当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2008年08月14日

成田−羽田連絡鉄道





先日、以下のような記事が掲載されました。
成田−羽田連絡鉄道、検討へ=65分程度に、10年度にも着手−国交省

 国土交通省は9日、成田、羽田両空港を短時間で結ぶ鉄道の整備に向け、2009年度に本格的な検討に着手する方針を固めた。10年度に開業する成田新高速鉄道の活用や既存路線の改良を通じて、両空港間のアクセスにかかる時間を大幅に短縮する。早ければ同年度の事業着手を視野に入れている。09年度予算概算要求に関係経費を盛り込む。
 成田と羽田は、発着枠拡大に向けた工事がそれぞれ10年中に完成する予定。これに伴い同省は、羽田の国際便を増やすなど、首都圏の国際航空機能を強化するため両空港の一体活用を進める考え。
 成田−羽田間は、京成、都営浅草、京浜急行各線に乗り入れる形で直通列車が運行しているが、最短でも106分かかる上、便数も限られている。今後両空港の乗り継ぎ客の増加も予想され、両空港間の連絡機能向上が求められている。
 国交省が検討しているのは、東京・日暮里−成田間を36分で結ぶ成田新高速鉄道と、都営浅草、京急両線をつなぐルート。都営線内(押上−泉岳寺)に専用の追い越し施設を整備するなど、既存路線も改良しアクセス時間を65分程度に短縮する。丸の内や品川といった都心から成田までの移動時間の大幅短縮も期待できる。
確かに、新しいスカイライナーの都心側の駅が相変わらず京成上野や日暮里だけというのではアクセスが劇的に改善されるとまではいえず、都営浅草線に乗り入れてこそ真価を発揮するというもので、そのうえ東京スカイツリーができれば押上が観光名所となるため、両空港からスカイライナー1本で結ばれるならば便利になることと思います。また、今後本当に両空港の乗り継ぎ客が増加するのであれば、定時性が保てる鉄道アクセスは必要になってくるでしょう。
すでに両空港を結ぶ列車については実績があるので、実現自体はそう難しいことではなさそうですが、問題なのはスピードアップのネックとなっているうえ、特別列車の乗り入れに難色を示していると言われる都営線をどうするかです。それから、地下鉄に乗り入れるとなると新型スカイライナーの前面に非常用脱出口がないことも問題となり、デザイン変更せざるを得なくなりますが・・・
とにかく、都側の理解も含めて一日も早く改良工事に着手し、両空港間アクセス列車の早期実現を期待したいものです。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200808/2008080900250&rel=y&g=pol
posted by SS at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 成田スカイアクセス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらにははじめまして。
京成一筋27年のイエローアイスです(実年齢はこれより少し上ですが)。

個人的には直通スカイライナーの運行には賛成ですが、1号線直通車両規格を見直して前面非貫通でも入れるようにする可能性もありますね(1号線規格では貫通扉は必須であるが現行の法律(正確には何か忘れたが)では車内の通報(通話式)装置を完備していたら非貫通でも地下線に乗り入れる事ができるらしいです)。

個人的には、羽田空港行きスカイライナーが出来るのであれば停車駅に青砥を追加して空港アクセスを強化して欲しいですね。
ただそうなると日暮里〜空港第2ビル間は36分では走れなくなるので北総線内も160km/h、都内の京成本線内も100km/hで走って青砥停車時間の分を相殺する必要がありますが。
Posted by イエローアイス at 2008年08月17日 04:26
はじめまして。コメントありがとうございます。

確かに規格が見直されればデザイン変更の必要はなくなりますね。
そのあたりどうなるのか興味深いものです。
それにしても、AE100で取り付けた非常用脱出口が役に立つことはなく
新型AEで非貫通にした途端、都営線内に乗り入れる可能性が出てくるとは
まったく皮肉なものだと思います。

青砥の件は、上野系統が通過、羽田系統は停車でよろしいのではないでしょうか。
もちろん、将来的にさらなるスピードアップは期待したいところですが・・・
Posted by SS at 2008年08月18日 01:11
何はともあれ、新AEで都営線と京急への乗り入れが貫通扉無しでも実現して欲しいですね。

ところで丁度スカイライナー乗り入れ計画発表の1ヶ月ほど前、近鉄特急が早ければ2010年にも阪神を介して山陽電気鉄道山陽姫路駅までの乗り入れ計画を近鉄側が発表しました。これも乗り入れ用新型特急車を2009年度より新造するとの事でした。

となるとスカイライナーの西のライバルになるかも知れませんね。

それはそうと、私は両方共に青砥停車が望ましいですね。押上線(都営線以降も含めて)各駅からも便利になり、乗客増も期待出来るからです。

都営線内の停車駅は、押上、浅草、泉岳寺(東京駅乗り入れが実現したら東京も)、京急線内は品川と2009年末に出来る予定の羽田空港国際線ターミナル駅の停車として75分以内で結べば言う事無しですね。
Posted by イエローアイス at 2008年08月25日 02:13
しかし現行までのスカイライナーも青砥には停車していなかったのに
さらに速達性が求められる新型の停車は厳しく、京成も考えていないことでしょう。

あと都営線内の停車駅ですが、個人的には日本橋あたりがふさわしく
また泉岳寺と品川に連続して止まるのは時間的なロスが大きいかと思います。
Posted by SS at 2008年08月29日 01:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック