当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2019年08月28日

小田急GSE70000形 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

13%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中。Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:小田急ロマンスカーGSE 70000形 特急はこね 4K撮影作品 新宿~小田原~箱根湯本 高運転台展望[DVD]

■発売予定日:2019/10/21

内容紹介
2018年、MSE以来10年ぶりにデビューした小田急電鉄の新型ロマンスカー・70000形。 愛称のGSEは『Graceful Super Express』の略。
小田急ロマンスカーの特徴である連接構造ではなく、20m級のボギー車。2編成が在籍し、特急はこね・スーパーはこねを主体に運用されています。
見る者の目を引きつける真っ赤な車体はデザイン性にも優れ、2018 年にグッドデザイン金賞、2019年にはブルーリボン賞を受賞しています。
列車は、特急はこね23号として箱根湯本に向かいます。小田原までは小田急小田原 線を快走、通勤車をはじめ上りのロマンスカーとすれ違います。
小田原からは箱根登山鉄道に乗り入れ。線路の規格が代わり、入生田からは標準軌との三線軌条区間となります。
早川の左岸沿いに温泉地をめざして登ってゆき、ラストはさらに先の強羅をめざす標準軌の登山電車が待つ箱根湯本駅にすべり込みます。
ロマンスカー伝統の高運転台からの爽快な展望映像で、Graceful(優雅)な旅をお楽しみください。

■撮影日 2019年7月25日 天候 曇りのち晴れ
■撮影列車 特急はこね23号 0123レ
■車両 70000形 GSE

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
小田急電鉄の新型ロマンスカー70000形・GSEを4K撮影。新宿駅を出た特急はこね23号は、通勤列車や上りのロマンスカーと擦れ違いながら小田急小田原線を快走。小田原からは箱根登山鉄道に乗り入れ、箱根湯本駅を目指す。高運転台からの展望映像が爽快。

内容(「Oricon」データベースより)
2018年、MSE以来10年ぶりにデビューした小田急電鉄の新型ロマンスカー・70000形。列車は、特急はこね23号として箱根湯本に向かう。ロマンスカー伝統の高運転台からの爽快な展望映像で、Graceful(優雅)な旅を楽しめる作品。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

BVE成田・総武本線快速1





今回はBVE2の路線データをコンバートしたJR成田線→総武本線の運転動画をご覧ください。
同じ路線データの特急あやめ号の運転動画はすでに公開しましたが、今回の種別は快速となります。
ただ快速といっても通過するのは東千葉のみなので、ほとんど普通だといっても差し支えないでしょう。
運転区間は成田から千葉までで、この路線データは勾配がかなり忠実に再現されているものの、都賀から東千葉にかけての下り勾配がほとんどないのが不思議かつ残念なところです。
管理人自身がみずから設定できればいいのですが・・・

車両はやはりBVE2のデータをコンバートした115系1000番台となります。
本来であれば113系が相応しいのは当然ながら、そちらは今後他の路線で運転した動画を公開する予定なので、今回はあえて115系にしました。
職人技としか思えないほどリアルに再現されたデータで、現実の鉄道では個人的にその走行音を聞ける機会がまったくなくなってしまっただけに、BVEで永遠に楽しむことができるのはありがたい限りです。

最高速度は115系の最高運転速度である100kmとしていますが、比較的余裕のあるダイヤのため、そこまで出すのは四街道→都賀間ぐらいなものです。
長い下り勾配がある区間では、113系には装備されていない抑速ブレーキを使用していることをあらかじめご了承のうえご覧ください!

posted by SS at 23:50 | Comment(0) | BVE運転動画(JR系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

常磐線運転席展望 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

10%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中。Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:JR東日本Jヴィレッジ駅開業記念 常磐線運転席展望 E531系 いわき ⇔ 富岡 (往復)/651系 いわき ⇔ 富岡 (往復) [DVD]

■発売予定日:2019/09/21

内容紹介
2019年4月20日、平成最後に開業したJヴィレッジ駅初の展望映像!
常磐線は、東京都荒川区の日暮里駅から茨城県の水戸駅や福島県のいわき駅を経由して宮城県岩沼市の岩沼駅までを結ぶJR東日本の鉄道路線です。今回の運転席展望は福島県のいわき駅から富岡駅までの往復の展望映像をE531系とかつての常磐特急のエース651系にて異なる時間帯にて収録しました。平成最後の開業駅となった、Jヴィレッジ駅も収録しております。
JR東日本商品化許諾済

仕様
2019年/ANRS-72286/COLOR/本編約分/音声: 1ストリーム
ドルビーデジタル・2chステレオ/16: 9/片面・1層/MPEG-2/無許可レンタル禁止
リージョン2NTSC日本市場向/複製不能/日本作品

■撮影日/2019年6月1日(土)晴れ■車両/E531系(5両編成)
■区間/いわき(7時49分発) ⇒ 富岡(8時26分着)669M
■区間/富岡(8時31分発) ⇒ いわき(9時09分着) 668M
■撮影日/2019年6月1日(土)晴れ■車両/651系(4両編成)
■区間/いわき(16時13分発) ⇒ 富岡(16時54分着) 683M
■区間/富岡(17時04分発) ⇒ いわき(17時46分着) 682M
【停車駅】
いわき(いわき)-草野(くさの)-四ツ倉(よつくら)-久ノ浜(ひさのはま)-末続(すえつぎ)-広野(ひろの)-Jヴィレッジ(じぇいびぃれっじ)-木戸(きど)-竜田(たつた)-富岡(とみおか)
*Jヴィレッジは臨時駅で、最寄りのサッカー施設(Jヴィレッジ)でサッカーの試合がある日などに停車致します。

■本作品はE531系は4K撮影、651系はハイビジョンで撮影されております。
撮影された各映像をDVD方式に変換して記録しております。
■4Kは30P規格での撮影のため、車窓の一部に残像を感じることがあります。
■本作品の音声は運転室の喚呼音は収録されておりません。
車内での録音による走行音、車内放送にて収録されています。
また車内録音の状態により、走行音、車内音を一部差し替え等している場合がございます。
■再生中、乗客の話し声や物音、風切音、電気的なノイズなどのお聞き苦しい箇所がございます。
■写真は一部イメージです。場所・時間が収録内容と異なる場合がございます。
■本作品はJR東日本のご協力のもとに撮影しております。
■撮影時の天候と機材の関係により、明暗バランスの乱れがある箇所がございます。
■本作品は日中の撮影を行っています。電車の進行方向によっては逆光による反射光で正面ガラスの映り込みや、虫などによる汚れ、すれ違い時の振動、水滴等により展望が見づらい場合がございますが、臨場感を損なわないよう、そのままの状態で収録しております。ご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
JR東日本・常磐線の運転席展望を収めたDVD。福島県のいわき駅から4月20日に開業した平成最後の開業駅・Jヴィレッジ駅を経由し、富岡駅までの往復運転の展望映像を4Kカメラで撮影。E531系と651系が朝と夕方、異なる時間帯を走る映像を収録。

内容(「Oricon」データベースより)
常磐線は、東京都荒川区の日暮里駅から茨城県の水戸駅や福島県のいわき駅を経由して宮城県岩沼市の岩沼駅までを結ぶJR東日本の鉄道路線。今回の運転席展望は福島県のいわき駅から富岡駅までの往復の展望映像をE531系とかつての常磐特急のエース651系にて異なる時間帯にて収録。平成最後の開業駅となった、Jヴィレッジ駅も収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

BVE阪神本線特急1





今回は関東から離れて関西の大手私鉄のうち阪神本線の運転動画を公開することにしました。
種別は特急で、運転区間は梅田から高速神戸までとなります。
こちらはBVE2の路線データをコンバートしたものになりますが、変換による不具合等はほとんど感じられません。
とにかく素晴らしい出来でBVE2の頃から何度も運転したくなるデータでした。
阪神本線の全線を運転できるものは、おそらくこちらの路線データを除くとまだBVE5でも再現されていないのではないかと思われます。(ダウンロード元=AllEGrO

車両も路線データと同じサイトで提供されているものをコンバートしたステンレス車体の9000系で運転してみました。
三菱電機製のGTO-VVVFで、その磁励音は新京成8900形オリジナルのVVVFと似ているように思えます。
この車両データについても変換による不具合等はありません。

最高速度は106qで運転しました。
今回もまたほぼ定時運行できたことから、路線データの精度がいかに高いかを物語っているように思えます。
現在は全種別が停車する尼崎を通過することから、こちらのデータはおそらく1990年代の状況が再現されているものと思われ、その当時のなかなか勇ましい感じの発車メロディも記憶している方々にとっては懐かしく感じられることでしょう。

posted by SS at 23:50 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする