駅の利便性はほぼ保たれているといえるでしょう。
また急行の増発で本数が増えたことによる分散効果で普通の混雑も緩和されたものと思われます。

とにかく単線区間ばかりだったり、18m吊り掛け車の3000系列が走っていたりという管理人のなかにいまだ残っている東武野田線のイメージからすると、信じられないぐらいの進化を遂げ、まったく別の路線になったとすら思えてなりません。
それこそ「東武アーバンパークライン」という愛称のほうが相応しい路線になったといえます。
全線急行運転開始で所要時間が大幅に短縮されたことにより、沿線価値もおのずと向上するというものでしょう。

18m中型車にもかかわらず6両編成に統一し旅客サービスが大きく低下した新京成とは大違いで、今回の野田線急行によりますますその差が開いたとしか思えません。
個人的に新京成は8両編成が消滅して以降乗車する機会が明らかに減りましたが、今後は極力野田線急行を利用することで新京成にはより乗らなくなることが考えられるところです。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 東武鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

BVE東武東上線寄居1


今回より東武東上線の運転動画を3回に分けて公開します。

まずはじめは全線が単線で、また東上線の運転保安装置がATC化された後もATSのままとなっている寄居から小川町までの区間となります。
また例によってBVE2の路線データをコンバートしたもので、小川町が終着駅にもかかわらず発車しようとしてドアも閉まりますが、それ以外の不具合等はとくにありません。
始発の寄居はJR八高線や秩父鉄道との連絡駅となっていますが、駅発車時に左方に見える1本の線路は秩父鉄道かと思われます。
また、終着の小川町もJR八高線との連絡駅となっており、ひとつ手前の東武竹沢駅を発車後少しして左側から近づいてきて小川町まで並行する線路が八高線で間違いないでしょう。

車両はBVE4のデータをコンバートした初期の5000系4両編成で運転してみました。
実際にも東上線系統で運行されていたことがあるとされています。
この5000系はかつて4両編成・2両編成各2本の計12両が存在し、車体新製による更新車ながら当初は非冷房で、おまけに種車となった7800系の自動ブレーキのままという状態でした。
管理人のBVE運転動画としては初の自動ブレーキの車両となるわけですが、これはブレーキ操作がかなり難しく、なかなか上手く止められるものではありません。
ただし今回の動画に限っては、すべての駅で問題なく停車できたのではないかと思います。
加速時の吊り掛け音のリアルさについては実に驚くべきもので、管理人がダウンロードしてあるすべての吊り掛け車のデータの中でこれが最高だといっても過言ではありません!
吊り掛け音をこよなく愛する管理人にとって、これほど忠実な車両を運転できるというのは快楽ですらあります。
なお、コンバートにより速度計が動かなくなってしまったため、運転台パネルをBVE2の5070系車両データのものに入れ替ることで無事動くようになりました。

この区間では信号やカーブによる速度制限のため最高速度は75qしか出せません。
自動ブレーキだと操作がどうしても慎重になるので停止するまでに時間がかかってしまうのですが、管理人みずからがなるべく定時運行できるようにダイヤをいじったこともあり、とくに遅延することなく運転できました。

それでは東武5000系列の懐かしい吊り掛け音をぜひお楽しみください!

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

京成電鉄のすべて 単行本

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:鉄道まるわかり009 京成電鉄のすべて (日本語) 単行本

■発売予定日:2020/03/16

■商品の説明
「鉄道まるわかり」シリーズは、鉄道会社などのワンテーマを深く掘り下げ、鉄道ファンから沿線住民、就職活動生まで、幅広い層から支持を集めています。
シリーズ第9弾は、インバウンドの増加で、東京と成田国際空港を結ぶ鉄道として成長を続ける京成電鉄がテーマです。

京成電鉄は、成田山新勝寺への参詣輸送を目的に1909年に「京成電気軌道」として設立。
1978年に新東京国際空港(現・成田国際空港)が開港してからは、空港アクセス路線としての役割が加わりました。
2010年には成田スカイアクセス線が開業し、在来線最速の160km/h運転を開始。
近年はインバウンドの増加で、その重要性はますます増しています。

本書では、京成電鉄および多種多様な京成グループの企業・事業についても詳しく解説。交通事業だけにとどまらない、京成グループのすべてが分かります。

■内容詳細
●第1章京成電鉄の企業がわかる
鉄道・バスなどの交通機関からホテル、ショッピングセンター、そして東京ディズニーリゾートまで、京成電鉄のグループ企業は多種多様です。
各社の特徴や事業内容を解説しています。

●第2章京成電鉄の路線がわかる
京成上野と成田空港を結ぶ京成本線をはじめ、波乱の歴史に満ちた押上線、映画「男はつらいよ」で全国的に有名な金町線など、京成電鉄の7路線をはじめ、直通運転を行うグループ会社の路線を紹介しています。

●第3章京成電鉄の駅がわかる
京成電鉄の全69駅から、ターミナルやジャンクションとなる駅を中心に13駅を取り上げて紹介。
一部の駅では誌面サンプルのように配線図を交えて、解説を理解しやすくしています。

●第4章京成電鉄の車両がわかる
京成電鉄の現役形式すべてと、京成の歴史に欠かせない車両を紹介。
通勤車だけでなく、特急専用車もある会社ならではの厚みが魅力です。
なお、最新形式の3100形は車両基地で取材を行い、巻頭で豊富な写真とともにより詳しく取り上げています。

●第5章京成電鉄の歴史がわかる
1909年6月30日に京成電気軌道として設立された京成電鉄。
長い歴史の中では、輝かしい出来事もあれば、経営の危機に直面するようなこともありました。
紆余曲折の110年を解説します。

●第6章京成電鉄の魅力がもっとわかる
成田国際空港にアクセスする京成電鉄は、空港利用者およびインバウンド向けの施策やお得なきっぷが用意されています。
また、「スカイライナー」車両で通勤できる朝夕のライナー列車や、子育てしやすい環境作りへの積極的な取り組みなどを紹介しています。

■目次
●巻頭特別企画
・京成グループの新標準車両 3100形デビュー
・史料から見た京成電鉄意外史

●第1章京成電鉄の企業がわかる
京成グループのスローガンは「いろんな笑顔を結びたい」
「グループ全体が一つの会社」総合生活企業として地域に貢献
本線と接続しない関東鉄道や小湊鐵道も京成グループ
各地の「京成ホテル」に加え「ディズニーホテル」も運営
レストラン、映画館、旅行業や筑波山ケーブル・ロープウェイも
「グループ行動指針」で自然環境への配慮行動を実践ほか

●第2章京成電鉄の路線がわかる
東京の衛星都市を結ぶ京成本線1・京成上野~京成船橋間
北総鉄道線を延伸して開業成田空港線・京成高砂~印旛日本医大~成田空港間
本線から支線、そして都心への重要路線に押上線・押上~青砥間
全線でほぼJR総武線と並行する千葉線・京成津田沼~千葉中央間
南北方向に延びる京成電鉄のグループ会社新京成電鉄・松戸~京成津田沼間
京成電鉄・都営地下鉄・京急電鉄 3社局の直通運転ほか

●第3章京成電鉄の駅がわかる
他社線の上野駅とは少々離れたターミナル京成本線・京成上野駅
東京23区内におけるサブターミナル京成本線・日暮里駅
京成電鉄最大のジャンクション京成本線/成田空港線/金町線・京成高砂駅
大手私鉄初の国際空港アクセス駅京成本線/成田空港線・成田空港駅
車寅次郎のホームタウン金町線・柴又駅
押上、京成高砂、日暮里…乗降者数が多い駅、少ない駅ほか

●第4章京成電鉄の車両がわかる
最高160q/hをマークする空港アクセス特急AE形
京成グループ標準車体を作り上げた 3000形
京成初の界磁チョッパ制御通勤車 3600形
成田空港アクセス用として誕生AE形(初代)
都営地下鉄に直通する 3000形・3050形(初代)
6社局の車両が京成線を走る京成電鉄への乗り入れ車両ほか

●第5章京成電鉄の歴史がわかる
郊外鉄道と空港アクセス鉄道を担い都営地下鉄との直通運転も達成
1909-1930軌道法に準拠して開業した京成電軌
1931-1959上野乗り入れと多角経営化
1960-1976地下鉄直通運転と成田空港アクセス
1977-1993成田空港ターミナルビル直下に乗り入れ
2010-2019成田スカイアクセスが開業ほか

●第6章京成電鉄の魅力がもっとわかる
海外からの旅行者を迎える京成のインバウンド施策
「スカイライナー」利用だけでない京成のお得なきっぷ
「スカイライナー」車両で運用する京成の通勤ライナー
京成沿線の価値を向上子育てしやすい環境を整備
2019年に開業100周年を迎えた海神駅の軌跡ほか

■著者について
◆旅と鉄道編集部(タビトテツドウヘンシュウブ)
隔月刊にて発行される、鉄道の旅の魅力を伝える雑誌『旅と鉄道』。鉄道ファンから、旅好きまで多くの読者に愛されている。
ローカル線や、蒸気機関車など定番の特集のほか、鉄道×アニメ、秘境駅など、幅広い新しいヒット企画も手がける。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

京成2019年度廃車記録





本年度もまた年度末が近づいてきました。

2019年度の京成ではスカイライナー向けとしてAE系の9本目となるAE9編成が増備されたほか、一般車では成田スカイアクセス向けの新型車両3100形が登場し、8両編成2本が導入済みとなっています。
そのうち一般車両についてはアクセス特急向けの車両が従来の6本から7本体制とされたことにより、3100形2本のうち増備対象とされたのは1本のみで、その代替として3000形3051編成が京成仕様に変更のうえ本線に転用され、さらにその玉突きで3600形8両が廃車ということになりました。
導入された新車が計16両に対し、除籍されたのが8両のみという点で今年度はまだ幸いだったといえるかもしれません。

それでは例年通り2019年度中に廃車となった3600形について簡単に記録しておきたいと思います。

■3600形

★3631-3632-3633-3636-3637-3626-3627-3638(廃車:2019-10-30)


●3631-3632-3633-3636-3637-3638

竣工届出日:1987-06-17

製造所:日本車両

制御方式:界磁チョッパ制御

帯色配置変更:1995-01-31

在籍期間:約32年4ヶ月


●3626-3627

竣工届出日:1986-06-28

製造所:東急車輌

制御方式:界磁チョッパ制御

帯色配置変更:1995-06-09

在籍期間:約33年4ヶ月


※8連化:1997-10-04

※6連化:2019-07-08

3631-3632-3633-3626-3627-3638

posted by SS at 00:00 | Comment(1) | 京成車両記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

京成3100形 Nゲージ

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

25%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:鉄道コレクション 鉄コレ 京成電鉄3100形 「成田スカイアクセス」 基本4両セット ジオラマ用品 (メーカー初回受注限定生産)

■発売予定日:2020/03/31












■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:鉄道コレクション 鉄コレ 京成電鉄3100形 「成田スカイアクセス」 増結4両セット ジオラマ用品 (メーカー初回受注限定生産)

■発売予定日:2020/03/31












商品の説明
2019年7月に落成し、9月現在、営業運転に向けて試運転を重ねています。
車体は、成田スカイアクセスの案内カラーであるオレンジを基調としたデザインとし、空港アクセスのシンボルである飛行機と沿線各所のイメージイラストをアクセントとして車体に描かれています。

トミーテックでは実車の登場前から事業者様と連携し、鉄道コレクションの設計・開発を進めて参りました。
実車の特徴を読み解き、1/150にスケールダウンしました!

別売りの動力ユニットとNゲージ走行用パーツを使用することにより、Nゲージ鉄道模型として走行させることができます。
動力ユニットは18m級A TM-06R、走行化パーツはTT-04R (グレー)を指定、パンタグラフは[0246] PT-7113-Dを推奨します。

※展示用台座は付属しません。

※鉄道模型はレールより給電するシステムです。走行、発光、点灯する場合でも電池は使用しません。本製品に電池は含まれません。
※本製品に燃料は使用しません。本製品に燃料は含まれません。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

東武野田線急行運転開始





当ブログ2019年1月28日に「東武野田線の利便性向上」と題して更新した記事で、逆井〜六実間の複線化と、船橋側でも急行が運転されることについて述べましたが、複線化のほうはすでに昨年12月15日に完成し、急行は本年3月14日のダイヤ改正から運行開始されることになりました。(当ブログ過去ログ
その急行運転についてダイヤもすでに公開されていますが、予想していたよりもはるかに便利そうだという印象です。

まず、個人的に野田線は土休日しか乗車する機会がありません。
そして当初は柏〜船橋間の急行運転がラッシュ時としか説明されていなかったので、平日のみだろうと思っていたところ、土休日も運行されることがわかりました。
それも30分ヘッドで柏発が17:12から22:11まで、船橋発が16:43から22:13までと、結構遅い時間まで運転されます。
そのうえ同区間の途中停車駅は高柳と新鎌ヶ谷の2駅のみという少なさで、これまで30分程度かかていたのが最短で19分と、最大11分も短縮されるとのことで、夜間に柏から船橋まで乗車する機会の多い管理人にとって、かなり便利になるのは間違いありません。

また、平日・土休日ともに日中時間帯は大宮〜船橋間の全線を直通する急行が運行され、春日部〜運河間が各駅停車となるのは仕方ないものの、それ以外の停車駅はやはり予想していたよりも少なく、現行で92分かかっていた全線の所要時間が最短で76分と、最大16分の短縮となります。
管理人は年に数回ながら大宮へ行く機会があるのですが、これまでは普通ばかりで大幅に時間がかかり、柏で乗換も必要な東武野田線を利用することなどとても考えられないことでした。
従って新京成や武蔵野線などを利用していたのですが、急行運転の開始後は少なくとも直通が運行される時間帯の往路については野田線利用にシフトすることになるでしょう。

個人的には東武野田線の途中駅といえば基本的に春日部・流山おおたかの森・柏・新鎌ヶ谷といった急行が停車する主要駅ぐらいしか乗降しないだけに、そういった人にとってはダイヤ改正以降、大幅に利便性が向上するといえそうです。
30分ヘッドと決して頻繁とはいえないものの、これからは急行を狙って利用するものと思われ、普通にはほとんど乗らなくなることでしょう。
とにかく、今回のダイヤ改正は「東武アーバンパークライン」という愛称に相応しい、激変ともいえるほどの進化だと感じた次第です。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 東武鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

ありがとう700系新幹線

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

7%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中。Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:ありがとう700系新幹線 [DVD]

■発売予定日:2020/03/21

内容紹介
1999年3月にデビューしたJR東海所属の700系新幹線(0番台・C編成)。
最大60編成を有して0系・100系を置き換え、東海道・山陽新幹線のスピードアップを達成しました。
走行性能はもちろんですが、乗り心地を良くする技術を導入し、騒音や消費電力も抑制。
現在の新幹線技術のベースがつくられました。2001年からはJR西日本所属の3000番台・B編成が登場し、乗車の機会が増え、JR西日本には8両編成の700系7000番台・E編成も登場。
山陽新幹線区間で『ひかりレールスター』などとして活躍。その後N700系(N700A)の導入によって数を減らし、定期『のぞみ』から撤退、次第に第一線を後輩に譲る方向となりました。
2019年12月に定期運用を終えて臨時列車だけの運用となり、2020年3月には引退するJR東海のC編成。
JR西日本のB編成も定期運用は山陽新幹線区間の『ひかり』1往復のみ。
しかし700系7000番台『レールスター』は今後も活躍をつづけ、700系をベースに製造されたドクターイエロー(T4編成・T5編成)、800系、N700系、さらには台湾高速鉄道の700T型などの700系の一族は今後も活躍を続けます。
700系のデビューから現在までの活躍と関連する貴重な映像記録をぜひお楽しみください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
1999年にデビューし、近年はその数を減らしつつあるJR東海の700系新幹線の軌跡をたどる鉄道DVD。スピードアップの達成や走行性能、乗り心地の向上など、現在の新幹線技術のベースを作った700系のこれまでの活躍と、関連する貴重映像を収める。

内容(「Oricon」データベースより)
1999年3月にデビューしたJR東海所属の700系新幹線(0番台・C編成)。最大60編成を有して0系・100系を置き換え、東海道・山陽新幹線のスピードアップを達成。走行性能はもちろん、乗り心地を良くする技術を導入し、騒音や消費電力も抑制。現在の新幹線技術のベースがつくられた。700系のデビューから現在までの活躍と関連する貴重な映像記録を収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

BVE東武伊勢崎線直急S1





今回は東武スカイツリーラインおよび日光線の押上→南栗橋までの運転動画を公開することにしました。
押上発なのでいうまでもなく東急田園都市線からやってきた運用となります。
例によってまたBVE2で提供されていたデータをコンバートした路線データで、制限速度など実際とは異なる面が結構ありますが、その制限速度が誤って実際よりも低く設定されている場合でもその速度に従っているほか、実際には速度制限がある区間なのにないところでは、管理人が把握している限り制限内の速度に抑えて走行しました。

車両はもともとBVE5向けとして提供されている東京メトロ8000系での運転となります。
ダウンロード元=vertah's warehouse
この8000系は同社の6000系や7000系の流れをくむ車両ながらより洗練されたイメージとなり、「モーツァルトのような内装」として有名な先進的で明るい車内のインテリアも含め、個人的に当時かなり好みの車両でした。
実車の制御装置は今からおよそ5年前の2015年に全車のVVVF化を完了していますが、こちらの車両データはVVVF化される前の電機子チョッパ制御(AVFチョッパ)が再現され、とてもリアルであると同時に今となっては懐かしさも感じられるチョッパ音を永遠に楽しめるのは大変ありがたい限りです。

種別は急行で、最高速度は北千住までが75q、その先は100qとしました。
また、越谷駅と東武動物公園駅では停車時間がちょっと長いのでリセットしています。

なお、これまで管理人はBVEの動画がコマ送りのような状態になるのがとても不快なので、設定の描画距離をもっとも短い400mにして運転を行っていました。
しかし昨年11月にメモリが16GBのPCに買い替えたことでコマ送りになる問題がほとんど解消されたため、それ以降は描画距離を2000m以上に設定して運転しているのですが、遠景が見えることでBVEをより楽しめるようになったのは間違いありません。
BVEの運転を滞りなく行うにはそれなりのスペックのPCが必要であることをつくづく感じされられた次第ですが、今回は描画距離を長めに設定のうえ運転した初の動画公開となりますので、その点も含めてどうぞご覧ください!

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

南房総酒ものがたり DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

10%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中。Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:JR東日本 ぐるっと房総 酒ものがたり 南房総酒ものがたり 運転席展望 前編 [DVD]

■発売予定日:2020/02/21

内容紹介
列車でちばの地酒を楽しむ 南房総酒ものがたりの前編です
今回は、列車でちばの地酒を楽しむ、ぐるっと房総酒ものがたりの2019年11月9日
に開催されました南房総酒ものがたりの前面展望を収録致しました。
両国駅から出発し館山駅までが前編、館山駅から両国駅に戻るまでが後編となって
おります。
2020年/ANRS-72296/COLOR/本編約分/音声: 1ストリーム
ドルビーデジタル・2chステレオ/16: 9/片面・2層/MPEG-2/無許可レンタル禁止
リージョン2NTSC日本市場向/複製不能/日本作品

■撮影日/2019年11月09日(土) 晴れ
■車両/485系(6両編成) 団体臨時列車「リゾートやまどり」
■区間/両国(09時08分発) ⇒ 館山(14時14分着)
【停車駅】
両国(りょうごく) - 千葉(ちば) - 蘇我(そが) - 大原(おおはら) -
上総興津(かずさおきつ) - 安房鴨川(あわかもがわ) -九重(ここのえ) -
館山(たてやま)
*限られた停車駅でのみドアの開閉が御座います。
■本作品は4Kで撮影された映像をDVD方式に変換して記録しております。
■4Kは30P規格での撮影のため、車窓の一部に残像を感じることがあります。
■本作品の音声は喚呼音は収録されておりません。また車内録音の状態により、
走行音、車内音を一部差し替え等している場合がございます。
■再生中、乗客の話し声や物音、風切音、電気的なノイズなどのお聞き苦しい箇所がござい
ます。
■写真は一部イメージです。場所・時間が収録内容と異なる場合がございます。
■本シリーズはJR東日本のご協力のもとに撮影しております。
■撮影時の天候と機材の関係により、明暗バランスの乱れがある箇所がございます。
■本作品は日中の撮影を行っています。電車の進行方向によっては逆光による反射
光で展望が見づらい
箇所がございます。また正面ガラスの写り込み、汚れ、すれ違い時の振動や反射等に
よる映像の映りこみ、水滴などがある場合がございますが、臨場感を損なわないよう、
そのままの状態で収録しております。ご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
列車で千葉の地酒を楽しむイベント“ぐるっと房総酒ものがたり”の運転席展望を収めたDVDの前編。2019年11月9日に開催された“南房総酒ものがたり”より、団体臨時列車・リゾートやまどりに乗車し、両国駅から館山駅に至る往路運転の前面展望を収録。

内容(「Oricon」データベースより)
列車でちばの地酒を楽しむ、ぐるっと房総酒ものがたりの2019年11月9日に開催された南房総酒ものがたりの前面展望を収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする