当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2016年07月29日

JR埼京線205系





少し前に埼京線を利用した際、予備車として1本だけ残っている205系第28編成にちょうど当たりました。

o160729-01.jpg

もっとも、個人的には武蔵野線を利用する機会が多いので205系自体はまだそれほどめずらしい存在ではなく、この日も千葉県側から埼京線の武蔵浦和まで行くのに利用した武蔵野線で乗った車両がやはり205系だったので、連続での乗車になったわけですが・・・

ただ、武蔵野線の205系は制御装置が東洋IGBTのVVVFに改造された編成が大半を占め、京成3000系で聞き慣れているのとほぼ同じ音を発する車両ばかりに乗っていたので、埼京線の205系でオリジナルの界磁添加励磁制御の走行音を聞いたのはかなり久しぶりのこととなり、ちょっと懐かしいような気さえしました。

都心から近いJRの路線から次々と姿を消している205系ですが、埼京線の第28編成はATACSが導入される2017年秋まで、そして今のところは安泰と思える武蔵野線の205系もそれほど遠くない将来に置き換えが予定されているんだそうで、身近に乗れる路線からの消滅を覚悟しなければならない時期に来ていると言えるかもしれません。
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | JR関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック