当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2018年12月14日

BVE阪急京都線旧特1





今回は当ブログのBVE運転動画としては初となる関西地方の路線のうち、阪急京都線の動画を公開することにしました。

この阪急の路線データはBVE2で提供されていた頃からあまりのリアルさに驚かされつつよく運転していましたが、BVE5化されたことでそのリアルさにますます磨きがかかったという感じがしたものです。
すべてのBVE路線データの中でトップクラスだといっても過言ではありません。
また、実際の路線で高架化されたり新駅が開業したりといった場合すぐに対応するあたりも感心させられますが、今回は西山天王山駅がまだ開業しておらず、洛西口駅付近も高架化前という、旧データの運転動画となります。
運転区間は京都の河原町から大阪の梅田までで、今回運転の種別は特急ですが、この路線データ最大のハイライトといえば、なんといっても大山崎駅付近からの東海道新幹線との並走区間に尽きるでしょう。
超高速で走行する新幹線車両にいきなりぶち抜かれたり、すれ違ったりするシーンは本当に迫力があります。
また、大山崎駅の手前ではJR東海道本線との並走区間があり、ちょうど走行中の新快速を抜きますが、これはJR側がたまたまこの区間で阪急の最高速度である115qよりも低い速度制限があるためで、基本的には最高速度130qの新快速のほうが速いことでしょう。
ダウンロード元=すずはる's BLOG

車両は京都線特急の主力とも言える9300系で運転してみました。
管理人は実物の9300形に乗車したことはないものの、この車両データはかなり忠実に作られていることが伺えます。
また、起動加速時の「キーン」という音から、京成3000形と同じ東洋電機製のIGBT素子によるVVVFであることもすぐにわかるというものでしょう。
ダウンロード元=複巻電動機。

先にも述べたように最高速度は115qとなっており、今回もほぼ定時運行できたのではないかと思いますが、その点でもやはり優れた路線データだとつくづく思います。
桂駅から高槻市駅までの区間は、速度を出しすぎると高槻市手前の注意信号に引っ掛かり、その後遅延運転となってしまうのですが、今回の動画では高槻市にほぼ定時到着でき、その後も遅れていないことから、上手くいった運転例と言えるかもしれません。

posted by SS at 23:50 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。