当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2008年10月30日

京成津田沼第一工場





今回は昭和50年代後半まで存在した京成津田沼第一工場、及び車庫の様子をご覧ください!
まず1枚目の白黒写真は昭和49年頃に撮影したもので、まだ駅ビル「サンロード」の姿がなく、車庫内には青電も見受けられます。2枚目は一応カラー写真ながら画質が悪いのが残念ですが、昭和55年頃に撮影したもので、すでにサンロードが存在しているほか、青電が見られなくなった代わりに、この当時の新鋭かつ最大勢力となっていた3500形が止まっているのがおわかりいただけるかと思います。
これから2年後ぐらいに宗吾に新工場が完成して、津田沼は第二工場と統合のうえ移転されることになって姿を消し、その後この場は「津田沼ハイライズ」というマンションが建設され現在に至るわけですが、今でも残っている駅寄りの2本の引き込み線が、かろうじて車庫だった頃の面影を残しているといったところでしょうか。。。

o081030-01.jpgo081030-02.jpgクリックで拡大!

:ほぼ定点位置からの現在の様子

大きな地図で見る
posted by SS at 23:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 京成関連記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
駅前にあった車庫だったのが印象的でしたが、今は車庫跡も容易に見つけられない状況ですね…。
Posted by イエローアイス at 2008年11月01日 02:07
もうマンションが建設されてしまった時点で
車庫の面影はすっかり失われてしまったと思います。
Posted by SS at 2008年11月03日 01:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック