当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2014年03月19日

久留里線キハ30ほか DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

今なら18%OFF!!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:追憶 JRの通勤型気動車 ~久留里線を訪ねて~ キハ30 ・ キハ37 ・ キハ38

■発売日:2014/03/28

内容紹介
房総半島を内陸へと走るJR久留里線。
ここでは外吊り扉が特徴のキハ30とその後継となるキハ38、そして全国で5両のみ製造されたキハ37が活躍していました。
JRではここだけとなったこの3形式は高い人気を呼んでいましたが、
2012年12月1日に新型気動車・キハE130形に置き換えられ、その役目を終えました。

本作品では、引退間近の旧型気動車の走行シーンが満載。
久留里線全駅の駅間で撮影された映像は120カット以上で、久留里線を訪れた鉄道ファンなら
思い出がよみがえることはもちろん、乗車したことのないファンにもその沿線風景が存分に伝わります。
また、2012年12月1日のラストラン映像、キハE130形との交換風景など、貴重な映像も収録。
これから久留里線を訪れる方にも、撮影場所などの参考に最適な作品です。

【本編映像】
久留里線を走る旧型気動車の走行シーン映像
(撮影場所:久留里線沿線各所(すべての駅間にて撮影))
新型気動車 キハE130形の走行風景
旧型気動車と新型気動車が並ぶ、2012年12月1日の模様

【特典映像】
久留里城址 俯瞰展望映像
2012年12月1日 久留里線点描(旧型気動車運行最終日)

内容(「Oricon」データベースより)
房総半島を内陸へ走るJR久留里線の魅力を捉えた鉄道ドキュメンタリー。外吊り扉が特徴のキハ30とその後継のキハ38やキハ37が活躍した旧型気動車の走行シーンを久留里線全駅の駅間で撮影した映像のほか、新型気動車キハE130形の走行風景などを収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック