当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2018年02月28日

JR内房線普通列車 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

26%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:JR内房線 普通列車 千葉~安房鴨川 春と夏 房総色を乗り継いで [DVD]

■発売日:2018/04/21

Blu-ray Discはこちら!

内容紹介
JR内房線は外房線・京葉線との接続駅・蘇我から発車し房総半島西側をぐるりと一周、安房鴨川で外房線と連絡する路線。
下り普通列車は千葉から蘇我まで外房線を通り直通するため、始発を千葉として出発します。
千葉からの木更津行き普通列車は夏に撮影。まず外房線を2駅走り、蘇我から内房線へ。
袖ケ浦までは京葉臨海工業地帯を右手に見て進みます。久留里線が合流すると乗り継ぎ駅の木更津に到着します。
木更津からは館山行き。これから先は菜の花が咲く春に撮影しました。
房総の豊かな自然が感じられる風景の中を走り、東京湾もチラリと目に入ります。
館山からの安房鴨川行きはラストコース。南房総の穏やかな風景の中を快適に走り、太平洋を眺めると安房鴨川へ。
既発売の『特急わかしお』とあわせると房総一周が完成します。
3列車とも車両は黄色と青の房総色編成、幕張電車センター所属の209系2100番台です。

◆撮影日
千葉~木更津:2017年8月10日 149M 天候:晴れ
木更津~館山:2017年3月30日 2125M 天候:晴れ
館山~安房鴨川:2017年3月30日 3133M 天候:晴れ

*プライバシー保護・保安上の観点から映像・音声を一部修正しています。
*車内音を収録しています。運転士の喚呼や無線は収録していません。
*逆光時や曇りの箇所、トンネル内など一部に見づらいと感じる場合があります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
房総半島の西側をぐるりと一周するJR内房線の展望映像。京葉臨海工業地帯を右手に臨む千葉から木更津間は夏に撮影し、木更津から館山、安房鴨川間は豊かな自然に彩られる春に撮影。東京湾や太平洋など、南房総の穏やかな風景を堪能できる。

内容(「Oricon」データベースより)
JR内房線は外房線・京葉線との接続駅・蘇我から発車し房総半島西側をぐるりと一周、安房鴨川で外房線と連絡する路線。千葉駅から、安房鴨川駅までの展望映像を収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

2017年度末の京成車両2





今年度末の京成車両のその後についてですが、増備車両の2本目となる3037編成が京成からの公式発表通り2月22日に営業運転を開始しました。

なお、この3037編成の導入にともない、3400形や3600形から運用離脱した編成が出たという話は今のところ見かけません。
ただ、3038編成が運用を開始する3月5日までには何かしらの動きがあることでしょう。

あと2月2日の3036編成の導入により運用を終えたとされている3700形3778編成についてですが、あれからすぐに宗吾にて北総仕様にされているとの情報が出てきました。
個人的には昨年度末に北総の9000形を引退させたことにより、京成から北総への車両リースは今後しばらくなさそうだと考えていただけに、今年度もまた3700形からリースされる車両が出でこようとはかなり意外であると同時に、京成というのはやはり何を考えているのかわからないとしか言いようがありません。
その元3778編成は北総7828編成となる模様ですが、今年度の北総では代替で廃車となる車両が出るとは考えにくく、単なる増車の可能性が高いものと思われます。
3700形が好きな管理人としては、京成で増備される3000形3本のうちの1本を7500形として直接北総に入れて、もう3700形を京成から減らすことのないようにしてもらいたかったところで、新型車両を入れるわけでもなく、ほとんど進歩のない3000形を増殖させるばかりなのが残念でなりません。
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | 京成車両関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

前面展望むさしの号 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

26%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:[前面展望]むさしの号 八王子〜大宮 往復 [DVD]

■発売日:2018/03/30

内容紹介
八王子〜大宮間を片道1時間弱で結ぶ、むさしの号の前面展望映像を往復で収録。
普段は武蔵野線を走る205系車両が、八王子〜国立間の中央線を走り、国立〜新小平〜西浦和間は短絡線(武蔵野貨物線)に入り、ショートカットで東北線を行き大宮駅に着く。
中央本線、武蔵野貨物線、武蔵野線、東北線とレアなルートで八王子〜大宮間を快走。
八王子〜国立間、西浦和〜大宮間では、途中行き交う多くの車両との出会いも楽しめる。
多くの鉄道ファン待望の前面展望作品。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
八王子駅から大宮駅までを1時間弱で結ぶむさしの号の往復前面展望を収めたDVD。通常は武蔵野線を走る205系車両が、八王子駅から国立駅間は中央線、国立駅から新小平駅と西浦和駅から大宮駅間は短絡線(武蔵野貨物線)を走る珍しいルートを楽しめる。

内容(「Oricon」データベースより)
八王子~大宮間を片道1時間弱で結ぶ、むさしの号の前面展望映像を往復で収録。普段は武蔵野線を走る205系車両が、中央本線、武蔵野貨物線、武蔵野線、東北線と、レアなルートで八王子~大宮間を快走する前面展望映像を楽しむことが出来る作品。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

2017年度末の京成車両1





京成より2017年度の増備車両について公式発表がありました。
今年度は3000形8両編成3本を導入することが決まっていますが、そのうち3036編成についてはすでに2月2日(金)より営業運転が開始されています。

また、引き続き3037編成が2月22日(木)より、3038編成が3月5日(月)より営業運転が開始される予定であることも同時に発表されました。(公式PDF

ちなみに従来の3000形の中には全般検査で前照灯がLED化されて出場した編成があるというのに、今回増備された3036編成はLED化されていないらしく、京成というのは本当に何を考えているのかよくわかりません。

なお、これらの増備により3400形や8両編成の3600形が代替廃車されることは明らかですが、今回の3036編成の導入により、そのどちらにも運用離脱した編成はないようです。
ただ、どういうわけか2月5日をもって3700形3778編成が運用を終了したという情報があるものの、こちらが今後どうされるのか今のところはまだ何もわかりません。
個人的には3400形や3600形は仕方ないとしても、3700形はもうこれ以上京成から本数を減らして欲しくありませんが・・・

2月22日に次の3037編成の営業運転が開始されると、間違いなく廃車される車両が出てくるものと思われますが、それは8連の3600形なのか、はたまた3400形から初の廃車が発生することになるのか、注目されるところです。
全般検査を受けてからそれほど年月が経っていない編成が多い3600形よりも、3400形から先に廃車されていく可能性のほうが高いかもしれません。
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | 京成車両関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする