当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2009年04月23日

京急新1000形走行音





京急の車両といえばドイツシーメンス社製のドレミファインバーターが有名ですが、今回は同じシーメンス社製の制御装置ながら、素子がGTOからIGBTに変わり起動時に独特の音階を奏でなくなった4次車の走行音です。録音は蒲田→川崎でかなりのスピードが出ていますが、音階を奏でない以外はGTO素子のシーメンスとそれほど変わりない音という感じがします。

カラオケ京急新1000形1440/2009-03/蒲田→川崎






posted by SS at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道走行音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック