当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2022年08月12日

京成新型車両早くも登場





京成では2019年10月に営業運転を開始した成田スカイアクセス向けの新型車両2代目3100形(3150番台)を2021年度までに6本揃えましたが、3150番台の増備終了後は本線仕様の3100形が出てくることを当然のように考えていました。

📷京成3100形3150番台(画像はWikipediaより)
Keisei-Type3100-3151

ところが8月3日に京成公式より発表された「中期経営計画D1プラン」の中に、まったく驚くべき記載があるのです。
それによれば「編成車両数が変更できる新形式車両(3200形)の導入」とのこと!!
2代目3000形をおよそ17年間に渡り326両も増備した京成なので、新たな「京成グループ標準車両」として登場させた3100形もまた長年に渡り大量に増備し続けるものだとばかり思っていただけに、驚愕の事実だとしかいいようがありません。

2023年度に3150番台をあと1本増備する可能性は高いとして、その後すぐに3200形を登場させるのか、あるいは京成仕様の3100形を数本導入してからなのかはわかりませんが、とにかく遅くとも2024年度末までには2代目3200形が出てくることになるでしょう。
個人的な趣味としては京成仕様の3100形もぜひ見てみたいところですが・・・

そしてとくに気になるのは「編成車両数が変更できる」という部分です。
管理人としては老朽化している3500形の置き換え用として4両固定や6両固定の3100形を出すか、あるいは3700形など既存の車両を改造して4・6連化するのではないかと予想していただけに、本当に意表を突かれることになりました。
やはり京成にとって3500形のように2両単位で自由に編成が組める車両というのはかなり便利で重宝していたということなのでしょう。
3500形と同様の幌を装着可能な前面貫通扉や左右対称スタイルが、かなり久しぶりに復活する可能性も高いことが考えられます。

ちなみに個人的には3100形について車両内外ともに秀逸のデザインで、今でも他社を含めた通勤型車両の中で一番だと考えており、大きな不満もとくにありません。
ただこれは乗客側にとってはあまり重要なことではないながら、やはり運転台パネルのアナログメーターや、消費電力の削減がフルSiCの新京成80000形など他社の車両と比べ見劣りすることから、そのあたりが3200形で改善されればいいかと思いますが・・・

ところで、新型コロナウイルスですが次々と変異株が出てきたりして、まったく終わりが見えてこない状況が続いています。
また仮に終息したとしても、鉄道の利用客はもうコロナ前の水準には戻らないと見ている事業者も多いことでしょう。
現に東武野田線では現行の6両から5両編成に統一することが発表されるなどの影響が出ています。

京成もここへきて編成両数が変更出来て何かと融通が利く車両の導入を決定したということは、編成両数の削減も視野に含めたものではないかと思えたり・・・
たとえば自社線内のみの運用でとくに利用の少ない時間帯の優等列車を8両から6両にしたり、普通を6両から4両にしたりということです。
新たな3200形はそのように編成を減らすにはピッタリの車両だと思えるだけに、その見方はあながち間違ってはいないかもしれません。
個人的には決して編成の削減を望んでいるわけではありませんが・・・

というわけで3200形がどのような車両になるのかとても楽しみな反面、昔から乗車してきた3400・3500・3600形の終焉がより近づいてきた気もして少なからぬ寂しさを強いられているところです。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京成車両関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月03日

最後の国鉄形電車 BD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

無料配送!!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:最後の国鉄形電車 前篇・後篇 【Blu-ray Disc】

■発売予定日:2022/08/21

■商品の説明

内容紹介
緑と黄色の電車たちと湘南色115系&最後の103系・117系
JR西日本の国鉄形電車走行映像集 前後篇を一挙収録

JR各社に継承された国鉄形電車は、新型車両に主役の座を譲り、JR西日本でもいよいよ終焉へのカウントダウンが始まった。
すでに姿を消した北陸・近畿各地での現役最後の姿。全国でも残りわずかとなる中、兵庫県の路線での活躍が続く103系。
そして新形式の導入が決まって今後の動向が注視される岡山地区各線の車両たち。
各路線・各形式のこれら一般用国鉄形電車の姿を、117系100番代・湘南色115系の形式撮影や、初めての特急運用に抜擢され再デビューを果たした117系「WEST EXPRESS銀河」を交えて、撮りおろし映像で追う。

前篇
■七尾線
415系800番代・413系・クハ455形などの交直両用電車が、2021年まで使用された。
■北陸本線・あいの風とやま鉄道線
北陸新幹線開業まで413系・クハ455形などが活躍し、後に一部が譲渡。
■舞鶴線・山陰本線
福知山電車区の113系5300番代が一部運用を担当。1編成のみが残されていた115系6500番代は2022年3月のダイヤ改正で定期運用から退いた。
■草津線
吹田総合車両所京都支所の113系5700番代・7700番代が湖西線と共通運用。ラッピング列車「SHINOBI-TRAIN 」も運転された。ラッシュ時を中心に117系も入線する。
■琵琶湖線(東海道本線)
草津−京都間は草津線直通の列車も運転され、湖西線の列車も直通。
■湖西線
線内系統の普通列車はほとんどが113系と117系で運用。2022年度が引退の節目となる。
奈良線 国鉄最後の通勤形電車205系0番代が運用される一方、103系は2022年に運用を終了。
■万葉まほろば線(桜井線)・和歌山線
105系の運用は2019年に終了。201系も2022年に撤退した。
■大和路線(関西本線)・おおさか東線
201系は大和路線で大幅に縮小。おおさか東線は2022年に撤退。
■紀勢本線
105系は2021年に撤退。一方で117系7000番代「WEST EXPRESS銀河」が入線した。

後篇
■和田岬線(山陽本線支線)
非貫通前面3枚窓の103系最後の1本、スカイブルーの6両編成で運用。
■加古川線・播但線
加古川線では103系3550番代が西脇市まで、播但線では3500番代が寺前まで運用。
■山陽本線(姫路−岡山)
115系に加えて、2016年から113系が岡山方面から三石以東にも直通を開始。
■赤穂線・宇野みなと線(宇野線)
赤穂線では播州赤穂以西で国鉄形が活躍。宇野みなと線茶屋町−宇野間は、213系が中心。7000番代「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボア)」は、各線でも活躍する。
■115系
300番代D-27編成・湘南色ボックスシート車の形式撮影と各線での走行映像。
■伯備線・山陰本線
普通列車は113系・213系も入線する中、115系4両のA編成・3両のD編成を中心に運用。北部の新見−伯耆大山間は2両のG編成が山陰本線西出雲まで直通する。
■117系
100番代E-8編成の形式撮影と快速「サンライナー」などの走行映像。2022年3月以降運用はわずかとなる一方、「WEST EXPRESS銀河」は伯備線・山陰本線を快走。
■山陽本線(岡山−福山)
伯備線直通双方向への通勤・通学のため輸送量が多い区間。
■福塩線
115系とともに、同線のために1981年に新製投入されて以来105系が活躍。
■山陽本線(福山−三原・岩国−下関)
瀬戸内海を眺望する区間を越えた三原までが岡山の国鉄形運用の西端。岩国−下関間では主に下関総合車両所の2扉車115系3000・3500番代が運用される。
■宇部線・小野田線
宇部線では主に105系が活躍し、小野田線ではクモハ123形の単行で輸送を賄う。

■ナレーター 羽川英樹
■監修 山邊誠
■構成・演出 宮地正幸
■制作・発売 株式会社動輪堂
■販売元 ビコム株式会社
■許諾 JR西日本商品化許諾済/あいの風とやま鉄道株式会社商品化許諾済

内容(「Oricon」データベースより)
国鉄からJR各社に移行して30有余年。国鉄から引き継がれた車両たちが徐々にその数を減らし、全てが姿を消す日もそう遠い将来の話ではなくなった。各地で最後の活躍を続ける国鉄形の一般形車両の姿を走行映像中心に、JR西日本の東西エリアの路線の車両たちを収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月29日

BVE新京成線2





今回は新京成電鉄の松戸から京成津田沼全線の運転動画をご覧ください。
同線の運転動画を公開するのは2回目で、前回は2019年12月14日に800形8連で運転した動画でした。
今回は京成2代目3000形3022編成6連をN800形のつもりで運転したものとなります。
BVE2ではN800形の車両データがあったものの、BVE5では再現されていないと思うので京成3000形で運転してみたのですが、ほぼ同じ車両なのでとくに問題はないでしょう。(画像はWikipediaより)

📷京成2代目3000形
Keisei3020F

📷新京成N800形
Shin-Keisei N800 series N818F 20190123

最高速度は85qとしました。
途中どうしても到着が遅れてしまう駅もありますが、だいたい定時運行できたのではないかと思います。

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新京成関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月21日

JR鶴見線 205系 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

無料配送!!ただいま予約受付中!Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:205系 JR鶴見線 全線往復 4K60P撮影作品 本線・海芝浦支線・大川支線[DVD]

■発売予定日:2022/08/21

■商品の説明

内容紹介
JR鶴見線は本線と海芝浦支線・大川支線からなる京浜工業地帯へ向かう路線。
平均駅間が1km以下でJRグループの路線の中で最も短く、都心の路線だが工業地帯を走っているため車窓からは 非日常の風景が広がる。
鶴見駅を出発するとすぐに路線中央に旧本山駅のホームの遺構が見え、1930年に開業した当時の面影が残る国道駅を過ぎ鶴見川を渡る。
列車は工業地帯を抜けながら扇町駅へと進む。
本線の浅野駅で海芝浦支線へ分岐し、東芝の工場と直結した海芝浦駅に向かう。
この駅は工場関係者だけしか改札から出ることができず、一般客は出られないため特異な駅として有名である。
駅ホームは京浜運河に面し、鶴見つばさ橋や横浜ベイブリッジなどが遠くに見渡せ、海風が気持ちよく、観光で訪れる人も多い。
大川支線は武蔵白石駅で分岐し、木造の大川駅に到着。日中は運行されず、本数も少ないが朝夕は多くの通勤客が利用する。
都心の近くにありながら、特色豊かな駅が多いJR鶴見線のノスタルジックな旅を満喫できる。

■撮影日:2022年5月18日 晴れ

■撮影車両:205系

■編成
・本線 ←鶴見クモハ204-1101+モハ205-26+クハ205-1101扇町→
・海芝浦支線 ←鶴見クモハ204-1105+モハ205-38+クハ205-1105海芝浦→
・大川支線 ←鶴見クモハ204-1101+モハ205-26+クハ205-1101大川→

内容(「Oricon」データベースより)
JR鶴見線は本線と海芝浦支線・大川支線からなる京浜工業地帯へ向かう路線。平均駅間が1km以下でJRグループの路線の中で最も短く、工業地帯を走っているため車窓からは非日常の風景が広がる。都心の近くにありながら、特色豊かな駅が多いJR鶴見線のノスタルジックな旅を満喫できる

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月15日

BVE2総武快速線快速2





以前、山手線向けE235系の車両データを無理やり15連化のうえ総武快速線で運転した動画を公開しましたが、今年の初めにE235系1000番台の車両データが公開されたので、今回はそちらを運転した動画を公開することにしました。
初めて運転したときからそのリアルな再現ぶりには思わずビックリ!!
E235独特のちょっと変わった音もよく再現されていると思います。(画像はWikipediaより)
Series-E235-1000 J10

運転した路線はもちろん総武快速線ですが、今回はBVE2のデータをコンバートした上り快速で千葉から東京まで運転してみました。
前回同じデータの同区間の運転動画を公開したときは実際の路線ではあり得ないE233系での運転でしたが、今回のE235よりも若干性能が上だったような気がします。
かといってE235の性能が悪いというわけではないものの、とくに船橋→錦糸町の区間では120qの最高速度を定速装置でなるべくキープのうえ走行しても、ダイヤがキツめに感じられました。

E235系の性能をフルに発揮したといえる運転動画をぜひお楽しみください!

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | JR系運転動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月06日

西武2000系2007F DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

無料配送!!ただいま予約受付中!Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:西武鉄道2000系 さよなら2007F 4K60P撮影作品[DVD]

■発売予定日:2022/07/21

■商品の説明
内容紹介
ありがとう2007F 最後の勇姿

1977~1979年の間にデビューした初期の2000系(旧2000系)のうち、最後の8両編成として新宿線を中心に運行していた2007編成が2022年4月で引退することとなった。
今作は、引退間近の2000系2007Fに乗車。西武新宿〜本川越までの前面展望を撮影。
「新2000系」を始めバラエティ豊かな車両たちとすれ違いながら、のんびりと各駅停車の旅を楽しむ。
さらに、2007Fのラストランとなる廃車回送の前面展望も収録。
南入曽車両基地から新宿線、池袋線、西武秩父線を通り横瀬車両基地まで、2007F最後の力走を記録。
ホームや沿線には別れを惜しむ多くのファンが訪れ、さらに西武鉄道の乗務員も手を振り2007Fの最後の花道を飾った。
また、映像特典には2000系2007Fの車両紹介の他、運転席上部から運転士の手元を撮影した、運転操作風景や、2007Fのラストランに伴って行われた「さよなら2007F! ラストラン乗車ツアーto横瀬車両基地」のイベントの様子も収録。
別れを惜しむファンたちと車両の最後のひと時の様子を収めました。
「旧2000系」最後の8両編成、2007Fの勇姿を収めた永久保存版!

営業運転【85分】
■撮影日 2022年4月21日 曇り

■撮影列車 各停 5633列車 西武新宿〜本川越
←西武新宿・飯能 2007+2107+2108+2307+2308+2207+2208+2008 横瀬・本川越→

ラストラン【120分】
■撮影日 2022年4月26日 曇りのち一時雨

■撮影列車 回送9970列車→臨時986列車→臨時987列車
南入曽車両基地〜新所沢〜所沢〜横瀬〜横瀬車両基地
←西武新宿・飯能 2007+2107+2108+2307+2308+2207+2208+2008 横瀬・本川越→

■映像特典
1.車両紹介[8分]
2.運転操作 西武新宿〜沼袋[14分]
3.「さよなら2007F! ラストラン乗車ツアーto横瀬車両基地」イベント風景[11分]

■許諾 西武鉄道株式会社商品化許諾済

※プライバシー保護・保安上の観点から映像・音声を一部修正しています。
※運転士の喚呼・車内音を収録しています。
※作品内のテロップは自社調べによるものです。

内容(「Oricon」データベースより)
1977~1979年の間にデビューした初期の2000系車両(旧2000系)のうち、最後の8両編成として新宿線を中心に運行している2007編成が2022年4月で引退。本作は引退間近の2000系2007編成に乗車。西武新宿~本川越までの前面展望を撮影。ラストランに伴って行われたツアーイベントの様子も収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月01日

BVE仙石線マンガ快速1





今回はBVE2の路線データをコンバートしたJR仙石線の運転動画を初めて公開することにしました。
今回運転したのは「マンガッタンライナー号」で、案内放送が石ノ森章太郎氏による「がんばれ!!ロボコン」の主人公ロボコンの声という非常にユニークな列車です。
種別と行先は快速石巻行ですが、この路線データは本塩釜までしか再現されておりません。
途中停車駅は仙台と多賀城の2駅のみとなっています。

車両は205系3100番台で運転してみました。
そもそもマンガッタンライナー号としての運行は205系以外あり得ないことでしょう。
Series205-3100-M8
首都圏などの205系と大きく異なるのは運転台のマスコンがワンハンドル化されていることや、ドアエンジンの変更によりドアの開閉音が異なる点などで、一味違った感覚を楽しむことができます。

最高速度はあまりスピードを出しすぎると早着してしまうため、90q程度としました。
今回も概ね定時運行できたのではないかと思います。

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | JR系運転動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月22日

E131系運転席展望 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

無料配送!!ただいま予約受付中!Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:E131系 内房線・外房線直通運転席展望 [DVD]

■発売予定日:2022/07/21

■商品の説明
内容紹介

房総半島の内房線・外房線を南回りするロングラン列車の展望映像を4Kカメラで撮影。
今回の運転席展望は、2021年3月のダイヤ改正から誕生した路線です。
内房線の木更津駅を出発、安房鴨川駅を経由して、外房線の上総一ノ宮駅までの直通運転を行う新型車両、E131系電車での普通列車の展望映像を4Kカメラにて撮影しました。

JR東日本商品化許諾済

2022年/ANRS-72348/COLOR/本編約200分/音声:1ストリーム
ドルビーデジタル・2chステレオ/16:9/片面・2層/MPEG-2/無許可レンタル禁止
リージョン2NTSC日本市場向/複製不能/日本作品

■撮影日/2021年8月27日(金) 晴れ
■車両/E131系(2両編成)
■区間/木更津(12時18分発) ⇒ 上総一ノ宮(15時37分着)
■列車番号/3139M~3238M
【停車駅】
木更津(きさらづ) - 君津(きみつ) - 青堀(あおほり) - 大貫(おおぬき) - 佐貫町(さぬきまち) - 上総湊(かずさみなと) - 竹岡(たけおか) - 浜金谷(はまかなや) - 保田(ほた) - 安房勝山(あわかつやま) - 岩井(いわい) - 富浦(とみうら) - 那古船形(なこふなかた) - 館山(たてやま) - 九重(ここのえ) - 千倉(ちくら) - 千歳(ちとせ) - 南三原(みなみはら) - 和田浦(わだうら) - 江見(えみ) - 太海(ふとみ) - 安房鴨川(あわかもがわ) - 安房天津(あわあまつ) - 安房小湊(あわこみなと) - 行川アイランド(なめがわあいらんど) - 上総興津(かずさおきつ) - 鵜原(うばら) - 勝浦(かつうら) - 御宿(おんじゅく) - 浪花(なみはな) - 大原(おおはら) - 三門(みかど) - 長者町(ちょうじゃまち) - 太東(たいとう) - 東浪見(とらみ) - 上総一ノ宮(かずさいちのみや)
■本作は4Kカメラで撮影された映像をDVD方式に変換して記録しております。
■4Kは30P規格での撮影のため、車窓の一部に残像を感じることがあります。
■写真は一部イメージです。場所・時間が収録内容と異なる場合がございます。
■本作品はJR東日本のご協力のもとに撮影しております。
■本作品の音声は運転室の喚呼音は収録されておりません。車内での録音による走行音、車内放送にて収録されています。また車内録音の状態により、走行音、車内音を一部差し替え等している場合がございます。
■再生中、乗客の話し声や物音、風切音、電気的なノイズなどのお聞き苦しい箇所がございます。
■撮影時の天候と機材の関係により、明暗バランスの乱れがある箇所がございます。
■本作品は日中の撮影を行っています。電車の進行方向によっては逆光による反射光で正面ガラスの映り込みや、虫などによる汚れ、すれ違い時の振動、水滴等により展望が見づらい場合がございますが、臨場感を損なわないよう、そのままの状態で収録しております。ご了承ください。
■本商品は片面2層ディスクです。再生中1層目から2層目への切換時に一瞬映像・音声が止まる場合がございます。予めご了承ください。

内容(「Oricon」データベースより)
本作では、内房線の木更津駅を出発、安房鴨川駅を経由して外房線の上総一ノ宮駅までの直通運転を行う新型車両、E131系電車での普通列車の展望映像を4Kカメラにて撮影。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月17日

BVE阪急神戸本線N特1





今回は阪急神戸本線のK1600A特急で新開地から大阪梅田までの運転動画を公開することにしました。
同じ阪急神戸本線の特急はすでに当ブログで2020年5月30日に運転動画を公開しましたが、今回は2021年3月30日にアップデートされた新しいデータとなります。
こちらの阪急各線の路線データはもともとかなりリアルでしたが、アップデートされたことでより磨きがかかり、この神戸本線ではとくに六甲山脈の再現が見事なものとなりました。

一方、今回運転した車両は京都本線ですでに運転したことのある9300系とほぼ同じ車両といえる9000系としました。(画像はWikipediaより)
Hankyu-Series9000-9100
大きな違いは9300系がセミクロスシートなのに対し、9000系はオールロングシートとなっていることです。
この車両データもまたあまりのリアルさに驚かざるを得ません。

阪急神戸本線は阪神間を結ぶ鉄道の中でもっとも山側に位置する路線のため起伏が激しく、夙川あたりまでは急勾配とカーブが続くことにより最高速度は110qとなっていますが、西宮北口から神崎川までは比較的平坦な直線が続くため115qまで出すことができます。
夙川の手前で信号現示により速度が制限されるため遅延しはじめ、結局は終着の大阪梅田まで回復できず、15秒ほど遅れての到着となってしまいました。
しかしそれ以外は問題なく運転できたのではないかと思います。

posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の運転動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月08日

小田急50000形VSE DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

無料配送!!ただいま予約受付中!Blu-ray盤も選択可能です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:ありがとう小田急ロマンスカー50000形VSE [DVD]

■発売予定日:2022/07/21

■商品の説明
内容紹介
世代を超え語り継がれる小田急電鉄の特急「ロマンスカー」。
2022年3月、50000形・VSEが通常ダイヤでの定期運用を離脱した。
「白いロマンスカー」として小田急のフラッグシップ車両となったVSE。
本作は、VSEの製造風景や貴重な甲種輸送、デビュー当時の映像を収録。
構体や台車などの製造、小田急9000系によるVSEの牽引、営業運転に向けた検査やデータ測定など、登場以前の貴重な映像で振り返る。
加えて、VSEの車両形式・運転席からの展望映像も紹介。
ロマンスカーの伝統を受け継いだ展望席や連接台車、名前の由来となったドーム型の天井(=Vault)の車内、運転席から眺める小田急線・箱根登山線の景色など、人気車両として活躍するVSEを収録。
定期引退間近では、車体に感謝のことばが刻まれた装飾が施された。
2005年の就役からおよそ17年。3000形・SEから数え7代目となるロマンスカーとして、人々の心に深く刻まれたVSEの魅力に迫る。
本作は、「DR-4835:小田急新型ロマンスカーVSE 密着! 小田急50000形VSE誕生の記録」、「VB-6710・DW-4789:小田急ロマンスカーVSE&江ノ島線」、「VB-6220・DW-4861:小田急 ロマンスカーの軌跡」の映像をもとに再編集したものです。

内容(「Oricon」データベースより)
世代を超え語り継がれる小田急電鉄の特急「ロマンスカー」。2022年3月、50000形・VSEが通常ダイヤでの定期運用を離脱した。「白いロマンスカー」として小田急のフラッグシップ車両となったVSEの製造風景や貴重な甲種輸送、デビュー当時の映像を収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映像書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする