当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2017年11月03日

運転動画:京王C特急1





管理人がますますハマっているBVEですが、今ではBVE2のデータをBVE5にコンバートして運転するようになっています。

BVE2には5ではまだ再現されていない路線データが多数あったり、優秀な車両データもかなり存在したので、変換をできるようになったことで運転の楽しみが倍増しました。

BVE5化することで前面展望の画面が大きくなるほか、速度制限区間が近づいていることを教えてくれたり、制限解除地点が明確にわかったり、正確な速度が表示されることなどにより運転しやすくなるメリットがあります。

路線データに関してはコンバートすることで不具合が起きることもありますが、思っていたよりは問題なく変換できるといった感じで、運転に支障をきたすほどの不具合はめったにありません。

また、車両データのコンバートはほぼ問題なくできています。

というわけで、今回はさっそくコンバートしてみた路線のひとつである京王線の運転動画を公開しましょう。

運転区間は新宿から八王子まで、種別は分倍河原や北野をまだ通過していた頃の特急となります。
(BVE2データのダウンロード元リンクは省略)

車両は無謀ながらもともとBVE5向けのデータである富士急行1000形(元京王初代5000系)を、無理やり20m10両編成化して運転してみました。(ダウンロード元=root5-bve ページ!

やはり最近の車両との性能差はどうしても否めず、遅れがちになっています。

最高速度は調布までが105q、調布以遠が110qで、この車両データも時間をかければ110q出ないことはないものの、今回の路線データ上では105q程度までしか出ていません。

終点である八王子駅手前の場内信号のひとつ前にある閉塞信号がBVE2では減速現示だったのが、変換により注意現示になってしまっており、八王子到着が1分近く遅れているのはこの注意現示を守っているせいもあります。

今回の京王線特急の路線データのコンバートよる不具合はそれぐらいで、あとはほぼ問題ありません。

posted by SS at 23:50 | Comment(0) | BVE運転動画(私鉄系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする