当ブログ内のすべての文面と画像の二次使用を禁止します。

2016年10月26日

特急わかしお9号 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

今なら26%OFF!!ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:特急わかしお9号 4K撮影 東京~安房鴨川 [DVD]

■発売日:2016/12/21

Blu-ray Discはこちら!

内容紹介
東京から外房へ 房総への快適アクセス特急

京葉線・外房線経由で東京と安房鴨川を結ぶ特急わかしお。
青い空と海、白い雲、そして千葉県花の菜の花の黄色を身にまとうE257系500番台(幕張車両センター所属)が太平洋に向かって走る、気持ちよい房総特急だ。
東京駅の地下、京葉線ホームから発車した特急わかしお9号は越中島駅の先まで地下区間を進む。
地上に出ると高架に上がり、臨海地区を東へ。工業地帯や東京湾岸の運河を高架橋から眺める。
千葉県に入り蘇我から外房線に。峠を越え、大網からは太平洋にほど近い田園地帯を一直線に南下する。
海が近い割には車窓に捉えられない区間が長くもどかしいが、勝浦からはようやく海岸沿いとなる。黒潮踊る太平洋はすぐそこだ。
山地が海岸線まで迫る、外房ならではの地をトンネルと橋梁で抜けてゆくとリゾート地の入口として有名な安房鴨川駅に到着する。
4K撮影による高精細な映像も見どころ。

撮影日 2016年8月26日
天候 晴れ一時曇り
撮影列車 59M 特急わかしお9号
撮影区間 東京~安房鴨川
乗車車両 E257系500番台 NB-08編成 5両

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
京葉線、外房線経由で東京と安房鴨川を結ぶ特急「わかしお」の魅力を4K撮影。東京駅の京葉線ホームを出発した特急わかしお9号は、臨海地区を経て千葉県に入り、蘇我からは外房線へ。田園地帯や海岸沿いの風景を眺めながら、安房鴨川駅に到着する。

内容(「Oricon」データベースより)
京葉線・外房線経由で東京と安房鴨川を結ぶ特急わかしお。青い空と海、白い雲、そして千葉県花の菜の花の黄色を身にまとうE257系500番台(幕張車両センター所属)が太平洋に向かって走る、気持ちよい房総特急。4K撮影による高精細な映像も見どころ。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVD書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

京成2016ダイヤ改正





京成より本年11月19日(土)の始発から実施されるダイヤ改正についての発表がありました。

今回の改正では利用客の多い時間帯に合わせ、下りのスカイライナー1本が増発されるほか、アクセス特急も上下各1本が増発され、成田空港アクセスの利便性が高まります。

さらに、千葉線と千原線で運行されている4両編成の一部を6両編成とし、輸送力が増強されることになりました。

これによりダイヤ改正後の千葉線と千原線では6両編成が平日では90%以上、土曜・休日では95%を超え、4両編成による運行がますます残り少なくなります。

管理人が確認できる限りでは、現在夕方以降に上野から千葉線への直通列車のうち、平日の上野15:57発ちはら台行(B51)や、土曜・休日の上野20:32発ちはら台行(B55)といった運用に今なお4両編成が見られ、本線で運行されるにもかかわらず4両では区間によって混雑することが考えられますが、これらが6両化されるのは間違いないものと思われ、混雑の緩和が期待されます。

また、平日の千葉線やちはら線では日中はすべて6両編成に統一されているにもかかわらず、利用客が多い朝夕の通勤時間帯になると4両が増えるという輸送実態に合わない状況もようやく解消されることになるかもしれません。

そのほか、土曜・休日の日中に千葉線と千原線で1運用のみ4両編成で残っているB53についても、6両となる可能性が高そうに思えます。

なお、今回のダイヤ改正についての詳細は公式PDFをご覧ください。(公式PDF
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京成関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

羽越本線前面展望 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

今なら24%OFF!!通常配送無料です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:[前面展望]羽越本線 新潟→酒田 [DVD]

■発売日:2016/11/25

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
羽越本線の前面展望を収めたDVD。新潟駅を出発した列車は、住宅街からのどかな田園地帯を抜け、村上駅を過ぎ、名勝・笹川流れの海岸沿いを北上して終点・酒田駅を目指す。絶壁や奇岩など風光明媚な展望映像を楽しめる。

内容(「Oricon」データベースより)
羽越本線「新潟→酒田」までの前面展望映像を収録した作品。終点の酒田を目指して新潟を出発した列車は、住宅街からのどかな田園地帯を抜け、村上を過ぎると、名勝「笹川流れ」の海岸沿いを北上してゆく。絶壁や奇岩を横目に、日本海縦貫線の中でも最も風光明媚な展望映像が楽しめる。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVD書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

京成津田沼駅にファミマ





リニューアル工事の開始以降、すべての店舗が一斉になくなり不便だった京成津田沼駅ですが、1店舗ながらようやく9月30日に改札内へオープンしました。

コンビニの「ファミリーマート京成津田沼駅構内店」です。(公式PDF

管理人も開業翌日にさっそく入店してみましたが、駅構内にあるコンビニとしてはわりと広い印象を受けました。

なにより、以前の京成津田沼駅といえば売店「MINI SHOP」でしかなかったのに比べると、いろいろな面で飛躍的に便利になったと言えるでしょう。

ただ、昔の京成津田沼駅には多数の店舗があったことを考えると、このコンビニ1店舗だけではちょっと物足りないような気がしてなりません。

乗り換え客の多い京成の主要駅でもありますし、もっとエキナカ店舗を充実させるべきで、せめて橋上駅舎化された頃から今回のリニューアル直前まで常にあった立ち食いそば店ぐらいは欲しいものですが・・・

今後の展開に期待したいと思います。

posted by SS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京成関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする