当ブログ内のすべての文面と画像の二次使用を禁止します。

2016年12月30日

ようやくホームドア設置へ





当ブログでは2008年よりホームドアの必要性や有効性について訴えかけてきました。
当ブログ過去記事

それから8年が経過した現在では、各鉄道事業者の間でだいぶ設置が進んできたという印象を受けます。

そして先月のことになりますが、ついに京成も2017年度を目標にホームドアを設置することが発表されました。(京成公式PDF

設置されるのは日暮里駅の3階下りホームで、そのほか同じく日暮里駅1階上りホームや京成上野駅には固定柵を設置するとのことです。

また、空港第2ビル駅や成田空港駅についても、ホームドア設置に向けて調整を進めていくとされています。

京成はホームドア設置の点でも他の事業者に比べて遅れをとっていた感がありましたが、ようやくとはいえ設置が決定されたのは良い傾向と言えるでしょう。

最近では視覚障害者が誤ってホームから転落する事故や、悪質きわまりない突き落とし事故が連続で発生しているだけに、ホームドアの重要性はますます高まってきているように感じられます。

ホームドアにまったく無関心な事業者は、乗客の安全のことなどほとんど頭にないとしか思えません。

もちろんコストといった問題があるので、ローカル線などでは設置が難しいのはわかりますが、少なくともJRや大手私鉄、地下鉄ではなるべく早く普及していくことを望みたいものです。

京成の場合は以前にも当ブログで述べたことがあるように、スカイライナーやアクセス特急が高速で通過する成田スカイアクセスの各駅にも早期にホームドアを設置すべきで、それによりスカイライナーの160km運転区間の拡大やさらなる所要時間の短縮にも大いに期待したいものですが・・・
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京成関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

東急電鉄プロファイル BD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

今なら26%OFF!!ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:東急電鉄プロファイル~東京急行電鉄全線102.9Km~【Blu-ray Disc】

■発売日:2017/02/21

内容紹介
東急の魅力満載!!
2時間15分の圧倒的ボリュームと多角的アングルで迫る

東京・渋谷に主要ターミナルを置き、東京都南西部から神奈川県へ102.9kmの路線網を広げる東京急行電鉄。
その全8路線に横浜高速鉄道を加え、沿線各地での撮り下ろし走行映像を中心に空撮・駅撮も交えて、現役車両全形式、保存車両、駅、車両基地、廃線跡などをプロファイル。
歴史や沿線スポットとともに東急の魅力を浮かび上がらせる。
映像特典には「OB車両プロファイル」を収録。

※内容は2009年発売の【VB-6121】と同じです。

内容(「Oricon」データベースより)
東京・渋谷に主要ターミナルを置き、東京都南西部から神奈川県へ102.9kmの路線網を広げる東京急行電鉄。その全8路線に横浜高速鉄道を加え、沿線各地での撮り下ろし走行映像を中心に空撮・駅撮も交えて、現役車両全形式、保存車両、駅、車両基地、廃線跡などをプロファイル。歴史や沿線スポットとともに東急の魅力を浮かび上がらせる作品。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVD書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

新京成電鉄45形





新京成旧型車両について前回取り上げたモハ39形に続き、1927年(昭和2年)8月に京成が千葉線のローカル用として新造したのが、雨宮製作所製のモハ45形45〜48号までの4両でした。

屋根がシングルとなって明り窓がなくなったり、台車がブリル製から国産の雨宮製H2型になったことなどが39形との相違点となっています。

1947年(昭和22年)に発生した高砂車庫の火災により、モハ48号が被害に遭い廃車となりました。

残りの3両のうち、モハ46号が1947年10月に、モハ45と47号が1948年10月にそれぞれ新京成に譲渡されました。

側扉の窓が4枚の小さなガラスで構成され、木枠が十字に組まれた形状をしていたため、「キリスト電車」と呼ばれていたそうです。

1953年(昭和28年)10月、京成津田沼駅へ乗り入れるに当たり改軌工事が行われた際、このモハ45形は台車が米国のブリル製に履き替えられ、乗り心地の良さは乗客に好評だったものの、走行時に窓柱が左右に揺れるなど、木造車体特有の動きはモハ39形と同様でした。

1955年(昭和30年)の松戸までの単線開業時にはモハ39形41号を含めた4両編成でラッシュ時や、彼岸時期の八柱霊園墓参等の旅客輸送にも活躍したとされています。

その後、放送装置の取り付けや側扉の自動化が行われたものの、老朽化のため全金属車体に更新されることになり、1962年(昭和37年)12月に45号とモハ39形41号を改番した46号、1963年3月に47・48号が竣工し、2両固定編成2本となりました。

これが新京成初の車体更新になったと同時に、同社から木造車両が姿を消しています。

モハ39形の記事でも触れたように、14mの小型車体であることや、最高速度が時速60kmほどしか出なかったことが災いし、昭和50年代に入るとラッシュ時のダイヤに乗り切れず予備車扱いとなってほとんど動かなくなり、1977年(昭和52年)3月に45・46号が、1978年2月に47・48号が惜しまれながら廃車となりました。

せっかく車体新造されたにもかかわらず長く活躍できなかったのは残念ながら、その後の新京成の車体更新車スタイルの先駆車として、歴史に残る車両であることは間違いないでしょう。
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新京成旧型車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

羽越本線前面展望 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

今なら18%OFF!!ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:[前面展望]羽越本線 新潟→酒田 [DVD]

■発売日:2016/12/30

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
羽越本線の前面展望を収めたDVD。新潟駅を出発した列車は、住宅街からのどかな田園地帯を抜け、村上駅を過ぎ、名勝・笹川流れの海岸沿いを北上して終点・酒田駅を目指す。絶壁や奇岩など風光明媚な展望映像を楽しめる。

内容(「Oricon」データベースより)
羽越本線「新潟→酒田」までの前面展望映像を収録した作品。終点の酒田を目指して新潟を出発した列車は、住宅街からのどかな田園地帯を抜け、村上を過ぎると、名勝「笹川流れ」の海岸沿いを北上してゆく。絶壁や奇岩を横目に、日本海縦貫線の中でも最も風光明媚な展望映像が楽しめる。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVD書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

運転動画:総武快速線2-1





今回はBVE5総武快速線の続きで、市川から千葉までの運転動画を公開します。

路線データは前回と同じく舞姫氏が制作されたものとなります。
(ダウンロード元=柏鉄道フォーラム

車両については今回はKazuma氏が制作された現行のE217系機器更新車で運転してみました。
(ダウンロード元=Kazuma's BVE Website

このKazuma氏が公開されている車両データはどれもこれも本物ソックリなので驚かされますが、今回のE217系機器更新車もかなりリアルなデータとなっています。

運転は相変わらず下手くそですが、よろしければご覧ください。

posted by SS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | BVE運転動画(JR系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする