当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2007年08月23日

鶴見線クモハ12





3年以上前にレッドラインさんからお送りいただきながら、掲載が遅れていた鶴見線大川支線クモハ12の画像集です。以下、画像提供とコメントはすべてレッドラインさんによるものです。

鶴見線大川支線のクモハ12の写真です。
このクモハ12は大川支線では052と053が存在していて、当日は052でした。

:クモハ12 052非貫通側
この型式の種車となった車両、つまりオリジナル側の運転台です。
(確か種車はクモハ11だったような気がします)
こちらは全室運転台となっています。
撮影場所は武蔵白石駅で、現在はこのホームは取り壊されて存在しませんので
車両どころか、この風景も過去のものとなっております
(車両は正確に言いますと大井工場で保管はされているのですが)
行き先表示も「武蔵白石ー大川」となっていますが現在は鶴見からの直通で
大川支線に入線する場合は 一つ手前の安善駅からになるので、これも過去の物になっています。
o070823-04.jpg

:クモハ12 052 貫通側
こちらは増設側の運転台です。半室運転台となっております。
増設側の運転台とはいえ、古き良き味(?)が出ていますね。
撮影場所は大川駅です。
ちなみにこの車両、晩年は客室窓外部に、建築限界の関係から無骨な保護棒が取り付けられてしまい
この写真のようなオリジナルな姿ではありません。
o070823-03.jpg

:貫通側アップ
武蔵白石で撮影した貫通側のアップです。特徴ある半室運転台の仕切りが見えます。
o070823-01.jpg

:外板型式表示
型式表示を撮ったものです。この外板のリベットがいかにも旧型国電という雰囲気です。
o070823-05.jpg

:貫通側走行写真
走行中を撮った物です。
o070823-02.jpg
【懐かしの画像の最新記事】
posted by SS at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 懐かしの画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先週の東京車両センターでのイベントで二両とも展示されていました。
気になるのは、来年以降も大井工にいるのか、そして化粧直しや修理はされないのかです。
Posted by まるちゃん at 2007年08月30日 20:13
コメントありがとうございます。
2両とも保存されているとは知りませんでした(汗)
今後の動向が注目されるところですが、
とにかく末永く大切に保存していただきたいものです。
Posted by SS at 2007年08月31日 00:44
こんにちは。
鶴見線の旧型国電のお写真、楽しく拝見しました。
私にも乗るチャンスがあった唯一の旧型国電、一度も乗らず、見ることもなく過ぎてしまったのが、実に残念です。
鶴見線の独特な雰囲気に、焦げ茶色の単行列車は似合っていたのではないでしょうか。今ではステンレスの205系が走っていますが、往時を想像しながら乗ったりしています。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/
Posted by 風旅記 at 2016年04月27日 15:07
>風旅記さん

引き続きコメントありがとうございます。
ずいぶん前の記事ながらお楽しみいただけたようでなによりです。
レッドラインさんより大変貴重な画像を提供していただいた甲斐がありました。
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by SS at 2016年04月29日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック