当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2020年07月11日

京成3100形増備車関連





京成より3100形の2020年度分増備車両の営業運転開始について公式発表がありました。
予定通り8両編成2本16両が導入され、3154編成が本日7月11日(土)より、3153編成が1週間後となる7月18日(土)にそれぞれ運行を開始するとのことです。(公式PDF

この件に関しては今から2週間前に更新した当ブログ前回の記事で、本来であれば例年5月中には公式発表されるはずの鉄道事業設備投資計画が今年は掲載されず、コロナ禍の影響もあるので3100形の増備もどうなるかわからなくなったみたいなことを述べましたが、3153編成のほうがJ-TREC横浜を出場したのはその記事更新から5日後のことでした。


管理人がもっと情報を調査すれば2週間前の時点でもまもなく3100形が増備されることを把握できたかもしれませんが・・・
とにかく導入がこれほど早いとは思わずつい油断していたというのが正直なところで、車両増備に関してはコロナによる影響などまったくなかったことにもなるでしょう。

これにより3600形などから廃車が出ることが確実になったわけですが、早くもまずアクセス特急向けの3000形3052編成がカラー変更のうえ7月1日に本線へ転用されたようです。


それに伴い同日付でやはり3600形3658編成が廃車になったんだとか・・・


これで8両編成および界磁チョッパの3600形は3688編成1本を残すのみとなったわけですが、こちらも翌7月2日を最後に運用を離脱してしまったそうです。
ただしこの3688編成についてはにわかには信じがたい話が出てきました。
とはいえまだ確定的なことは何もわからず、情報を公開できるような段階ではないので、今回は掲載を控えることにします。
2週間後には明らかになっていると思うので、この件に関しては次回更新時にしましょう。

なお、3153編成のほうは7月7日に豊川の日本車輌製造を出場し、翌8日に逗子へ到着した模様です。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 京成車両関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。