当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2013年08月02日

輸送サービスの低下





新京成が7月16日より8両編成の運用をさらに減らすという愚かなことをやりました。8両編成で残る8800形の6連化が現在もなお進行中で、8800形が全車6連に統一される日もそう遠くはなさそうです。また、こうなると8900形もいずれ6連化し、将来的に8連を全廃するという話がますます現実味を帯びてきたような気もするところです。(当ブログ過去記事

この件に関してはもう何を言っても無駄という感じがするので、多くを語りたくはありませんが、今の新京成は利用客に対して良質なサービスを提供することを忘れてしまったのではないかと思えます。東京近郊の路線で、編成両数を増やす例はあってっも、減らす例というのはあまり聞いたことがありません。平日朝夕のラッシュ時はもとより、それ以外でも時間帯によっては結構混雑することがあるというのに、新京成にひとりでも多くの乗客に着席してもらうという考えはないのでしょうか。

いろいろと苦しい経営事情はよくわかります。また、ずいぶん長いこと運賃を値上げせず、短距離はとにかく全線利用した場合の運賃がきわめて安いのは評価できるものの、それでも編成両数の削減にはとても納得がいくものではなく、社長の弁によれば輸送サービスの向上に取り組んでいるとのことですが、向上どころか低下させているとしか言いようがありません。だいたい昭和の時代にせっかく多くの投資をして8両編成を運転できる設備にしたというのに、それがここへきて無駄になるというのもきわめてもったいないことだと思います。

かつて個人的にはむしろ新京成は将来的に8両編成に統一するのを当たり前のように考えていたものですが・・・
こんなことになるのであれば、新京成線内の所要時間増加をも招いた京成千葉線への片乗り入れなんてしなければよかったとさえ思えてなりません。。。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新京成関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック