当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2019年10月05日

京成2019ダイヤ改正





土曜・休日は10月26日(土)より、平日は10月28日(月)より改正される京成の新ダイヤについての公式発表が9月20日にありました。

今回の改正の目玉は、なんといってもスカイライナーがほぼ終日に渡り20分毎になることでしょう。
そのために今夏AE形1本を増備し9本体制としたわけですが、およそ40%もの増発というのは本当に凄いことだと思います。
現行ダイヤでも20分毎に運行されている時間帯はあるものの、それを除くとスカイライナーの歴史上では終日30分毎がもっとも頻度が高かったわけで、終日20分毎というのは大躍進と言えるでしょう。

さらにスカイライナーの運行時間帯も拡大され、とくに夜間下りにおいては上野発19時以降に3本増発されます。
それに伴いイブニングライナーはスカイライナーの運行が終了した後の上野発21時以降の3本を除き、すべてが成田止まりに変更となることも発表されました。


一方、個人的にちょっと意外だったのは京成本線でも結構大きな変更があることです。
京成では2006年12月10日のダイヤ改正で、日中時間帯において本線特急の佐倉以遠を各駅停車にしたうえで、それまで成田止まりだった快速をすべて佐倉止まりにするという大幅な本数削減を行いました。
しかし、佐倉以遠が20分毎の特急のみというのはちょっと本数が少なすぎるように感じられたことは確かです。
というわけで、今改正では20分毎の特急の半数を現行では朝と夕方以降にしか運行されていない快速特急に変更し、特急と快速特急の交互で20分毎の運転とすることがわかりました。
その快速特急は成田止まりとなります。

そのうえで現在はすべてが佐倉止まりとなっている20分毎の快速の半数を成田空港まで延長することも発表されました。
それにより下りの場合、佐倉止まりの快速が終着の佐倉で特急に接続する現行と変わりないパターンと、成田空港行の快速が佐倉で快速特急成田行を先行させた後に成田空港へ向かうというパターンの交互になることでしょう。(上りはその逆パターン)
従って快速特急で成田空港に向かう利用客は佐倉で快速に乗り換える必要が生じることになるわけで、本来であれば快速特急こそ成田空港行にすべきではないかという気がするのですが、成田空港付近の線路容量にあまり余裕がなく、成田空港発着時刻が現行の20分毎の特急から変わってしまうことを避けるため、佐倉〜成田間を通過することで4分ほど早くなる快速特急ではなく、特急とほぼ同じ時刻で成田空港に到着可能な快速のほうを延長運転せざるを得なかったものと思われます。
まぁ佐倉では同一ホーム上での乗り換えとなり、なおかつ待ち時間も少ないのでそれほど問題ありませんが・・・

快速が佐倉止まりと成田空港行の交互運転になるというのは、かつての都営浅草線と直通していたほうの急行を彷彿させられるところですが、とにかくそれにより日中時間帯の佐倉以遠は40分サイクルに2本から3本へと増発されると同時に、40分毎ながら快速特急の運行により成田への所要時間が2006年12月10日のダイヤ改正以前の特急と同一レベルに戻ることにもなると言えるでしょう。

なお、ダイヤ改正の詳細については公式PDFをご覧ください。(京成公式PDF


ところで、京成の新型車両3100形が成田スカイアクセス向けの3150番台として登場することが判明した際、アクセス特急の増発のためではないかと当ブログで述べたことがありました。
現在は日中40分毎に運行されているアクセス特急を20分毎にするぐらいの余裕はあるかもしれませんが、今改正でスカイライナーの増発が明らかになったことにより、今後アクセス特急が増発されるにしてもまだ当分先になるような気がします。
それならばどうして新型車両を成田スカイアクセス向けとしたのでしょうか。
その点でもまた京成はわけのわからないことをする会社だとしか思えません。
ひとつ考えられるのは、3000形3050番台を本線系統での運用に変更するのではないかということです。
そうなると来年度以降も本線仕様の3100形は登場せず、しばらく3150番台を増備し続けることになるのでしょうか。
個人的には一刻も早く本線仕様の3100形登場に期待しているのに加え、これ以上本線系統に3000形が増えるのも勘弁してほしいだけに、くれぐれもそんなことにならないよう願うばかりですが・・・


なお、9月下旬に今年度分2本目となる3151編成も搬入を終えた3100形がデビューするのは11月中ですが、10/12(土)に「3100形体験乗車ツアー」が実施されることになりました。
10月20日(日)に開催される「スカイライナーミステリーツアー」とともにまだ締め切られていないようです。
詳細は以下のページをご覧ください。(京成トラベルサービス公式
注:残念ながら「3100形体験乗車ツアー」のほうは受付終了しました。

(2019-10-08一部改訂)
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | 京成関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする