当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2006年07月01日

東武50050系



o060701-01.jpg
東武50050系51053行先表示器/2006-06-02/東京メトロ押上駅

レッドラインさんのコメント
今回は、側面の行き先表示器です。良くあるのが、日本語表記と英語表記を交互に表示すると言うものですが、この50050系は何故か、行き先と号車表示が交互に表示されます。画像は、「急行」中央林間と10号車の交互表記です。
室内やホーム上の表記で、日本語と英語の交互表記が満遍なく案内されているので、側面行き先表示はこれで十分なのかもしれませんね。


posted by SS at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東武鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは「かず」といいます。

50050系は行き先表示後、号車表示になるので、わかりやすいと言えば、わかりやすいですが。
鉄道好きじゃ無い人は行き先だけで十分と駅で話す若者も言ました。
まあ、幕式のが終着駅ではくるくる回って楽しいですが・・・

私のブログでも50050系の画像などがあるので。
よろしければ、是非お越しください。
Posted by かず at 2006年09月11日 16:38
はじめまして。コメントありがとうございます。
私は号車表示はシールでいいのではないかと思っています。
10両固定編成になったことで、編成を組み替えることがなくなり、
号車シールを張り替える必要もなくなったと思いますので。

なお、ブログ拝見しました。今後のご健闘をお祈りします。
Posted by SS at 2006年09月12日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック