当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2012年11月30日

地震によるダイヤ乱れ





今月24日に渋谷へ買い物に行き、そのついでに二子玉川へも行くことにしたのですが、当方が田園都市線を利用するのは東日本大震災からまだ間もない頃、午前中に結構大きな余震が発生したとき以来のことで、その余震の影響でダイヤが大幅に乱れており、渋谷駅で当方が乗り込んだ電車がなかなか発車しなかったりして、かなり混乱していたことが否応なしに思い出されました。

そして二子玉川で用事を済ませ、東急バスで目黒に出たのですが、その車内でニュースを確認してみたところ、この日もまた夕方に千葉北西部を震源とするやや大きな地震があり、各鉄道ともダイヤが乱れているらしいのです。

地震発生時間に自分はどこに居たのかを考えてみたところ、二子玉川に到着した直後ぐらいだったと思われるものの、当方地震にはまったく気づきませんでした。二子玉川のある世田谷区では震度4と結構大きな揺れだったはずにもかかわらず、どうして気づかなかったのか今でも不思議です。また、この地震発生がもう少し早かったり、あるいは当方の渋谷から二子玉川への移動がもっと遅かったりしたら、またしても田園都市線で地震による混乱に巻き込まれていたかもしれません。

その後目黒に到着し、さらに三田まで行くのに利用した都営三田線は、相互乗り入れしている東急目黒線、東京メトロ南北線とともにダイヤはほぼ正常通り運行されていましたが、三田から都営浅草線の京成直通快速に乗ろうと思ったところ、どうやら運休となっているらしく、仕方なく高砂行でとりあえず青砥まで戻りました。

さらに青砥で上野方面からすぐにやってきた宗吾参堂行に乗り込んだのですが、途中で優等列車に追い抜かれるのかと思いきや、まったくその気配がないまま京成津田沼に先着し、おまけに同駅では当方が乗っていた宗吾参堂行が、すでに到着していた同じく宗吾参堂行を追い抜くというレアな光景まで見られました。

結局、当方が乗っていた宗吾参堂行の直後には特急が続いていたことがわかり、八千代台で退避したのではないかと思われますが、とにかく京成は地震によるダイヤ乱れがかなり長引いていたという印象だったと同時に、ダイヤが少しでも乱れている際は優等など待たずに、とりあえずやってきた電車に乗るのが無難であると感じた次第です。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック