当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2020年02月08日

BVE東武伊勢崎線直急S1





今回は東武スカイツリーラインおよび日光線の押上→南栗橋までの運転動画を公開することにしました。
押上発なのでいうまでもなく東急田園都市線からやってきた運用となります。
例によってまたBVE2で提供されていたデータをコンバートした路線データで、制限速度など実際とは異なる面が結構ありますが、その制限速度が誤って実際よりも低く設定されている場合でもその速度に従っているほか、実際には速度制限がある区間なのにないところでは、管理人が把握している限り制限内の速度に抑えて走行しました。

車両はもともとBVE5向けとして提供されている東京メトロ8000系での運転となります。
ダウンロード元=vertah's warehouse
この8000系は同社の6000系や7000系の流れをくむ車両ながらより洗練されたイメージとなり、「モーツァルトのような内装」として有名な先進的で明るい車内のインテリアも含め、個人的に当時かなり好みの車両でした。
実車の制御装置は今からおよそ5年前の2015年に全車のVVVF化を完了していますが、こちらの車両データはVVVF化される前の電機子チョッパ制御(AVFチョッパ)が再現され、とてもリアルであると同時に今となっては懐かしさも感じられるチョッパ音を永遠に楽しめるのは大変ありがたい限りです。

種別は急行で、最高速度は北千住までが75q、その先は100qとしました。
また、越谷駅と東武動物公園駅では停車時間がちょっと長いのでリセットしています。

なお、これまで管理人はBVEの動画がコマ送りのような状態になるのがとても不快なので、設定の描画距離をもっとも短い400mにして運転を行っていました。
しかし昨年11月にメモリが16GBのPCに買い替えたことでコマ送りになる問題がほとんど解消されたため、それ以降は描画距離を2000m以上に設定して運転しているのですが、遠景が見えることでBVEをより楽しめるようになったのは間違いありません。
BVEの運転を滞りなく行うにはそれなりのスペックのPCが必要であることをつくづく感じされられた次第ですが、今回は描画距離を長めに設定のうえ運転した初の動画公開となりますので、その点も含めてどうぞご覧ください!

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。