当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2010年12月15日

京成の複々線区間





京成の青砥〜高砂間はもともと多種多様な車両が走る区間として有名ですが、成田スカイアクセスの開業により趣味的にますます面白味が増したと言えるでしょう。とくに京成本線の3種類の特急とアクセス特急の並走など、特急列車同士が並んで走る光景というのは他の私鉄ではあまり見られるものではないものと思われます。

そのうち、管理人がとある土曜日の夜に同区間を乗車した際の見たままをお話します。当方が乗っていたのは都営線方面からの下り快速芝山千代田行でしたが、青砥で上野方面からの普通ちはら台行と同時に到着しました。しかし、これはダイヤ上は快速が到着する1分前に普通ちはら台行が発車することになっており、そのため当然のことながらその普通列車が先発になったという。たまたま普通列車が遅れていたので接続することになったのか、あるいはいつもこうなのかはわかりませんが、優等列車よりも普通列車が先に発車するというのはある意味“禁断”でもあると思うので、本来ならば接続するべきではありません。
まぁこの普通列車は同じく上野方面からのアクセス特急成田空港行に追われているので快速と接続しようがしまいが青砥駅を直ちに発車しなければならないわけですが、その後やはりアクセス特急が到着して、当方乗車の快速と同時発車で並走し、高砂もほぼ同時到着でした。さらにその状態では高砂を同時発車できないのは明らかなので、優等順位からいっててっきりアクセス特急が先発になるのかと思いきや、快速が先に発車することに・・・
こちらの方はあくまでもダイヤ通りで、先の普通列車が小岩で退避していることもあり、快速を優先的に急がせる必要があるのではないかと思いますが、とにかく京成のダイヤは決して過密とまでは言えないものの、スカイアクセスの開業によりますますいろいろな制約が増えた中で、かなり苦慮している印象を受けた次第です。

最後に特急列車同士ではありませんが、同じ3000形同士の並走シーンをご覧ください。同じ顔をした車両同士が仲良く並んで走っている光景は、なかなか愛らしいものがありますw

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 京成関連記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

犬山城
Excerpt: oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。
Weblog: 青春18切符で行く,日本の「城」巡り17
Tracked: 2010-12-16 07:53