当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2006年04月22日

北総7250形



3月29日付の記事でもお話しましたが、京成3200形がベースだった北総7250形7251〜7258の8両が置き換えられることになり、3300形1次車の3305〜3308と3313〜3316がリースされ、形式はそのままで7261〜7268として、この4月から営業運転が開始されました。
7251編成は中間に運転台が存在せず、8両固定編成と言っても差し支えありませんでしたが、7261編成は4連2本を連結しているため、北総車としては元京成3150形である7050形以来の中間運転台復活となりました。また、京成で更新の際にクロスシート試験車とされ、ロングシートに戻されたときには個別シートと袖仕切りが試用された3313〜3316ですが、北総車となってからもそのシート等に変化はなく、そのまま使用されているようで、車内の印象が異なる各4両を連結した編成となっています。
しかし、京成3200形が残り24両となった以上、残念ながらこの2代目7250形の活躍も、そう長くは続かないものと思われます。
ということで、ここではレッドラインさん提供による北総7250形7261編成と、そのベースとなった京成3300形時代の管理人が撮影した画像を掲載します。

o060420-01.jpg北総7250形7261/2006-04-20/東松戸駅

o060420-02.jpg北総7250形7268/2006-04-20/東松戸駅

o060422-01.jpg京成3300形3308/2001-02/実籾駅付近

o060422-02.jpg京成3300形3313/2001-05/うすい駅


posted by SS at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 北総鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。7250形1次車7255-7256の走行音もあります。かなり貴重です。
Posted by こんばんは at 2013年05月12日 02:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック