当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2006年11月17日

津田沼車庫に新京成車両



11月中旬に入り、京成千葉線における新京成車両の試運転が開始されたようですが、レッドラインさんより、京成津田沼1番線脇の側線にちょうど新京成車両が入線している画像を送っていただきました。
これはおそらく実車を使用して乗務員の教習を行っていたものと思われますが、こんなホームから丸見えの位置で行われるとは意外なことで、これも千葉線乗り入れの宣伝効果を狙っているのか・・・とさえ思えてしまいます(^^;
かつてこの地が京成津田沼第一工場だった時分には、時々新京成車両が入っているのを見かけた記憶がありますが、それも京成からのお古である旧型車の話で、8000形や8800形が入るのはもちろん初めてのことでしょう。
準備期間が過ぎればこんな光景は見られなくなると思えるだけに、ある意味千葉線内試運転の画像などより、よっぽど貴重と言えるかも知れません(^^)
それにしても、今回の試運転で京成線内を前面非貫通車が走行したのはAE1形以来のことで、さらに通勤車に限れば前面5枚窓の100形や126形が残っていた昭和30年代以来と、とんでもなく久しぶりのことになります。
o061117-01.jpg
新京成8800形8801-6・8000形8514/2006-11-15/京成津田沼車庫


posted by SS at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 京成関連記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知りませんでした。もう試運転されたのですか。
津田沼車庫に入ったと言うことは京成津田沼三・四番線にも新京成の車両が入ったと言うことになりますね。新京成の車両が京成の線路を走ったのは28年ぶりではないでしょうか?
前に走ったのは8501編成、試運転を兼ねてか高砂ー津田沼を自走したことがあります。(搬入は川崎貨物駅から西馬込車庫までの陸送)
800形も実は京成線を自走したことがあります。(この場合は逗子までの甲種回送)
次は北柏貨物駅(昭和59年2月1日廃止)から西白井まで陸送に変わりました。(北柏貨物駅廃止後も数回経路が変わった)
京成線での営業運転復活となれば今度新京成に新車が入るとき、京成と同じ逗子への甲種回送に戻るかもしれません。
Posted by まるちゃん at 2006年11月19日 12:59
乗り入れが開始されるほぼ1ヶ月前の11日から試運転がはじまり、
ちはら台へも入線したとのことです。
また、京成津田沼では上野側の引き上げ線に入ったため、
2・3番線に入線した模様です。
8000形の試運転が京成線内でも行われたことは知りませんでした。
私も今後新京成が新車を搬入する場合、
陸送はやめるのではないかと見ています。
Posted by SS at 2006年11月19日 20:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック