当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2020年02月13日

ありがとう700系新幹線

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

7%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中。Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:ありがとう700系新幹線 [DVD]

■発売予定日:2020/03/21

内容紹介
1999年3月にデビューしたJR東海所属の700系新幹線(0番台・C編成)。
最大60編成を有して0系・100系を置き換え、東海道・山陽新幹線のスピードアップを達成しました。
走行性能はもちろんですが、乗り心地を良くする技術を導入し、騒音や消費電力も抑制。
現在の新幹線技術のベースがつくられました。2001年からはJR西日本所属の3000番台・B編成が登場し、乗車の機会が増え、JR西日本には8両編成の700系7000番台・E編成も登場。
山陽新幹線区間で『ひかりレールスター』などとして活躍。その後N700系(N700A)の導入によって数を減らし、定期『のぞみ』から撤退、次第に第一線を後輩に譲る方向となりました。
2019年12月に定期運用を終えて臨時列車だけの運用となり、2020年3月には引退するJR東海のC編成。
JR西日本のB編成も定期運用は山陽新幹線区間の『ひかり』1往復のみ。
しかし700系7000番台『レールスター』は今後も活躍をつづけ、700系をベースに製造されたドクターイエロー(T4編成・T5編成)、800系、N700系、さらには台湾高速鉄道の700T型などの700系の一族は今後も活躍を続けます。
700系のデビューから現在までの活躍と関連する貴重な映像記録をぜひお楽しみください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
1999年にデビューし、近年はその数を減らしつつあるJR東海の700系新幹線の軌跡をたどる鉄道DVD。スピードアップの達成や走行性能、乗り心地の向上など、現在の新幹線技術のベースを作った700系のこれまでの活躍と、関連する貴重映像を収める。

内容(「Oricon」データベースより)
1999年3月にデビューしたJR東海所属の700系新幹線(0番台・C編成)。最大60編成を有して0系・100系を置き換え、東海道・山陽新幹線のスピードアップを達成。走行性能はもちろん、乗り心地を良くする技術を導入し、騒音や消費電力も抑制。現在の新幹線技術のベースがつくられた。700系のデビューから現在までの活躍と関連する貴重な映像記録を収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。