当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2020年02月27日

京成3100形 Nゲージ

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

25%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:鉄道コレクション 鉄コレ 京成電鉄3100形 「成田スカイアクセス」 基本4両セット ジオラマ用品 (メーカー初回受注限定生産)

■発売予定日:2020/03/31












■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:鉄道コレクション 鉄コレ 京成電鉄3100形 「成田スカイアクセス」 増結4両セット ジオラマ用品 (メーカー初回受注限定生産)

■発売予定日:2020/03/31












商品の説明
2019年7月に落成し、9月現在、営業運転に向けて試運転を重ねています。
車体は、成田スカイアクセスの案内カラーであるオレンジを基調としたデザインとし、空港アクセスのシンボルである飛行機と沿線各所のイメージイラストをアクセントとして車体に描かれています。

トミーテックでは実車の登場前から事業者様と連携し、鉄道コレクションの設計・開発を進めて参りました。
実車の特徴を読み解き、1/150にスケールダウンしました!

別売りの動力ユニットとNゲージ走行用パーツを使用することにより、Nゲージ鉄道模型として走行させることができます。
動力ユニットは18m級A TM-06R、走行化パーツはTT-04R (グレー)を指定、パンタグラフは[0246] PT-7113-Dを推奨します。

※展示用台座は付属しません。

※鉄道模型はレールより給電するシステムです。走行、発光、点灯する場合でも電池は使用しません。本製品に電池は含まれません。
※本製品に燃料は使用しません。本製品に燃料は含まれません。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

東武野田線急行運転開始





当ブログ2019年1月28日に「東武野田線の利便性向上」と題して更新した記事で、逆井〜六実間の複線化と、船橋側でも急行が運転されることについて述べましたが、複線化のほうはすでに昨年12月15日に完成し、急行は本年3月14日のダイヤ改正から運行開始されることになりました。(当ブログ過去ログ
その急行運転についてダイヤもすでに公開されていますが、予想していたよりもはるかに便利そうだという印象です。

まず、個人的に野田線は土休日しか乗車する機会がありません。
そして当初は柏〜船橋間の急行運転がラッシュ時としか説明されていなかったので、平日のみだろうと思っていたところ、土休日も運行されることがわかりました。
それも30分ヘッドで柏発が17:12から22:11まで、船橋発が16:43から22:13までと、結構遅い時間まで運転されます。
そのうえ同区間の途中停車駅は高柳と新鎌ヶ谷の2駅のみという少なさで、これまで30分程度かかていたのが最短で19分と、最大11分も短縮されるとのことで、夜間に柏から船橋まで乗車する機会の多い管理人にとって、かなり便利になるのは間違いありません。

また、平日・土休日ともに日中時間帯は大宮〜船橋間の全線を直通する急行が運行され、春日部〜運河間が各駅停車となるのは仕方ないものの、それ以外の停車駅はやはり予想していたよりも少なく、現行で92分かかっていた全線の所要時間が最短で76分と、最大16分の短縮となります。
管理人は年に数回ながら大宮へ行く機会があるのですが、これまでは普通ばかりで大幅に時間がかかり、柏で乗換も必要な東武野田線を利用することなどとても考えられないことでした。
従って新京成や武蔵野線などを利用していたのですが、急行運転の開始後は少なくとも直通が運行される時間帯の往路については野田線利用にシフトすることになるでしょう。

個人的には東武野田線の途中駅といえば基本的に春日部・流山おおたかの森・柏・新鎌ヶ谷といった急行が停車する主要駅ぐらいしか乗降しないだけに、そういった人にとってはダイヤ改正以降、大幅に利便性が向上するといえそうです。
30分ヘッドと決して頻繁とはいえないものの、これからは急行を狙って利用するものと思われ、普通にはほとんど乗らなくなることでしょう。
とにかく、今回のダイヤ改正は「東武アーバンパークライン」という愛称に相応しい、激変ともいえるほどの進化だと感じた次第です。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 東武鉄道関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

ありがとう700系新幹線

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

7%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中。Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:ありがとう700系新幹線 [DVD]

■発売予定日:2020/03/21

内容紹介
1999年3月にデビューしたJR東海所属の700系新幹線(0番台・C編成)。
最大60編成を有して0系・100系を置き換え、東海道・山陽新幹線のスピードアップを達成しました。
走行性能はもちろんですが、乗り心地を良くする技術を導入し、騒音や消費電力も抑制。
現在の新幹線技術のベースがつくられました。2001年からはJR西日本所属の3000番台・B編成が登場し、乗車の機会が増え、JR西日本には8両編成の700系7000番台・E編成も登場。
山陽新幹線区間で『ひかりレールスター』などとして活躍。その後N700系(N700A)の導入によって数を減らし、定期『のぞみ』から撤退、次第に第一線を後輩に譲る方向となりました。
2019年12月に定期運用を終えて臨時列車だけの運用となり、2020年3月には引退するJR東海のC編成。
JR西日本のB編成も定期運用は山陽新幹線区間の『ひかり』1往復のみ。
しかし700系7000番台『レールスター』は今後も活躍をつづけ、700系をベースに製造されたドクターイエロー(T4編成・T5編成)、800系、N700系、さらには台湾高速鉄道の700T型などの700系の一族は今後も活躍を続けます。
700系のデビューから現在までの活躍と関連する貴重な映像記録をぜひお楽しみください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
1999年にデビューし、近年はその数を減らしつつあるJR東海の700系新幹線の軌跡をたどる鉄道DVD。スピードアップの達成や走行性能、乗り心地の向上など、現在の新幹線技術のベースを作った700系のこれまでの活躍と、関連する貴重映像を収める。

内容(「Oricon」データベースより)
1999年3月にデビューしたJR東海所属の700系新幹線(0番台・C編成)。最大60編成を有して0系・100系を置き換え、東海道・山陽新幹線のスピードアップを達成。走行性能はもちろん、乗り心地を良くする技術を導入し、騒音や消費電力も抑制。現在の新幹線技術のベースがつくられた。700系のデビューから現在までの活躍と関連する貴重な映像記録を収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

BVE東武伊勢崎線直急S1





今回は東武スカイツリーラインおよび日光線の押上→南栗橋までの運転動画を公開することにしました。
押上発なのでいうまでもなく東急田園都市線からやってきた運用となります。
例によってまたBVE2で提供されていたデータをコンバートした路線データで、制限速度など実際とは異なる面が結構ありますが、その制限速度が誤って実際よりも低く設定されている場合でもその速度に従っているほか、実際には速度制限がある区間なのにないところでは、管理人が把握している限り制限内の速度に抑えて走行しました。

車両はもともとBVE5向けとして提供されている東京メトロ8000系での運転となります。
ダウンロード元=vertah's warehouse
この8000系は同社の6000系や7000系の流れをくむ車両ながらより洗練されたイメージとなり、「モーツァルトのような内装」として有名な先進的で明るい車内のインテリアも含め、個人的に当時かなり好みの車両でした。
実車の制御装置は今からおよそ5年前の2015年に全車のVVVF化を完了していますが、こちらの車両データはVVVF化される前の電機子チョッパ制御(AVFチョッパ)が再現され、とてもリアルであると同時に今となっては懐かしさも感じられるチョッパ音を永遠に楽しめるのは大変ありがたい限りです。

種別は急行で、最高速度は北千住までが75q、その先は100qとしました。
また、越谷駅と東武動物公園駅では停車時間がちょっと長いのでリセットしています。

なお、これまで管理人はBVEの動画がコマ送りのような状態になるのがとても不快なので、設定の描画距離をもっとも短い400mにして運転を行っていました。
しかし昨年11月にメモリが16GBのPCに買い替えたことでコマ送りになる問題がほとんど解消されたため、それ以降は描画距離を2000m以上に設定して運転しているのですが、遠景が見えることでBVEをより楽しめるようになったのは間違いありません。
BVEの運転を滞りなく行うにはそれなりのスペックのPCが必要であることをつくづく感じされられた次第ですが、今回は描画距離を長めに設定のうえ運転した初の動画公開となりますので、その点も含めてどうぞご覧ください!

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする