当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2020年09月05日

BVE京王線特急2





2017年9月に営業運転が開始された京王電鉄の2代目となる5000系ですが、管理人は今年の6月になって都営新宿線内の本八幡から瑞江までの短区間のみながら、ようやく初めて乗車する機会を得ました。
前面スタイルをはじめとした外観は個人的に京成3100形のほうが好みですが、内装の豪華さは京王5000系のほうが大幅に上回っていると思います。
いくら京成3100形がハイバックシートを採用したとはいっても、より高い背もたれやヘッドレスト、一部アームレストまで装着している京王5000系のシートに敵うわけがありません。
クロスシートの有料特急としても運行されるので当然といえるかもしれませんが、ロングシート時でも快適性がとても高く、有料特急以外で運よく乗れればかなり得した気分になれるというものでしょう。
そのほかにもすべての扉上にLCDが各2台設置されているのはもちろん、枕木方向にも設置というように車内がモニター画面だらけできわめて贅沢な印象を受けるほか、シートのアームレスト部にコンセントが設置されているあたりもサービスの良さが感じられます。
車内各所の色調を含めた意匠も管理人好みでいうことありません。

o200905-01.jpg
o200905-02.jpg
o200905-03.jpg
o200905-04.jpg

そんな京王5000系が今からおよそ1年前ぐらいにBVE5で再現されました。
従って今回はその運転動画を公開します。
実車にはまだ一度しか乗車していないので比較はできないものの、かなり忠実に再現されていそうなのは間違いありません。

路線データはBVE2のデータをコンバートした京王線で、そのうちの八王子特急となります。
この八王子特急の運転動画を公開するのは2度目で、初回は富士急行1000形、すなわち京王初代5000系で運転しました。
従って今回は世代が異なるものの同じ形式の車両で運転することになったといえるでしょう。
ただしそこで問題となるのが京王ATCとなります。
BVE5向けの京王車両はどれもこれも驚くほどリアルなものばかりですが、京王ATCが装着されているため自由にいろいろな路線で運転することができません。
かといって京王ATCが実装された路線データはほんの少ししかないので、せっかくの車両データもあまり活用する機会がないのは実にもったいないことだと思います。
そこで、BVE2からコンバートしたような路線データで運転するには、車両側のATCを外すしか方法がありません。
今回も外して運転していますので、その点あらかじめご了承ください。

最高速度は調布までが105q、それ以降が110qとしています。
初回に初代5000系で運転した際はダイヤにのれず結構遅れ気味でしたが、今回は車両の性能が大幅に向上しているうえ定速機能も活用したため、遅延することなく運転できました。
それではどうぞご覧ください!

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする