当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2010年07月22日

7月17日の京成上野駅





成田スカイアクセスの開業以来、管理人はまだ新型スカイライナーやアクセス特急に乗車していませんが、開業日当日に京成上野駅の様子を見てきました。

当方が行った際にはちょうど4線すべてが埋まっている状態で、2番線にスカイライナー、4番線に普通が入線しているのは従来と変わらず、1番線に本線経由の一般特急、3番繊にシティライナーが入っていました。とくに中央の2線に2種類の有料特急が止まっている様は堂々たるもので、もちろん従来の京成ではとても考えられなかった素晴らしい光景だと思いましたが、特急と普通の本数は以前と変わらず、スカイライナーの頻度は増し、さらにシティーライナーが新設されたとあっては、日中でも容量的にかなり厳しそうな印象を受けた次第です。

カメラ2番線にスカイライナー、3番線にシティーライナーが同時入線中の様子
o100717-01

o100717-02


カメラ1番線に停車中の本線特急成田空港行
o100717-06


あと本線で上野まで行く際にすれ違うシティライナーの車内を見てみたところ、乗車率がかなり悲惨なことになっている感じでした。まるで回送同然だと言っても構わないほどで、かつて空気輸送で有名だった昭和50年代の初代スカイライナーを見ているような思いがしました。やはり京成本線の輸送量のレベルや、JRとの併走区間以外にさほど大きな都市を持たないことなどを考えると、需要が少ないのもやむを得ない気がします。
しかし、せっかくAE100も残されることになって喜んだのも束の間、早々にシティーライナー廃止ではあまりにも悲しすぎます。遅いわりには特急料金が高すぎるのも大きな問題点かと思われ、もちろん所要時間の短縮は強く望みたいものの、それが無理だとしても料金を下げてもっと乗りやすくするだけでも効果が見込めるのではないかと・・・
たとえば上野と日暮里から成田以遠の特急料金を600円、それ以外の途中区間利用の場合は通勤ライナー並の400円程度に抑え、なおかつ以前にも指摘したように八千代台、あるいは勝田台に停車させればかなり利用しやすくなり、おのずと乗客が増えるはずです。
とにかく通勤ライナーは一般列車が混雑している状態だからこそ利用客が多いわけで、一般特急が混雑していない日中のシティライナーの料金が通勤ライナーより高く車両も劣るのでは、空気輸送同然になるのは当然の結果だと思います。京成側としては料金を下げるとなると採算的に厳しいものがあるのかもわかりませんけど、高いまま誰にも利用されない状態が続くよりは、値下げして利用客が増えるほうが遥かにマシというものでしょう。
というわけで、決して廃止なんてことにならないことを願いつつ、今後のシティーライナーの健闘に強く期待したいものです。

カメラシティーライナーの幕はピンク地に白文字
o100717-09


カメラ最後に新型スカイライナーの側面の画像をどうぞ!
o100717-04

o100717-05

o100717-07

o100717-08
posted by SS at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 京成関連記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久し振りです。
成田スカイアクセスの開業おめでとうございます。

シティライナーも昼間時にしか走らないと言うのはどうかと私も思いますね。

私個人的な感想ですが、車両をAE形数本を追加投入し、モーニングライナー・イブニングライナーとシティライナーを統合して(その代わり料金は採算面から400円から500円にアップする)、停車駅に津田沼を追加し、切符の販売方法を変更すればそれなりの旅客数を見込めると思いますがどうでしょうか。

後ここで当方よりお知らせを。
当方のHP(http://new-skyliner.jimdo.com/)ですが、資料不足により更新を無期限休止となります(再開予定は一応あり。その間は鉄道と関連の無いが鉄道の話題もする事のあるブログをhttp://ameblo.jp/hanshinnambaline/で運営中。またTwitterもhttp://twitter.jp/naritaskyaccess/のアカウントを所持)。以上、お知らせでした。
Posted by Sky-Flyer at 2010年07月25日 05:39
お久しぶりです。

ご指摘の件についてですが、要するに本線系統の有料特急をすべて1本化し
車両も新型スカイライナーに統一するべきということでしょうか。

個人的な感情、また趣味的な観点からすれば、AE100も残してくれたことを
とても好ましく思っています。
登場以来、大規模な修繕を行っていないだけに、今後の動向が気になりますが
寿命が来るまではこのまましばらく走り続けてくれることを強く望んでいる次第です。

あとモーニング・イブニングライナーとシティライナーとでは
前者が通勤ライナー、後者が日中の都市間連絡特急という性格の違いを考えても
統合せずに現状のままの方がよろしいのではないでしょうか。
Posted by SS at 2010年07月26日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック