当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2018年12月28日

京成電車この1年





2018年(平成30年)も残すところあとわずかとなりました。

本年の京成を振り返ってみてもっとも印象に残っていることといえば、当ブログ10月5日付の記事でも取り上げましたが、やはりなんといっても10月5日に発生した塩害による長時間の運転見合わせでしょう。
台風などの悪天候でもめったに止まることのない京成が全線でストップするというのは余程のことといった感じがしました。
実は、京成では今から6年前の2012年より塩害対策を開始していたものの、それが6年が経った現在でもごく一部に留まっていたようです。
そのため台風の上陸が多かった今年になって一気にトラブルに発展したのでしょう。
今後は塩害への対策を急ピッチで強化していくとのことで、もう同じトラブルが起きることはないものと思われます。
東洋経済オンライン

車両面では3500形更新車から廃車が出たことや、3600形の6連化など、予測していなかった動きがありました。

あと、今年の京成では人身事故がとくに多い1年でもあったと感じるのは管理人だけでしょうか。
ちょっと調べてみたところ、2月から7月まではほぼ毎月1〜2件、9月から11月までは毎月2〜3件、12月にいたっては4件も発生しています。
鉄道人身事故データベース
管理人が鉄道を利用するのは基本的に週1のみなので、事故などの影響を受けることはめったにないのですが、にもかかわらず今年は11月と12月の2回連続で京成にて人身事故が発生した直後の現場を通りかかる羽目に合いました。
そのことからしてもいかに多いかがわかろうというものでしょう。
11月のケースでは出かける際に谷津駅の上野方にある踏切で発生したようで、国道14号線上に救急車や複数の消防車両が停まっていました。
管理人が利用する際にはすでに動いていたので、なんとか目的地に到着できたものの、ダイヤが乱れていたので少し予定が狂ってしまったものです。
12月の人身事故は夜に中山駅で発生し、管理人は帰宅時だったのですが、乗っていた電車が5分ぐらい遅れた程度だったので無事帰ることができました。
京成の場合、ケースにもよりますが人身事故発生後の運転再開も早いので助かります。
その際、中山駅のホームには多数の警察官の姿が見受けられました。
また、事故を起こした快特の先頭車両でたまたま撮影していた人がアップした動画を見てしまったのですが、前面展望ではないので死亡した方が直接映っているわけではないものの、警笛が鳴った後、人の上に乗り上げたときの結構な音と衝撃は本当に嫌なもので、それを見て以来少しトラウマになっているところです。
覚悟はしているのでしょうけれど、常に人身事故に遭遇する可能性のある運転手という職業も大変だとしか思えません。
鉄道の運転が好きな管理人ながら、もし自分が運転している立場だったらとても耐えられないのは明らかで、それを考えると絶対に人身事故が起きることのないBVEを楽しんでいる方が無難だと思えてくるというものですが・・・
なお、個人的には死にたいという気持ちもわからなくはないので、年齢にもよりますが自殺する人を強いて止めようとまでは思わないものの、管理人の好きな、そして多数の人々に迷惑をかけることになる鉄道でというのは勘弁願いたいものです。
そもそも死というものはやむを得ない場合を除きひっそりと迎えるものであり、多くの人目につくようなところは避けるべきでしょう。

というわけで、2018年は京成にとって受難の1年だったとしか思えません。
踏切が多く、ホームドア(柵)もまだわずかな駅にしか設置されていない京成では今後も人身事故の発生は避けられそうにありませんが、来年は新型通勤車両の発表という明るいニュースもあることですし、できるだけ事故やトラブル等のない年になればいいと思う次第です。

それでは今年1年、当ブログをご覧いただきありがとうございました。
来る2019年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by SS at 21:00 | Comment(0) | 京成関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

京成高砂付近の壮大な計画





管理人の祖父がかつて京成電鉄に勤務していたこと、またそれにより祖父の娘である母方の家族が、東京葛飾区の高砂車庫内にあった京成の社宅に住んでいたことはすでに何度かお話しました。
まぁその社宅に住んでいたのは管理人がまだ生まれる前の遠い昔の話なので詳しいことはよくわからないものの、今となっては亡き母が生まれ育ち、出身校があったりするところであることを考えると、当方にとっても親しみのある街であると言えます。

