当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2018年05月04日

BVE東武伊勢崎線区快1





東武伊勢崎線・日光線の快速・区間快速が廃止されてから1年以上が経過しました。
特急料金不要で都内と日光・鬼怒川方面を直通で結んでいた列車の消滅は心から残念な方が多かったことでしょう。
ほとんど利用することがなかった管理人としても、その快速を運行していることで東武鉄道はサービスのいい私鉄だと感じていたのですが、基本的に特急を利用しないと長距離利用が厳しくなった点にはサービスダウンという印象を受けざるを得ません。

しかし、せめてBVEの中では東武快速を永遠のものとしたいという思いから、今回はその動画を公開することにしました。
路線データは制作当時中学生が提供していたBVE2のデータをコンバートしたものとなります。
その中学生は東武・西武・東急のほぼ全路線や、それらの乗り入れ先の地下鉄を再現していながら、制限速度が異なっていたり、本来あるべきはずの速度制限区間がなかったり、勾配も大雑把などといった点はありながら、なにより長距離の運転が可能なこと、そして各路線で数多くの種別が用意されていることが楽しく、いろいろと難しい操作等がなく気軽に運転できることもあって、BVE2ではそれらのいずれかの路線・種別をいろいろな車両と組み合わせて毎日のように運転していました。
そしてATC路線の東急や地下鉄はちょっと難しいものの、東武や西武の各路線をコンバートしたことにより、BVE5の数多くの車両データでも運転できるようになったことから、ここへきてまたまた運転頻度がかなり高くなっています。
この東武と西武の路線データについては、今後いろいろな路線、種別、車両の組み合わせによる運転動画を繰り返し公開していくことになるでしょう。
その最初となる今回は東武スカイツリーラインの浅草から東武動物公園までの区間快速となります。

車両は快速や区間快速を中心に運用されていた東武6050系で運転してみました。
やはりBVE2のデータをコンバートしたものとなります。
個人的にはこの6050系はあまり乗車したことがないものの、いかにも東武の抵抗制御車らしいその音は、かなりリアルだと言えることでしょう。
快速の廃止により日光線の南栗橋以遠へと追いやられ、基本的にスカイツリーライン区間では姿が見れなくなってしまいましたが、あえてその6050系で運転しています。
なお、幸いにして路線・車両データともどもコンバートによる不具合はほぼありません。

東武動物公園までの途中停車駅は北千住と春日部のみで、最高速度は105qですが、あまり速度を出しすぎると早着してしまうので、最高速度まではあまり出さずに抑えて走っています。
また、制限速度が実際よりも低く設定されている場合でもその速度に従っているほか、実際には速度制限がある区間なのにないところでは、管理人が把握している限り制限内の速度に抑えて走行していますが、すべてを把握しているわけではないだけに、速度超過してしまっているところも数多いことをあらかじめ了承のうえご覧ください。

posted by SS at 23:50 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。