当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2017年03月29日

一畑電車3000系 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:ザ・ラストラン プレミアム 一畑電車3000系【二枚組/本編ディスク+前面展望ディスク】 [DVD]

■発売日:2017/04/28

内容紹介
1966年に南海電鉄から21000系8両を譲り受けてから約20年にわたり一畑電車で3000系として活躍してきた車両が、2017年1月22日引退を迎えた。 プレミアム版では、4両編成のラストラン、最後に残った2両1編成の営業運転終了からラストランイベント、車両内外までを収録したディスクに加え、前面展望映像を収録したディスクの二枚組で、引退を迎えた3000系を余すところなく紹介!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
1月22日に引退した一畑電車3000系のラストランを収録。南海電鉄の21000系を譲り受け、約20年にわたり活躍した3000系。「ズームカー」として親しまれた3000系のラストランやラストランイベント、車両内外の様子に加え、前面展望映像を収めた2枚組。

内容(「Oricon」データベースより)
1966年に南海電鉄から21000系8両を譲り受けてから約20年にわたり一畑電車で3000系として活躍してきた車両が、2017年1月22日引退を迎えた。4両編成のラストラン、そして最後に残った2両1編成の営業運転終了からラストランイベント、車両内外の他、前面展望映像を収録したディスクの二枚組で、引退を迎えた3000系を余すところなく紹介。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

京成2016年度廃車記録





今年度の京成では最後まで残っていた3500形未更新車、および3600形からも初めて廃車が出ることになりました。

今回はそれらについて簡単に記録しておきたいと思います。


■3500形未更新車

★3585-3588(2017-02-26廃車)

竣工:1980-05-21

製造所:東急車輌

制御方式:抵抗制御

帯色変更:1994-12-05

在籍期間:約36年9ヶ月

※以下はこの3500形未更新車の引退により京成車両全体から消滅したもの

:完全切妻の前面スタイル

:前面外周に出っ張りのある額縁スタイル

:尾灯と一体ケーシングされていない単独の丸形前照灯

:前面下部左右の赤白切替式尾灯・急行灯兼用標識灯

:前面上部中央の行先・種別一体式表示幕

:前面貫通扉の差込式種別板

:低いタイプで薄緑色に塗装された運転台メーターパネル

:側扉間の3連窓

:未更新時代の赤電両開扉と同様のドアエンジンによる開閉動作と音

3500形3588以下4連/2014-06-04/千葉中央駅/画像提供:レッドラインさん
o170324-03.jpg

3500形3585/2017-02-18/京成金町駅
o170324-01.jpg

3500形3588/2017-02-18/京成金町駅
o170324-02.jpg


■3600形

★3601-3602(2016-02-16廃車)/3606-3607(2016-02-03廃車)
※3601-3602は3668編成、3606-3607は3618編成のそれぞれ中間に組み込み

竣工:1982-06-15

製造所:東急車輌

制御方式:界磁チョッパ制御

帯色変更:1994-12-27

在籍期間:約34年8ヶ月

※3606-3607は2002年10月21日から2013年3月末にかけて帯色変更のうえ芝山鉄道へリース(帯が京成色に戻されたのは2013年12月)

3600形3602-3601/京成津田沼引き上げ線/2015-12/画像提供:レッド ラインさん
o170224-01.jpg
o170224-02.jpg

★3611-3612-3613-3616-3617-3618(2016-02-03廃車)

竣工:1984-04-19

製造所:日本車両

制御方式:界磁チョッパ制御

帯色変更:1994-11-22

在籍期間:約32年7ヶ月

※2002年10月21日から2013年3月末にかけて帯色変更のうえ芝山鉄道へリース(帯が京成色に戻されたのは2013年12月)

芝山鉄道3600形3611/2008-08-22/京成津田沼〜谷津間/画像提供:レッドラインさん
o170324-04.jpg

芝山鉄道3600形3618/2008-08-22/京成津田沼〜谷津間/画像提供:レッドラインさん
o170324-06.jpg

芝山鉄道3600形3618/2012-01/京成津田沼〜谷津間/画像提供:レッドラインさん
o170324-04.jpg


そのほか、今年度は千葉ニュータウン鉄道の9000形も引退となりました。

■千葉ニュータウン鉄道9000形(登場当初は住宅・都市整備公団2000形)

★9011-9012-9013-9014-9015-9016-9017-9018 (2016-03-20廃車)
住宅・都市整備公団2000形時代
=2102-2202-2302-2402-2502-2602-2702-2002

竣工:1983-12-07(9014-9015は1990-12-05)

製造所:日本車輌

制御方式:界磁チョッパ制御

在籍期間:約33年3ヶ月(9014-9015は約26年3ヶ月)

千葉ニュータウン鉄道9000形9011以下8連/2017-03-11/京成曳舟駅
o170324-07.jpg


以上となりますが、昭和時代からの貴重な車両が次々と姿を消してしまっていることが残念でなりません。

また、更新工事の有無という差があるので当然のことではありながら、3501よりも3601のほうが先に廃車になるというのは、以前ではとても考えられないことでした。

おそらく来年度以降も3600形が淘汰されていくことになるのでしょう。
posted by SS at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 京成車両記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

京成スカイライナー DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!!ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:AE形 京成スカイライナー 4K撮影 成田空港~京成上野 往復

■発売日:2017/06/21

Blu-ray Discはこちら!

内容紹介
高速進行! 在来線最速列車・京成スカイライナー
最高時速160キロの展望映像を4K撮影・編集で堪能
京成上野から成田空港まで最速160km/hで疾走する京成電鉄スカイライナー。
『はくたか』なき現在、新幹線以外では最速のスピードを誇る。
専用のAE形は山本寛斎氏デザインの流麗なフォルムにハイスペックの性能を持たせた車両。
運転開始当初からの伝統ある形式を受け継ぐ二代目車両だ。今回は4Kカメラで往復収録した高画質映像をお届けする。

内容(「Oricon」データベースより)
京成上野から成田空港まで最速160km/hで疾走する京成電鉄スカイライナー。「はくたか」なき現在、新幹線以外では最速のスピードを誇る。専用のAE形は山本寛斎氏デザインの流麗なフォルムにハイスペックの性能を持たせた車両。運転開始当初からの伝統ある形式を受け継ぐ二代目車両。今回は4Kカメラで往復収録した高画質映像をお届け。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

改修中の京成3700形





当ブログでは2016年5月6日に「車内更新すらしない京成」と題した記事を更新しました。
当ブログ過去記事

その記事では触れなかったのですが、3700形については2011年度あたりより車内の改修が行われています。

しかしその内容はといえば室内灯のLED化や床の張り替え、側扉内部へのテープ貼付といったごく簡単な内容にとどまり、とても更新と言えるものではありません。

2016年11月に改修された3788編成では、以下の画像ように座席の袖仕切りを大型化し、6次車の3828編成以降と同様の車内見付となり、幾分リニューアルされた感のある綺麗な内装にはなったものの、それでもまだ物足りなさがあるというものです。

o170310-01.jpg

この程度の変更ながら、ここへきて京成が改修を行ったということは、3700形をまだまだ長く使うつもりなのでしょう。

しかし、それならばせめて初期の1次車3本について、車椅子スペースの設置ぐらいは行うべきだったと思えてなりません。

改修工事を行ったにもかかわらずなおもバリアフリー化をせず、2次車以降と同一の仕様に揃えないというのは理解に苦しみます。

また、今後も廃車まで現状のGTO素子のVVVFのまま使い続けるというのでしょうか。

機器更新するのであれば現在がちょうどいい時期、あるいはむしろ遅い感もあるのですが・・・

もっとも、京成はめったに車両の機器更新をしない会社で、試験的なものを除けば、昭和40年代に吊り掛けだった210形をカルダン化して以降はちょっと思い当たらないだけに、3700形も現状のままなのかもしれません。

ただ、それでまだまだ長く使うとなると、VVVFの寿命が気になるところですが・・・

なお、以前にも触れたことがあるように、個人的には3000形があまり好きではないのに対し、3700形は名車だと思っているので、できるだけ長生きして欲しい車両であるとともに、数を減らしてもらいたくもありませんが、3月6日に8両の3035編成が営業運転を開始したのに伴い、3738編成が運用から外され、9808編成として千葉ニュータウン鉄道へ行くための準備が行われている最中のようで、またしても3700形の本数が減ってしまうことが残念なところです。

あと、改修の話とは無関係となりますが、昨年の11月にトップの3708編成のパンタグラフがシングルアーム化されました。

レッド ラインさんに画像をお送りいただいたので、最後にそちらをご覧ください。

o170310-02.jpg
o170310-03.jpg
posted by SS at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 京成車両関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

箱根登山鉄道110号 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

今なら23%OFF!!ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:[前面展望]箱根登山鉄道 さよならモハ110号 箱根湯本⇔強羅 往復 [DVD]

■発売日:2017/04/28

内容紹介
2017年2月、引退を間近に控えた箱根登山鉄道モハ2形110号の運転室展望映像。
貴重な最終日の走行映像や引退セレモニーの様子も収録。
さらに、吊り掛け駆動音が特徴の、モハ1形103号-107号の運転室展望映像も収録。
スイッチバックを繰り返しながら、冬の箱根をゆく箱根登山鉄道の魅力をふんだんに盛り込んだ作品です。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
2月に引退した箱根登山鉄道モハ2形110号の前面展望を収めたDVD。最終日の走行映像や引退セレモニーのほか、吊り掛け駆動音が特徴のモハ1形103号から107号の運転室展望も収録。スイッチバックを繰り返し冬の箱根を登っていく箱根登山鉄道の魅力が満載。

内容(「Oricon」データベースより)
箱根登山鉄道モハ2形110号の運転室展望映像を収録したDVD。最終日の走行映像や引退セレモニーの様子に加え、モハ1形103号-107号の運転室展望映像も収録。スイッチバックを繰り返しながら、冬の箱根をゆく箱根登山鉄道の魅力をふんだんに盛り込んだ作品。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする