当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2020年09月24日

相模鉄道新7000系 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!ただいま予約受付中。Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:相模鉄道 新7000系 4K撮影作品 横浜~湘南台/横浜~海老名 展望&運転操作映像 [DVD]

■発売予定日:2020/11/21

内容紹介
昭和・平成・令和と長年活躍してきた相鉄・新7000系 VVVFインバータ制御編成 盛大な磁励音を響かせ疾走!

相模鉄道・7000系のうち、1986年(昭和61年)に登場する第12次増備車以降は前面のデザインが大きく変わったため、新7000系と呼ばれています。
東急との直通運転を行う20000系の増備が行われるため、新7000系のVVVFインバータ制御車は順次引退することになりました。
直角カルダン駆動方式で、GTOサイリスタによる大きな磁励音も相まって、ファンにとっては魅惑のポイントでもあります。
また、5両+5両の編成や10両固定編成がありバラエティのある車両です。独特の駆動音を記録するため電動車での音声収録を行っています。
さらに本作では本編の前面展望映像に加え、運転席上部にもカメラを設置し、運転士の手元の映像もマルチアングルで収録。運転操作風景をぜひお楽しみください。
映像特典として、かしわ台車庫での新7000系の車両形式を紹介します。

■撮影日 2020年9月8日(予定)
■撮影車両 快速2721レ 横浜~湘南台(相鉄本線・いずみ野線)
急行1067レ 横浜~海老名 (相鉄本線)

内容(「Oricon」データベースより)
相模鉄道・7000系のうち、1986年(昭和61年)に登場する第12次増備車以降は前面のデザインが大きく変わったため、新7000系と呼ばれる。東急との直通運転を行う20000系の増備が行われるため、新7000系のVVVFインバータ制御車は順次引退することに。本編の前面展望映像に加え、運転席上部にもカメラを設置し、運転士の手元の映像もマルチアングルで収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

BVE小田急小田原線準急1





超リアルなBVE5小田急線の路線データのうち、前回は快速急行の運転動画を公開しましたが、今回は東京メトロ千代田線から直通の準急を運転してみました。
従って新宿からではなく代々木上原からの運転動画となります。
また、快急では登戸までだったのに対し、今回は一駅先の向ヶ丘遊園に加え、さらにその先の引上線まで運転しました。
前回の快急の運転動画に引き続き、実に忠実に再現された景色をお楽しみください!

車両は今回千代田線との直通運用ということで、実際にも千代田線への乗り入れ用として製造された2代目4000形で運転してみました。

📷画像引用元:「裏辺研究所」様
o200919005.jpg

つい最近2代目5000形がデビューしたことにより最新鋭ではなくなりましたが、小田急の中ではまだまだ新しい車両だといえるでしょう。
管理人は実車にはあまり乗車したことがないものの、ネット上にアップされている走行音と比較してみると、この車両データもまたあまりのリアルさにビックリ!!
ただ、せっかく運転台パネルのモニター装置も再現されていながら、管理人の知識不足により戸閉め動作以外は表示されないままとなっています。

最高速度は100qとしました。
なお、この小田急の準急は一応優等列車でありながら複々線区間において緩行線を走行します。
もちろん一部の駅を通過することにもなるわけですが、関西ではこのような例があるものの、関東ではめずらしいことだといえるでしょう。
それではどうぞご覧ください!

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

西武001系 Laview DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!ただいま予約受付中。Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:2020年 ブルーリボン賞 受賞記念作品 西武鉄道 001系 Laview 運転席展望 西武秩父駅 ⇒ 池袋駅 [DVD]

■発売予定日:2020/10/30

内容紹介
西武鉄道 001系 Laviewの魅力を大紹介!!

「001系Laview」は「いままでに見たことのない新しい車両」を目指し、西武鉄道の次世代のフラッグシップトレインとして2019年3月にデビューした特急車両です。
2020年6月には、1970年に受賞した初代特急車両「5000系レッドアロー」以来、 西武鉄道の車両として50年ぶり2度目となる、ブルーリボン賞を受賞しました。
今回の運転席展望は、自然に囲まれた歴史文化のまち西武秩父駅から、高層ビルが建ち並ぶ池袋駅までの移りゆく景色が楽しめる展望映像となっております。

西武鉄道株式会社商品化許諾済/ 写真協力:佐藤利生

仕様
2020年/ANRS-72308/COLOR/収録時間合計約182分/音声: 1ストリーム
/ドルビーデジタル・2chステレオ/16: 9/片面・2層/MPEG-2/無許可レンタル禁止
/リージョン2NTSC日本市場向/複製不能/日本作品

■撮影日/2020年8月13日(木) 晴れのち曇り
■車両/001系Laview (8両編成) 特急ちちぶ26号池袋行
■区間/西武秩父駅(12: 24発) ~ 池袋駅(13: 43着)
【停車駅】西武秩父(せいぶちちぶ) - 横瀬(よこぜ) - 飯能(はんのう) - 入間市(いるまし) - 所沢(ところざわ) -池袋(いけぶくろ)

◆映像特典◆ 特典1:インタビュー映像(広報部桑原様/車両部牛塚様)
特典2: 001系車両形式紹介
特典3:西武秩父駅から池袋駅までの後方展望
特典4:大きな窓からのサイドビュー
■本作はハイビジョンで撮影された映像をDVD方式に変換して記録しております。
■写真は一部イメージです。場所・時間が収録内容と異なる場合がございます。
■本作品は各鉄道会社のご協力のもとに撮影しております
■本作品の音声は走行音、車内音を一部差し替え等している場合がございます。
■再生中、乗客の話し声や物音、風切音、電気的なノイズなどのお聞き苦しい箇所がございます。
■撮影時の天候と機材の関係により、明暗バランスの乱れがある箇所がございます。
■本作品は日中の撮影を行っています。
■特典内容は予告なく変更となる場合がございます。
■本商品は片面2層ディスクです。再生中1層目から2層目への切換時に一瞬映像・音声が止まる場合がございます。
電車の進行方向によっては逆光による反射光で正面ガラスの映り込みや、虫などによる汚れ、すれ違い時の振動、水滴等により展望が見づらい場合がございますが、臨場感を損なわないよう、そのままの状態で収録しております。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
西武鉄道の次世代車両・001系Laviewの運転席展望を収めたDVD。2019年3月にデビューし、西武鉄道の車両として2度目のブルーリボン賞を受賞した001系Laview。自然に囲まれた歴史文化の街・西武秩父駅から高層ビルが建ち並ぶ池袋駅までの展望風景を収録。

内容(「Oricon」データベースより)
「いままでに見たことない新しい車両」を目指し、西武鉄道次世代フラッグシップトレインとして2019年3月にデビューした特急車両「001系Laview」。今回の運転席展望は、自然に囲まれた歴史文化まち西武秩父駅から、高層ビルが建ち並ぶ池袋駅まで移りゆく景色が楽しめる展望映像を収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

BVE京王線特急2





2017年9月に営業運転が開始された京王電鉄の2代目となる5000系ですが、管理人は今年の6月になって都営新宿線内の本八幡から瑞江までの短区間のみながら、ようやく初めて乗車する機会を得ました。
前面スタイルをはじめとした外観は個人的に京成3100形のほうが好みですが、内装の豪華さは京王5000系のほうが大幅に上回っていると思います。
いくら京成3100形がハイバックシートを採用したとはいっても、より高い背もたれやヘッドレスト、一部アームレストまで装着している京王5000系のシートに敵うわけがありません。
クロスシートの有料特急としても運行されるので当然といえるかもしれませんが、ロングシート時でも快適性がとても高く、有料特急以外で運よく乗れればかなり得した気分になれるというものでしょう。
そのほかにもすべての扉上にLCDが各2台設置されているのはもちろん、枕木方向にも設置というように車内がモニター画面だらけできわめて贅沢な印象を受けるほか、シートのアームレスト部にコンセントが設置されているあたりもサービスの良さが感じられます。
車内各所の色調を含めた意匠も管理人好みでいうことありません。

o200905-01.jpg
o200905-02.jpg
o200905-03.jpg
o200905-04.jpg

そんな京王5000系が今からおよそ1年前ぐらいにBVE5で再現されました。
従って今回はその運転動画を公開します。
実車にはまだ一度しか乗車していないので比較はできないものの、かなり忠実に再現されていそうなのは間違いありません。

路線データはBVE2のデータをコンバートした京王線で、そのうちの八王子特急となります。
この八王子特急の運転動画を公開するのは2度目で、初回は富士急行1000形、すなわち京王初代5000系で運転しました。
従って今回は世代が異なるものの同じ形式の車両で運転することになったといえるでしょう。
ただしそこで問題となるのが京王ATCとなります。
BVE5向けの京王車両はどれもこれも驚くほどリアルなものばかりですが、京王ATCが装着されているため自由にいろいろな路線で運転することができません。
かといって京王ATCが実装された路線データはほんの少ししかないので、せっかくの車両データもあまり活用する機会がないのは実にもったいないことだと思います。
そこで、BVE2からコンバートしたような路線データで運転するには、車両側のATCを外すしか方法がありません。
今回も外して運転していますので、その点あらかじめご了承ください。

最高速度は調布までが105q、それ以降が110qとしています。
初回に初代5000系で運転した際はダイヤにのれず結構遅れ気味でしたが、今回は車両の性能が大幅に向上しているうえ定速機能も活用したため、遅延することなく運転できました。
それではどうぞご覧ください!

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする