当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2013年12月06日

住都公団2000形の記憶





1984年、千葉ニュータウン線の小室〜千葉ニュータウン中央間の開業に合わせて導入されたのが住宅・都市整備公団2000形でした。

オールステンレス車体やワンハンドルマスコン、電気指令式ブレーキの採用が見送られた点では、すでに登場していた京成3600形よりも劣るものの、外観の斬新なカラーリングや内装の先進性には心底驚かされたものです。

とくに内装はクリーム色の明るい化粧版、座席の袖仕切り、スリット式冷風吹出し口とラインフローファン、半埋込式の蛍光灯、吊り手ブラケットと蛍光灯の同列配置などが目新しく、おそらくそのどれもが京成グループを走る車両としては初採用のものばかりではなかったかと思います。

o131206-02

o131206-03


そんな斬新な車両が登場からしばらくは新京成の松戸駅まで乗り入れていたわけですが、当時の新京成はといえばまだ8000形が最新鋭という状況だっただけに、夜松戸駅に止まっている2000形を見たりすると、ピッカピカの車体にきわめて明るい車内のインパクトがあまりにも強すぎて、まさにピカイチの存在という印象でした。

それで当方は京成津田沼方面へ行くのにもかかわらず、ついつられて乗ってしまい、北初富で乗り換えるというパターンがよくあったものですw

やがて北総開発鉄道の京成高砂駅〜新鎌ヶ谷駅間開業に伴い新京成への乗り入れが廃止され、2000形は中間に新造した2両を組み込んで8連化され、京成や都営浅草線、京急線へと乗り入れるようになり、現在は千葉ニュータウン鉄道9000形(以下9000形と表記)として8両編成1本が活躍中であることは周知の通りかと思いますが、その残る9018編成も残念ながら決して先は長くないことでしょう。

9000形より2年ほど前に登場した京成3600形は同じく更新修繕されていないながら1両も廃車が出ることなく、今後もまだまだ活躍しそうなことを考えると、スキンステンレスとオールステンレスの違いがあるとはいえ不運な車両としか言いようがありません。。。

そして個人的にはもうここ何年もこの9000形の乗車チャンスに恵まれないでいたのですが、先日青砥から京急線方面へ行く際にたまたまやってきた車両が、運がよくこの9000形でした。

o131206-01


本当に久しぶりに乗ることができたわけですが、都営浅草線内まではそんなに感じなかったものの、京急線に入ってスピードを出した途端に苦しそうな印象が否めず、まさに老骨に鞭打って走っているという感じでだいぶお疲れの様子なので、早めに休ませてあげたほうがよさそうな気がしたのもまた事実です。

というわけで、当方の記憶の中にある、あの新京成で乗ったピッカピカの住宅・都市整備公団2000形が、もう廃車時期にあるとは本当に早いものです。

以下、乗務員室の画像です。

o131206-01

o131206-01
posted by SS at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北総鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック