当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2020年06月27日

残念ながら受賞ならず・・





第63回となる本年の鉄道友の会「ブルーリボン賞」には、2019年3月に運行を開始した「Laview(ラビュー)」としておなじみの西武鉄道001系が輝きました。
あの奇抜なデザインからしても技術面からしても、まず文句なしの受賞だったのではないかと思います。
ちなみに西武の有料特急専用車両では初代と3世代目がブルーリボン賞を受賞し、2世代目が受賞を逃したことになるわけですが、それは京成のスカイライナー向け車両3代と同じ流れだといえるでしょう。

なお、今回はわが京成3100形や新京成80000形もノミネートされ、とくに3100形のほうは荷物置場のアイデアなどなかなか頑張ったと思うので期待していたのですが、残念ながら全ノミネート16車種中3100形が13位、80000形が最下位の16位という結果に終わりました。
2019年は1位のLaviewはもとより、2位の相模鉄道12000系、3位の東京地下鉄2000系といった強敵が多くデビューした年だったことも不運だったといえるかもしれません。
過去には京成3500形も小田急9000形や京王6000系といった大手私鉄の花形といえるような車両と同年デビューだったため、「ローレル賞」の受賞争いでとても太刀打ちできなかったこともありましたが・・・
通勤型車両ではどうしても受賞できない京成ですが、先にも述べたように特急型車両では2度受賞しているので、まぁ良しとしましょう。

ちなみに本年の第60回ローレル賞についてはJR四国2700系に輝きました。
18年ぶりとなる制御付き自然振子システムの採用等が高く評価されたとのことです。


あと余談ながら京成では例年5月中にはその年度の鉄道事業設備投資計画が発表されてきましたが、今年度は6月が終わろうとしている今現在でもまだなお発表がありません。
おそらくコロナ禍の影響で何もかもが予定通りいくとは限らないので、発表もできなくなったものと思われます。
今年度は収益面でかなり厳しいものがありそうなほか、車両製造メーカーの稼働状況などの問題もあるだけに、本来であれば増備されるはずだった3100形の導入も予定通り行われるのかどうかわからなくなったといえるでしょう。
まぁ中止になれば3600形などの廃車時期が少しでも長引くことにもなるわけで、個人的にはそのほうがありがたいぐらいですが、とにかくどうなるのか気になるところです。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 京成車両関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

新京成電鉄80000形 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:新京成電鉄80000形 4K撮影作品 京成津田沼~松戸 全線往復[DVD]

■発売予定日:2020/08/21

Blu-ray Discはこちら!

■内容紹介
2019年12月に運転を開始した新京成電鉄の新型車輌・80000形。
京成グループの標準車両として京成電鉄と共同で設計され、京成3100形と兄弟車と言えます。
本作は、この新形式電車に乗車し京成津田沼からの展望映像を収録しました。
トンネルや長い橋梁がなくカーブが多い路線は、明治時代に編成された旧陸軍の鉄道連隊の演習用に敷設されたものです。
のちの改良によって現在線に付け替えた箇所、鎌ケ谷大仏〜くぬぎ山のように上下線とも高架化が完了した区間もあります。
また600ミリだった軌間も1067ミリ、1372ミリと次第に拡幅し、現在は1435ミリの標準軌となっています。
常磐線に合流し、新京成線の駅のなかで一番の乗降数を誇るターミナル駅の松戸に到着。各駅停車として京成津田沼に折り返します。
上下列車での収録によって、より沿線の地形などとのつながりが分かります。
静かな住宅街や沿線の桜、商業施設の並ぶ活気ある街など、区間ごとで様々な景色を見せてくれる路線の魅力をぜひお楽しみください。
映像特典として、くぬぎ山車両基地での80000形形式紹介を収録しました。

□撮影日 2020年4月2日 晴れ

□撮影車両
80000形80016F 6両編成
京成津田沼〜松戸 往復

□映像特典 80000形 形式紹介

【弊社4K撮影作品とは】
業務用4Kカメラを使用し、4K記録した映像をマスターとして使用、
その後ダウンコンバートしてDVDに収録しています。

■内容(「Oricon」データベースより)
2019年12月に運転を開始した新京成電鉄の車輌・80000形。京成グループの標準車両として京成電鉄と共同で設計され、京成3100形と兄弟車と言える。本作は、この80000形に乗車し京成津田沼からの展望映像を収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

20-06-12京成脱線事故





6月12日午前10時15分ごろ、京成青砥駅に進入中だった京成高砂発羽田空港行きの北総鉄道7818編成7両目7812号車の後部台車が脱輪しました。
速度がそれほど出ていなかったこともあり、負傷者がひとりも出なかったのは不幸中の幸いだったといえますが、おそらくパンタグラフが車体から外れた際、部品がホームや高架下の道路にまで飛び散ったとの話もあり、一歩間違えば大惨事になっていたことでしょう。

脱線の原因については、台車に亀裂が生じたためとみて間違いありません。(産経フォト該当記事
o200613-01.jpg
これほどパックリと割れているとは本当に驚きました。
また、パンタグラフが外れたほどなので、脱線直前にかなりの揺れと衝撃があったことは明らかでしょう。

この該当車両が履いている台車は住友金属工業製のSU型ミンデン式と呼ばれているもので、現在の京成グループでは京成3700形のほか、その京成3700形をリースした車両を含めた北総7300形、さらに同じく京成3700形を千葉ニュータウン鉄道にリースした9800形に採用され、その両数は150両近くになります。
ちなみに住友金属工業製で同類の台車を履いた車両では、SU型の前モデルともいえるS型ミンデン式を採用した東武10000系が、2016年05月18日に東上線の中板橋〜大山間でやはり台車に生じた亀裂により脱線事故を起こしました。
亀裂の発生箇所が今回の北総車両とほぼ同一であることがわかります。
o200613-02.jpg

住友金属工業といえば京成グループのみならず大半の鉄道車両の台車を大量に生産してきており、そんな中で亀裂が入った例などごくわずかなので欠陥があるとはいえないものの、亀裂による脱線が高速運転中に発生すると大事故になる可能性もあるだけに、たとえわずかでも絶対にあってはならないことだといえるでしょう。
今回のような亀裂が生じる可能性が少しでもあるとすれば、正直怖くて乗っていられません。
昭和40年代や50年代に製造された初代AE形(現在の3400形)や3500形といったより古いS型ミンデン式のほうが頑丈な造りだったのではないかとも思えるところですが、とにかく原因を早期に究明のうえ、もう二度と台車に亀裂が生じるようなことのないようにしてもらいたいものです。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 京成関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

相鉄・JR直通線 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!ただいま予約受付中。Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:相鉄・JR直通線 4K撮影作品 相模鉄道12000系 海老名~新宿 往復 [DVD]

■発売予定日:2020/06/21

内容紹介
都内を駆けるYOKOHAMA NAVYBLUE
相鉄12000系がJR線に乗り入れ新宿まで直通する

相模鉄道とJR東日本は2019年11月30日から相互直通運転を開始。海老名から相鉄本線・相鉄新横浜線を経て新駅の羽沢横浜国大へ。
その後は、東海道本線貨物支線や山手貨物線を経由して新宿へ乗り入れる。JR東日本は川越車両センター所属のE233系7000番台、相鉄は直通運転用に製造した12000系で運転されている。
海老名を特急として出発した10両編成の12000系は、相鉄本線で大和・二俣川・西谷と停車したのち新路線・相鉄新横浜線を駆け抜ける。
次の羽沢横浜国大でJRの乗務員に交代。ここからは各駅停車としてJR東海道本線の貨物支線へ入る。京急の生麦駅近くでトンネルから出ると東海道本線などと並走。
鶴見の先で東海道本線から分かれ、新鶴見信号場から大崎手前までは品鶴線を経由し、東海道新幹線を眺めながら進む。
蛇窪信号場から大崎支線を通り、大崎からは山手貨物線を走り新宿まで乗り入れる。新宿からはそのまま海老名行き各駅停車として折り返す。
羽沢横浜国大からは、特急となり海老名まで直通する。映像特典は、かしわ台車両センターでの12000系形式紹介を収録。

■撮影日 2020年3月18日 晴れ

■撮影車両 [往路]海老名~新宿
特急3144レ→各停144M
[復路]新宿~海老名
各停141M→特急3141レ

■映像特典 相鉄12000系 12102F

■許諾 相模鉄道株式会社商品化許諾済/JR東日本商品化許諾済

※プライバシー保護・保安上の観点から映像・音声を一部修正しています。
※相模鉄道の区間は運転士の喚呼・車内音、JRの区間は車内音のみを収録しています。
※逆光時やトンネル内・列車の揺れなど一部見づらいと感じる場合があります。
※作品内のテロップは自社調べによるものです。

【4K 60P撮影 4KマスターよりDVD化】

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
2019年11月30日にJRへの乗り入れを開始した相模鉄道より、直通列車用に製造された12000系を4K撮影。海老名を出た列車は相鉄本線、相鉄新横浜線を経由して、新駅・羽沢横浜国大からは東海道本線貨物支線へ。大崎からは山手貨物線を通って新宿を目指す。

内容(「Oricon」データベースより)
相模鉄道とJR東日本は2019年11月30日から直通運転を開始。海老名から相鉄本線・相鉄新横浜線を経由し、新駅の羽沢横浜国大から東海道本線貨物支線・山手貨物線を経由して武蔵小杉・大崎から新宿へ乗り入れる。相鉄・JR直通線の展望を往復で4Kカメラで収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする