当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2017年10月20日

東武野田線での出来事





今年に入ってからですが、夜間に東武野田線で柏から船橋方面へ向かうため、止まっていた8000系の先頭車両に乗って発車待ちをしていたところ、少し経ってから父親と小学生ぐらいの息子と思しき2人が乗車してきて、その男の子が夜ながら前面展望を楽しもうとしている様子でした。

その時点ではまだ乗務員室に運転手はおらず、遮光幕が開いた状態、すなわち東武8000系だと「壁 □ □」だったのですが、そのうち運転手がやってきて、客室に入ってきたと思ったら、その親子に夜間は遮光幕を閉めなければならないことを説明し、カードのようなものを男の子にあげたうえで乗務員室に入り、中央と助手席側の遮光幕を両方とも下ろし「壁 ■ ■」となりました。

その出来事を見て、ずいぶん親切な乗務員だと感じたものですが・・・

それから数ヶ月後、同じような時間に柏から船橋方面へ乗車し、車両も同じく8000系の先頭車両で、前方を眺めようとしている乗客はいませんでしたが、その際の運転手は中央の遮光幕を閉めたのは当然として、助手席側の遮光幕は開けたままでした。「壁 ■ □」

よく考えてみれば、以前からこの助手席側の遮光幕については閉めない運転手も結構いたように思え、そもそも閉めなくても運転に支障はないという話もあり、現に京成などの車両は昔より助手席側の遮光幕自体がはじめから装備されていません。

それに今では助手席側に遮光幕が装備されていても、たとえ夜間でも閉めない鉄道事業者が増えているとのことです。

それらを考えると、先の運転手は子供に親切な対応をしたのでまだよかったとはいえ、そこまで頑なに閉める必要があったのかどうかという点については、疑問を抱かざるを得ません。

その運転手は結構年配の方で、古くからの運転手の中には遮光幕をできるだけ閉めるという考えが今でも根強く残っているのかもしれませんが、とにかく乗務員によってそれぞれ対応が異なるものだとつくづく感じた次第です。
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | 東武鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

東武東上線の8000系





これまで長年に渡り運行されてきた東武東上線の8000系ですが、今月末より同線の運転保安装置がATC化されるのにともない、あす1月17日に行われるFinalツアーでの運転を最後に池袋〜小川町間から姿を消すことになってしまいました。

これにより東上線の同区間から非回生の抵抗制御や塗装車両が消滅、また8000系の10両編成も見られなくなってしまいます。

東武8000系といえば個人的には野田線でまだ乗れるのでそれほど危機感はないものの、トータルで700両以上が製造された8000系も今月中にはついに残り300両を割ってしまうという話もあります。

また野田線の8000系にしても、新型の60000系や10030系を次々と導入したり、路線名に「東武アーバンパークライン」などという愛称を取り入れたりしてイメージアップに必死なことを考えると、2015年以降もさらに車両の置き換えが進められる可能性が高そうなだけに、予断は許されない状況にあると言えるでしょう。

なお、東上線系統の小川町〜寄居間と越生線では、引き続き8000系が運行されることになっています。

それでは、最後に東上線で1月11日に運行された8000系による3色の歴代カラーリング特別編成の動画をご覧ください!

posted by SS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東武鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

東武60000系営業運転開始!





当ブログ昨年11月16日付の記事で取り上げた東武野田線向けの新型車両60000系ですが、今月9日のイベント列車で先行運用された後、15日より営業運転を開始した模様です。(当ブログ過去記事





15日に柏駅で行われた出発式には元AKB48のメンバーで野田市出身のタレント・大島麻衣も参列し、60000系を見て「こんなの野田線じゃな〜い!」と驚きを隠せない様子だったとのことですが、これまでの野田線の車両状況を考えるとそれも無理はありませんw
それより、個人的にはその大島麻衣が地元に帰る際に今でも野田線を利用しているという事実に驚かされましたが・・・(レスポンス



なお、当ブログ昨年11月16日付の記事で60000系は2013年度にまずは2編成12両のみの導入と述べましたが、その後の公式発表によれば今年度中にあと6編成36両が導入され、すでに導入済の2編成と合わせ8編成にもなるらしく、一気に乗車チャンスが増えることになるでしょう。

そのほか、2013年4月20日には東上線より転入の11000形11652編成が、2013年5月30日には伊勢崎線・日光線より転入の同11632編成がそれぞれ運用を開始した模様で、8000系オンリーだった野田線の車両もここへきてバリエーションが増えることになりました。




なお、野田線では来年度以降も60000系の導入や10000系の転入が考えられる一方で、急速に淘汰されるのは間違いなさそうな8000系が完全に消滅するのはいつ頃になるのでしょうか。。。
これまでは8000系だらけでもうウンザリという印象だったながら、やはりいざ数を減らしてしまうとなると寂しくなるものです。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東武鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

東武野田線に新型車両!



いやはや、、、ビックリしました!!
本線系統のお下がり車両のオンパレードというイメージでしかなかった東武野田線にいきなり新型車両が導入されるなんて・・・(公式PDF

管理人の記憶では、野田線の車両というと古くは18メートル級吊り掛け車の3000系列までさかのぼります。

その後も20メートル級吊り掛け車の5000系列が2004年まで走り続けたり、現在においても東武の通勤車両としては今や最古参となった8000系オンリーという有様なのです。

さらに短命で終わったものの一時期地下鉄日比谷線乗り入れ用の2000系を改造して野田線向けのお下がりとした2080系なんてのも走っていたことがありましたが、こうして振り返ってみてもいかに野田線の車両の歴史がお古ばかりだったかがわかろうというものでしょう。

なので8000系の次は10000系列が転属となるのを当たり前のように考えていただけに、いきなり新車が導入さるというのは本当に凄いことだと思います。

また、新車導入の背景には8000系の老朽化のほかにも、東京スカイツリー効果でさまざまなイメージアップを図っている東武鉄道が、野田線のイメージを高める狙いもあるのかもしれません。

ただその新型車両60000系は、2013年度にまずは2編成12両のみの導入ということで、事前にネットで情報収集でもしない限り、よほど運がよくなければなかなか乗車チャンスに恵まれなさそうです。
posted by SS at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東武鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

東武モニ1471号解体シーン





こんな貴重な車両を解体してしまうとは、なんともったいない!! 東武動物公園とかで静態保存するわけにはいかなかったのでしょうか。。。 これはかなりの衝撃映像といえます(;゚д゚) 

その1


その2
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東武鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

東武50050系



o060701-01.jpg
東武50050系51053行先表示器/2006-06-02/東京メトロ押上駅

レッドラインさんのコメント
今回は、側面の行き先表示器です。良くあるのが、日本語表記と英語表記を交互に表示すると言うものですが、この50050系は何故か、行き先と号車表示が交互に表示されます。画像は、「急行」中央林間と10号車の交互表記です。
室内やホーム上の表記で、日本語と英語の交互表記が満遍なく案内されているので、側面行き先表示はこれで十分なのかもしれませんね。


posted by SS at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東武鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

東武50050系



o060614-01.jpg
東武50050系51053/2006-06-02/東京メトロ押上駅
レッドラインさんのコメント
東武の乗入れ用新系列50050系51053の画像です。押上駅の構造上、外観は顔のアップですのでご了承下さい。30000系に引き続き前照灯にHID灯を採用しております。車両は、日立のA-trainの規格車両で、この規格の最近の代表的な車両は東西線05系14次車、東葉高速2000系、西武20000系、TX1000系、TX2000系が上げられます。

o060614-02.jpg
東武50050系51053車内/2006-06-02/東京メトロ押上駅
レッドラインさんのコメント
室内の様子です。シートと化粧板の色以外は、東葉高速2000系やTXの車両の室内とほとんど差がなく、同規格の車両であることが解ります。


posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東武鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

東武鉄道処分問題



東武野田線で、運転手が乗務員室内に自分の長男を乗せたまま走行していた問題で、東武鉄道側はこの運転手を懲戒免職にすることを決めたようですが、これについて厳しすぎるという意見が多数寄せられているということです。
このニュースの見出しを見たとき、確かにとんでもないことをする運転手がいるものだと驚きましたが、その後、母親に連れられて父親が運転するところを見ていた長男が、父親に近づきたいがために泣きながら乗務員室内に入って来て座り込んでしまったものの、列車の定時運行を優先させるためにそのまま走らせてしまったという詳しい事実内容を知って、やむを得ない状況だったのではないかと思いました。
東武鉄道では、乗務員室内に無断で立ち入ると罰せられるという、ほかの鉄道ではあまり見かけない貼り紙をして乗客に注意を促していることや、西新井での踏切事故により、世間から非難を浴びるような不祥事に神経質になっているということもあって、今回の厳しい処分につながったのではないかと思いますが、減給や停職というのならとにかく、懲戒免職というのはうちとしても行き過ぎであると感じています。東武鉄道では、重大な規則違反なので解雇の方針は変えないとしているらしいですが、これでは会社のイメージが悪くなってしまうのではないでしょうか。もっと人間味が感じられる対応を望みたいところです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051111-00000501-yom-soci
posted by SS at 11:11 | Comment(12) | TrackBack(8) | 東武鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

東武30000系



o051023-01.jpg東武30000系 31608/2005-10-23/東京メトロ押上駅
レッドラインさんのコメント
東京メトロ半蔵門線 押上駅にて撮影しました。東武30000系です。
残念な事に、この系列は東急、半蔵門、東武の3直から撤退が決まったそうです。
変わりに、既に一部のサイトでは写真が掲載されておりますが、
50000系シリーズの乗り入れバージョン50050系が替わって、
乗り入れに投入される事になりました。
既に1編成は、乗り入れ機器を撤去の上乗り入れ運用から離脱しているそうです。
写真の様な光景も、いずれは見納めになります。

o051023-02.jpg東武30000系 31608(車内)/2005-10-23/東京メトロ押上駅
レッドラインさんのコメント
同じ車両のドア上の表示器、運転台仕切、駅名を入れて撮ってみました。
30000系自体は本数も、さほど多く無いので、東急8500系よりも撤退が早くなるものと予想します。
車内の案内表示も3社の中では最も分かりやすく、シートの座り心地も一番だっただけに撤退は残念です。
posted by SS at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東武鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする