当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2017年12月21日

国鉄通勤形電車103系 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

26%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:国鉄通勤形電車 103系 ~大阪環状線 終わりなきレールの彼方へ~ [DVD]

■発売日:2018/01/21

Blu-ray Discはこちら!

内容紹介
オレンジバーミリオン最後の103系 大阪環状線からついに引退!
走行映像で追う大阪環状線・JRゆめ咲線・阪和線・大和路線・和田岬線ほか西日本各線

2017年10月3日、オレンジバーミリオンの大阪環状線の103系が、最後の営業運転を終了。西日本の一部路線にわずかに残るだけとなった。
永らく活躍を続けた国鉄を代表する通勤形電車の姿を、大阪環状線・JRゆめ咲線をはじめ、阪和線・大和路線・奈良線・和田岬線など各線の走行映像で綴る。
森ノ宮支所で撮影された車両詳細、323系など後継車両も収録。103系運転最終日の走行、最終列車の京橋駅到着、廃車回送までを追う。

■103系 車両紹介
吹田総合車両所 森ノ宮支所にて収録。

■大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)
天王寺駅から大阪環状線外回りで1周。天王寺駅で折り返して内回り、JRゆめ咲線で西九条−桜島間を往復。再び内回りで天王寺駅まで、走行映像に駅撮を交えながら紹介する。

■7103系 OSAKA POWER LOOP/201系
大阪環状線・JRゆめ咲線の走行映像で綴る。

■阪和線
スカイブルーの車両に、改造や体質改善工事によって様々なバリエーションが誕生したが、羽衣支線の3両編成を除いてすでに引退。

■105系(旧103系1000番代)
東京の地下鉄千代田線に直通する常磐緩行線で使用された、103系1000番代から105系に編入。ほぼ原形のままの車両と、中間車に105系新造車と同様の運転台が取付けられた改造車が活躍。
紀勢本線・和歌山線、万葉まほろば線、可部線で収録。

■大和路線(関西本線)
原形に近い前面3枚窓、吹田総合車両所奈良支所配置のウグイス色6両編成が、普通列車を中心に201系と共通運用で使用されたが、2017年10月現在わずか2編成が残るのみとなった。

■おおさか東線
2008年の開業以来、奈良支所の車両が、大和路線と共通運用で使用された。

■奈良線
奈良支所配置のウグイス色が4両編成で活躍。単線区間では103系同士の交換も見られた。

■和田岬線(山陽本線支線)
2001年の電化以来、スカイブルーの6両編成わずか1本が通勤時間帯のみ運転。途中、1899年に設置された日本初の可動橋・和田旋回橋を渡る。

■播但線・加古川線・筑肥線
播但線は1998年の電化時、103系初の2両編成である3500番代が登場。2004年電化の加古川線には、やはり2両編成で貫通形の3550番代が投入される。
JR九州の直流電化路線・筑肥線では、103系初のトイレ設置車・1500番代が活躍。

■大阪環状線 運転最終日
2017年10月3日。玉造駅そばに建つ、103系をモデルにしたビエラ玉造では、保育園児が最終日の列車をお見送り。
桜島駅発の最終列車が京橋駅に到着すると、大群衆に見守られながら森ノ宮支所に回送された。

ナレーター 羽川 英樹
監修・ジャケット写真 伊原 薫
構成・演出 宮地 正幸
制作 株式会社 動輪堂

許諾 JR西日本商品化許諾済/JR九州承認済/JR貨物承認済

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
各地で置き換えが進み、絶滅危惧種となった国鉄通勤系電車・103系にフォーカスした鉄道DVD。大阪環状線や桜島線、阪和線といった関西での活躍を、撮り下ろしの未公開走行映像や後継車両と共に紹介。山手線、京浜東北線、中央本線などの映像も収める。

内容(「Oricon」データベースより)
2017年10月3日、バーミリオン・オレンジの大阪環状線の103系が、最後の営業運転を終了。東京・大阪・名古屋を中心に永らく活躍を続けた国鉄を代表する通勤形電車も、一部の路線にわずかに残るだけとなる。もはや「絶滅危惧種」となったこの車両の姿を、大阪環状線・桜島線をはじめ阪和線・関西本線・奈良線・和田岬線など各線で収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。