当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2018年04月30日

千葉中央駅西口ビル





京成の千葉中央駅について、東口側は2000年代初頭にビルが建て替えられ、2002年9月に「京成ホテルミラマーレ」として開業してきれいになったのに対し、西口側は新千葉〜京成千葉(現在の千葉中央)間が高架化された直後となる1967年に建てられた古いビルのままですが、このたび京成よりその「千葉中央駅西口ビル」を建て替えることが発表されました。
京成公式PDF
これは築50年以上が経過したビルが老朽化していることに加え、おそらくJR千葉の駅ビルがリニューアルオープンしたこととも無関係ではないでしょう。

ss180430-01.jpg

今年の8月に着工し、2021年秋に開業予定とされていて、現在は4階建てのビルが建て替え後は8階建てとなり、店舗やオフィス、そして7・8階にはホテルが入る予定とのことで、ホテルならばすでにミラマーレがあるわけですが、ミラマーレよりも少し安価な、京成以外の運営によるホテルが入ることになるのかもしれません。
また、「Mio(ミーオ)」内の3・6番街、すなわちフードコートやレストラン、コンビニのある部分が建て替え対象となり、すでに「ケンタッキーフライドチキン」や「サブウェイ」などが閉店しており、それ以外も7月末までにはすべて退去する模様です。



posted by SS at 21:04 | Comment(0) | 京成関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

JR久留里線展望 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

24%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:JR久留里線 木更津~上総亀山往復 [DVD]

■発売日:2018/05/24

Blu-ray Discはこちら!

内容紹介
首都圏からほど近いローカル線 JR久留里線 都心の喧騒から離れ房総の色合いを感じる

木更津と上総亀山を結ぶJR久留里線。総延長32.2kmの全線非電化路線で、キハE130系気動車が房総半島をのんびりと走る。
夏空の下、木更津を出た列車は内房線と別れ、田園風景の中を進行。小さな駅にも丹念に停車し、横田では対向列車と列車交換。
小櫃川をさかのぼるように進むと、久留里でも久留里始発の列車とすれ違う。
久留里から上総亀山までの道中は里山や田んぼに囲まれた中を走り、木更津から1時間と少しで終点の上総亀山駅に到着する。
さらに折り返し列車で木更津へ。意外に勾配が感じられる区間も走行し、久留里と横田で再び列車交換をし東京湾岸を目指す。

◆木更津 上総亀山[往路]◆
■撮影日 2017年8月10日 晴れのち曇り

■撮影列車
普通933D
←上総亀山(カメラ) 木更津→
キハE130-104+キハE130-108

◆上総亀山 木更津[復路]◆
■撮影日 2017年8月10日 曇り

■撮影列車
普通938D
←木更津(カメラ) 上総亀山→
キハE130-108+キハE130-104

※運転士の喚呼や無線は収録していません。
※映像・音声を一部修正しています。
※作品中のテロップは自社調べによるものです。 JR東日本商品化許諾済

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
木更津と上総亀山を結ぶ房総半島のローカル線・JR久留里線を4K撮影。木更津駅を出た列車は内房線と別れ、田園風景の中をのんびりと走行。横田駅で対向列車と列車交換を行い、小櫃川を遡るように進みながら上総亀山駅へ。復路は折り返し列車に乗車する。

内容(「Oricon」データベースより)
木更津と上総亀山を結ぶJR久留里線。キハE130形気動車でのんびり走る房総半島の往復前面展望映像を収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

運転動画:武蔵野線N3-1





今回は、前回までに公開したJR武蔵野線の続きで、新松戸から京葉線南船橋までの運転動画を公開します。
(ダウンロード元=柏鉄道フォーラム
これまでの区間同様、駅や構造物などの再現力の高さには驚かざるを得ません。
今回は全区間が千葉県内で、管理人にとって身近な路線でもあるので、とくにそのことがよくわかります。

そして車両ですが、この区間は103系で運転してみました。
103系といっても数多くの車両データが存在しますが、今回は路線データと同じ舞姫氏が制作されたものとなります。
クモハのためモーター音も再現されており、これもまた路線データ同様かなりリアルなので、武蔵野線に103系が走っていた頃の懐かしさを思う存分味わえることでしょう。
舞姫氏の車両データは、古いものほど実車の音に近いという印象を受けます。

この区間はダイヤに比較的余裕があるため、性能があまり良くない103系でも西船橋駅にはほぼ定時到着できました。
終着の南船橋駅には20秒ほど早着しているぐらいです。

posted by SS at 00:21 | Comment(0) | BVE運転動画(JR系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

国鉄形特急車両 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

26%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:平成の国鉄形 特急車両編 [DVD]

■発売日:2018/04/27

内容紹介
民営化から30年。その間、国鉄から引き継がれた車両は年を追うごとに淘汰された。時代は昭和から平成へと変わったが、国鉄の幻影を残す車両がわずかに残っていた。時代を越えて平成まで走り続けた国鉄形をレアな映像で構成。車両は国鉄時代の原型をとどめたものに限定。塗装も国鉄時代に準ずるものに限定。一世を風靡したブルートレイン14系客車、24系客車、特急電車のスタンダード485系、世界初の寝台特急電車583系、最後のボンネット形489系、直流区間のスタンダード183系、協調運転対応の189系、非電化区間の標準型キハ181系を収録。各地で、長年に渡り、卓越した撮影技術で撮りためた珠玉の走行映像集。永久保存版です。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
平成まで走り続けた国鉄形車両の映像集。ブルートレインの14系・24系客車、特急電車のスタンダード・485系、世界初の寝台特急電車・583系、最後のボンネット形・489系、直流区間のスタンダード・183系、協調運転対応の189系などの走行シーンを収録。

内容(「Oricon」データベースより)
民営化から30年。時代を越えて平成まで走り続けた国鉄形をレアな映像で構成。一世を風靡したブルートレイン14系客車、24系客車、特急電車のスタンダード485系、世界初の寝台特急電車583系、最後のボンネット形489系、直流区間のスタンダード183系、協調運転対応の189系、非電化区間の標準型キハ181系を収録。各地で、長年に渡り、卓越した撮影技術で撮りためた珠玉の走行映像作品。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

運転動画:武蔵野線N2-1





今回は前回公開したJR武蔵野線の続きとなる南浦和から新松戸までの運転動画をご覧ください。
(ダウンロード元=柏鉄道フォーラム
前回の区間同様、ATOS対応後の比較的新しいデータなので、2012年(平成24年)3月17日に開業した武蔵野線でもっとも新しい吉川美南駅も再現されています。
ただしその吉川美南駅開業後のデータにもかかわらず、対向列車に103系が出てくるのは矛盾点と言えるでしょう。
しかし管理人としては、せめてBVEの中では103系が永遠のものであって欲しいと思っているので、まったく問題ないどころか、むしろ嬉しいぐらいです!
おそらく制作された舞姫氏も、そんな管理人と同じ考えをお持ちなのかもしれません。

そして車両は、この区間についてはKazuma氏の制作によるVVVF化改造された205系5000番代で運転してみました。(ダウンロード元=Kazuma's BVE Website
管理人がこの車両を初めて運転した際、起動加速時から高速時まで、実物とまったく変わりないその音には心から驚愕させられたものです。
東洋IGBTで、京成3000形と酷似したタイプの音となりますが、個人的には武蔵野線を利用する機会も多いため、いかに実車と同じなのかがよくわかります。

前回の区間同様、最高速度は95qとなっており、新越谷駅あたりにはもう少し早く到着したほうがよかったような気もしますが、それでも全体的には概ね定時運行できたと言えることでしょう。

posted by SS at 23:50 | Comment(0) | BVE運転動画(JR系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする