当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2013年11月08日

京成3600形VS京急新1000形





京成3600形界磁チョッパ車と、京急新1000形シーメンスIGBTインバータ車の青砥駅におけるほぼ同時発車シーンです。

3600形の上野側は、駅を出てすぐに50キロ以下の速度制限があるので、それほど長く加速をするわけではないのですが、若干出遅れた新1000形が先に発車した3600形にすぐに追いつくあたりは、やはり加速度3.3と3.5キロの差といったところでしょうか。

このシーメンスIGBTに限ったことではありませんが、京急の車両は加速度が3.5キロよりも高いんじゃないかと思えるほどで、とくに進行方向に向かってクロスシート部分に座ったときに身体が軽くシートに押し付けられるその様は、まるで自動車に乗っているかのような感覚にとらわれるほどです。

あと、余談ながら京急2100形や600形で窓枠の下部にカメラを置いて撮影しようとしても、幅が狭いうえに若干傾斜しているのでとてもムリなんですが、今回乗車した新1000形は水平で幅もかなり広いため、楽々置けることを今回初めて知りました(汗)。

posted by SS at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道関連映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック