当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2006年12月15日

千葉線新京成車両初乗車





京成津田沼→京成千葉間にて新京成からの直通列車に初乗車してきました(^^)
その記念すべき初の車両となったのは8000形8512でした。京成3000形と同じN800ではつまらず、どうせだったらオリジナル色の強い8000形とか8800形とかに乗りたいと思っていたので、ちょうどよかったです。まぁ、1本しかないN800に当たる可能性はきわめて低いですが・・・
まずは千葉方面へ向かうのに京成津田沼駅5番線ホームで待つという時点から違和感がありました(^^; 発車後、揺れとかほとんど感じないまま、静かに千葉線に入ります。その後はぐんぐん加速するわけですが、新京成線内では体感できない速度を期待していたというのに、あまり引っ張らない運転手だったため、残念ながら90kmを超えることはありませんでした。ちなみに、8000形のモハで90kmを超えようものなら、京成赤電と同じような旧式のWN駆動特有のバイブレーションを体感できることでしょうw
乗車したのがクハでモーター音がほとんど聞こえなかったこともあり、乗ってしまえば外から見ているほど違和感はありませんでした。むしろ8800形のあの独特のVVVFサウンドのほうが、千葉線では異質ではないでしょうか。。。
ところで、新京成松戸〜京成津田沼間の日中の所要時間ですが、改正前の40分から44分と、4分も延びているのがかなり気になります。確かに以前の40分というのは余裕がほとんどなかったのはわかりますが、1〜2分程度ならとにかく、4分の差はかなり大きいです。あの各駅間でいっぱいまで引っ張ってすぐに減速するという運転がテキパキと感じられてよかったのに、改正後はチンタラ走るようになったのではないかと・・・所要時間が40分になる前は確か43分だったと思われ、それよりも遅いレベルなだけに、これは完全に時代に逆行した流れであり、まさにダイヤ改悪と言えるでしょう。松戸から千葉中央にしても62分もかかっており、せいぜい60分以内にしないとせっかくの直通運転も時間がかかりすぎてウンザリします。新京成にフルで乗車する機会が多いうちにとっても、今後はかったるく感じられそうな気がするところで、次回の改正で再び40分レベルに戻ることを俄然強めに希望します!といってもいつのことになるかわからないという・・・(-_-;

o061215-01.jpg初の乗車となった新京成8000形8512/京成千葉駅
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 京成関連記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

INTER X−PRESS CHIBA(京成ダイヤ改正速報1)
Excerpt: 昨日,京成の全面ダイヤ改正が行われた。ここでは,昨日撮影・乗車した電車の解説などを中心にお届けしたい。 ここは青戸駅。作者と最もかかわりの深い駅だ。ここでは列車観察をする。青戸駅では,相変わらず..
Weblog: ザ・日記パレード(赤版)
Tracked: 2006-12-24 13:58