一方、ここ最近になって京成の上り電車に乗車し、高砂駅の手前で進行左手の車窓を眺めていると、広大な空き地が広がっていることが気になっていました。



同じ地点より5年前の2013年に撮影された画像を見てみると・・・



そう、ここにはかつて都営住宅が建ち並んでいたのです。
実はこの場所へ将来的に京成の高砂検車区を移転させる計画があることがわかりました。
京成高砂駅付近を高架化するという構想はかなり以前よりあるものの、駅の下り方では北総線および成田スカイアクセスとの分岐に加え、検車区への車両の出入りもあるため非常に複雑な配線となっており、現行の場所に検車区がある限り、かなり難しいことが考えられます。
そこで、検車区をまったく別の場所に移転させ、そのうえで高架化を行うことにしたのでしょう。
移転により現行の検車区が手狭になっていたり、施設の老朽化といった問題にも対応できることになります。
また、小田急電鉄喜多見検車区のように車庫の上部に防災公園などを設置する計画もあるとのことで、車両基地以外の機能も持たせた先進的な施設になることでしょう。
さらに現行の検車区の跡地もいろいろと有効利用できることになります。

しかし、その工事のことを考えるとかなり大変そうな気がしてなりません。
まず、本線が高架化される場合、北総線や車庫線との立体交差の関係をどうするかという問題があります。
そのうち車庫線の場合は平面交差でも構わないという気もするところで、それならばまださほど大きな工事にはならないでしょう。
また、高砂駅の下り方にある2つの踏切部分を高架にして、そこからすぐに本線を下げるのであれば、北総線との立体交差も現状のままで済みます。
ただ、高砂駅付近を高架化するのであれば、柴又街道などの渋滞解消のため、一層のこと江戸川駅まで連続立体交差化したほうがよさそうで、実際にその計画もあるようですが、そうなると京成本線と北総線がいずれも高架で立体交差しなければならず、これが結構な難工事になるように思えてなりません。
まぁ江戸川駅までの連続立体交差化は後回しとされ、高砂駅付近の高架化が先に行われる可能性が高そうですが・・・

次に、京成高砂駅では金町線のみすでに高架となっていますが、本線や北総線を高架化する場合、それが邪魔になるのは間違いありません。
本線や北総線を金町線よりも上、すなわち3階の高さにすれば問題ない感じもしますが、金町線の橋脚は単線にしては以下のように無駄に幅が広く、なおかつかなり頑丈そうな造りになっていることから、これは将来の本線系統の高架化に備えたものとみてよさそうなだけに、金町線よりも上になる可能性は低いと言えるでしょう。



そうすると逆に金町線を本線系統の上にするしかありませんが、現行のままだとかなり急勾配となるだけに、高架区間をさらに柴又側へ延長せざるを得ないような気もするところで、これもなかなか大変な工事になるかもしれません。

といったことから、実現までの道のりはまだまだ険しいような気がします。
個人的には母親達が暮らしていた高砂駅付近の光景が大きく変わってしまうことには一抹の淋しさも感じられるのですが、もっともすべてが完成するのは管理人がこの世を去ったあとになるのではないかとも思えたり・・・
しかし開かずの踏切が今後も長いこと解消されないのではかなり問題があるので、早期の実現が望まれるところでしょう。
ちなみに高砂駅付近の高架化に限っては、そのための仮線は幸いにして現行の検車区内の敷地を活用できるので、その点は容易かと思われます。
参考記事

最後に余談ながら高砂駅前にある「イトーヨーカドー高砂店」は、開業が1970年4月とかなり古く、老朽化が進んでいそうなことは明らかながら、近くに大型スーパーがないことから現在でも重宝されていると思うので閉店はないでしょうが、京成が高架化されるぐらいまでには建て替えが行われてもおかしくなさそうな気がするところです。

posted by SS at 23:50 | Comment(0) | 京成関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

JR上越線 長岡~水上 BD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

26%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:JR上越線 長岡~水上 往復 4K撮影作品【Blu-ray Disc】

■発売日:2019/01/21

内容紹介
黄金の稲穂が沿線を彩る季節、E129系電車に乗車し上越線を散策

高崎と宮内を結ぶJR東日本・上越線は、都心から日本海縦貫線に抜けるための重要な路線。
群馬・新潟の県境部分は長大な清水・新清水トンネルやループ線を有し、上下線で様相が異なり、勾配路線の歴史を色濃く残すファン必見の区間でもある。
始発は新潟県中越の中心駅・長岡。列車はひと駅、信越本線を走り、宮内で南に分岐する。信濃川から魚野川沿いの平野部は穏やかな風景。
上越新幹線や飯山線・ 只見線、北越急行の分岐・合流も見つつ、越後湯沢で20分の小休止。石打から最急勾配20‰となり、越後中里から湯檜曽まではほぼ上下線別のルート。
茂倉・北湯檜曽と旧信号場跡を通り、勾配を下るとSL復活運転の拠点・水上に到着する。水上からの折り返しは同じ編成。
20‰の勾配に始まり、湯檜曽の手前から上り線と別れて新清水トンネルへ。トンネル内にホームがある湯檜曽と土合を通り、上り線が合流すると越後中里へ。
信濃川沿いを下り、越後平野に出ると列車の終点・長岡に到着する。

■撮影日 2018年9月12日 曇りのち晴れ

■乗車列車 往路 普通1732M
復路 普通1739M

■編成 E129系(新ニツ)A4編成2両

■映像特典 走行シーン集

※プライバシー保護・保安上の観点から映像・音声を一部修正しています。
※車内音を収録し、運転士の喚呼や無線は収録していません。
※逆光時やトンネル内などの一部に見づらいと感じる場合があります。
※作品内のテロップは自社調べによるものです。


【弊社4K撮影作品とは】
業務用4Kカメラを使用し、4K記録した映像をマスターとして使用、
フルHDにダウンコンバートしてブルーレイに収録しています。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
JR東日本の上越線を4K撮影。新潟県中越の中心駅・長岡から群馬県の水上までを新鋭・E129系電車で往復。上越新幹線や飯山線、只見線、北越急行の分岐・合流、20‰の勾配、長大な清水トンネル、ループ線など、上下線で異なるルートは見どころ満載。

内容(「Oricon」データベースより)
高崎と宮内を結ぶJR東日本・上越線は、都心から日本海縦貫線に抜ける重要なルートの一角を担う路線。谷川岳の直下を抜ける群馬/新潟の県境部分は長大な清水・新清水トンネルやループ線を有し、上下線で様相が異なる。勾配路線の歴史を詰め込んだ状況となっておりファン必見の区間でもある。今回は信越本線の長岡をスタートし水上までを新鋭・E129系電車で往復。4Kカメラで記録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

BVE阪急京都線旧特1





今回は当ブログのBVE運転動画としては初となる関西地方の路線のうち、阪急京都線の動画を公開することにしました。

この阪急の路線データはBVE2で提供されていた頃からあまりのリアルさに驚かされつつよく運転していましたが、BVE5化されたことでそのリアルさにますます磨きがかかったという感じがしたものです。
すべてのBVE路線データの中でトップクラスだといっても過言ではありません。
また、実際の路線で高架化されたり新駅が開業したりといった場合すぐに対応するあたりも感心させられますが、今回は西山天王山駅がまだ開業しておらず、洛西口駅付近も高架化前という、旧データの運転動画となります。
運転区間は京都の河原町から大阪の梅田までで、今回運転の種別は特急ですが、この路線データ最大のハイライトといえば、なんといっても大山崎駅付近からの東海道新幹線との並走区間に尽きるでしょう。
超高速で走行する新幹線車両にいきなりぶち抜かれたり、すれ違ったりするシーンは本当に迫力があります。
また、大山崎駅の手前ではJR東海道本線との並走区間があり、ちょうど走行中の新快速を抜きますが、これはJR側がたまたまこの区間で阪急の最高速度である115qよりも低い速度制限があるためで、基本的には最高速度130qの新快速のほうが速いことでしょう。
ダウンロード元=すずはる's BLOG

車両は京都線特急の主力とも言える9300系で運転してみました。
管理人は実物の9300形に乗車したことはないものの、この車両データはかなり忠実に作られていることが伺えます。
また、起動加速時の「キーン」という音から、京成3000形と同じ東洋電機製のIGBT素子によるVVVFであることもすぐにわかるというものでしょう。
ダウンロード元=複巻電動機。

先にも述べたように最高速度は115qとなっており、今回もほぼ定時運行できたのではないかと思いますが、その点でもやはり優れた路線データだとつくづく思います。
桂駅から高槻市駅までの区間は、速度を出しすぎると高槻市手前の注意信号に引っ掛かり、その後遅延運転となってしまうのですが、今回の動画では高槻市にほぼ定時到着でき、その後も遅れていないことから、上手くいった運転例と言えるかもしれません。

posted by SS at 23:50 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

中央本線の車両たち DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:鉄道アーカイブシリーズ中央本線の車両たち 【甲州篇】 笹子~甲府 [DVD]

■発売日:2018/12/21

内容紹介
路線や型式ごとに、1990年代~現在に至るまで活躍した国鉄型車両を中心に、近年の
JR新型車なども一部含めながら、様々な車両たちの足跡を走行シーンでご紹介する
作品です。
今回取り上げるのは、中央本線から篠ノ井線・大糸線を7つの地域に分けて紹介します。
中央本線は、東京~名古屋を中部山岳地帯を横断するように敷設された路線です。
その中でJR東日本が管轄する東京~塩尻間と中央本線と塩尻から直通運転を
行う篠ノ井線、松本から南小谷までの大糸線です。
中央本線の5作目となる当作品は甲州篇の笹子~甲府までの紹介です。
笹子トンネルを越え、甲府盆地への勾配区間や桃源郷と言われる甲府盆地の桜や
桃の花々の中を様々な車両が行き交います。183・9系で運用されていた「あずさ」
や「かいじ」、山スカの愛称で親しまれた横須賀色を纏った豊田車両センターや地域色
を纏った松本車両センターの115系を中心に収録しています。

■撮影・構成・編集/篠崎徳孝■協力/雲波百三・広岡稔■音楽/甘茶の音楽工房
■JR東日本商品化許諾済
2018年/ANRW-82078/COLOR/本編約121分/音声:2ストリーム
(1.現地音+BGM有/2.現地音のみ)/ドルビーデジタルステレオ/
4:3スタンダード/片面・1層/MPEG-2/無許可レンタル禁止/
リージョン2NTSC日本市場向/複製不能/日本作品

<登場型式>
183・9系:松本車両センター(長ナノ)/あずさ・かいじ*豊田車両センター
/M50、M51、M52 あずさなど*大宮総合車両センター、田町車両センター/
臨時・団体あずさなど*長野総合車両センター/はまかいじ・かいじなど
115系:松本車両センター/長野色・スカ色C1編成*豊田車両センター/スカ色
・スカ色M40編成など185系:田町車両センター/はまかいじ165・9系:
パノラマエクスプレスアルプス、ホリデー快速、新潟上沼垂運転区「かいじ」
「かわぐち」ジョイフルトレイン:ゆとりなど12系・旧型客車:団体列車・
配給回送など211系:松本車両センター/長野色EF64+ホキ:初狩工臨による
初狩構内の入換作業E257系:あずさ・かいじE351系:スーパーあずさ
E353系:スーパーあずさ●かいじ30周年号、小海線(キハ110・キハE200・
旧型客車八ヶ岳号・風っこ八ヶ岳号)、
201系・189系豊田車・165系PEAに
などを収録
※一部他篇の区間も収録しています。
【おことわり】
■この作品は、一部古い映像素材を編集しているため、お見苦しい点がございます
ことをご容赦ください。また、一部車両走行音以外の雑音を消音しているため、その
箇所には音声がない場合がございます。重ねてご了承ください。
■写真は一部イメージです。場所・時間が収録内容と異なる場合がございます。
■本シリーズは各鉄道会社のご協力のもとに撮影しております。
■撮影時の天候と機材の関係により、明暗バランスの乱れがある箇所がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
1990年代から現在に至るまで活躍した様々な国鉄型車両の足跡を走行シーンで紹介するシリーズ。今回は中央本線、甲州方面の笹子駅から甲府駅までの走行風景を紹介。笹子トンネルを越え、甲府盆地の桜や桃の花の中を様々な車両が行き交う様子を収録。

内容(「Oricon」データベースより)
「中央本線の車両たち」今回は、甲州篇の笹子~甲府までの紹介。笹子トンネルを越え、甲府盆地への勾配区間や桃源郷と言われる甲府盆地の桜や桃の花々の中を様々な車両が行き交う。183・9系で運用されていた「あずさ」や「かいじ」、山スカの愛称で親しまれた横須賀色を纏った豊田車両センターや地域色を纏った松本車両センターの115系を中心に収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする