当ブログ内のすべての文面と画像の二次使用を禁止します。

2017年03月24日

2016年度京成廃車記録





今年度の京成では最後まで残っていた3500形未更新車、および3600形からも初めて廃車が出ることになりました。

今回はそれらについて簡単に記録しておきたいと思います。


■3500形未更新車

★3585-3588(2017-02-26廃車)

竣工:1980-05-21

製造所:東急車輌

制御方式:抵抗制御

帯色変更:1994-12-05

在籍期間:約36年9ヶ月

※以下はこの3500形未更新車の引退により京成車両全体から消滅したもの

:完全切妻の前面スタイル

:前面外周に出っ張りのある額縁スタイル

:尾灯と一体ケーシングされていない単独の丸形前照灯

:前面下部左右の赤白切替式尾灯・急行灯兼用標識灯

:前面上部中央の行先・種別一体式表示幕

:前面貫通扉の差込式種別板

:低いタイプで薄緑色に塗装された運転台メーターパネル

:側扉間の3連窓

:未更新時代の赤電両開扉と同様のドアエンジンによる開閉動作と音

3500形3588以下4連/2014-06-04/千葉中央駅/画像提供:レッドラインさん
o170324-03.jpg

3500形3585/2017-02-18/京成金町駅
o170324-01.jpg

3500形3588/2017-02-18/京成金町駅
o170324-02.jpg


■3600形

★3601-3602(2016-02-16廃車)/3606-3607(2016-02-03廃車)
※3601-3602は3668編成、3606-3607は3618編成のそれぞれ中間に組み込み

竣工:1982-06-15

製造所:東急車輌

制御方式:界磁チョッパ制御

帯色変更:1994-12-27

在籍期間:約34年8ヶ月

※3606-3607は2002年10月21日から2013年3月末にかけて帯色変更のうえ芝山鉄道へリース(帯が京成色に戻されたのは2013年12月)

3600形3602-3601/京成津田沼引き上げ線/2015-12/画像提供:レッド ラインさん
o170224-01.jpg
o170224-02.jpg

★3611-3612-3613-3616-3617-3618(2016-02-03廃車)

竣工:1984-04-19

製造所:日本車両

制御方式:界磁チョッパ制御

帯色変更:1994-11-22

在籍期間:約32年7ヶ月

※2002年10月21日から2013年3月末にかけて帯色変更のうえ芝山鉄道へリース(帯が京成色に戻されたのは2013年12月)

芝山鉄道3600形3611/2008-08-22/京成津田沼〜谷津間/画像提供:レッドラインさん
o170324-04.jpg

芝山鉄道3600形3618/2008-08-22/京成津田沼〜谷津間/画像提供:レッドラインさん
o170324-06.jpg

芝山鉄道3600形3618/2012-01/京成津田沼〜谷津間/画像提供:レッドラインさん
o170324-04.jpg


そのほか、今年度は千葉ニュータウン鉄道の9000形も引退となりました。

■千葉ニュータウン鉄道9000形(登場当初は住宅・都市整備公団2000形)

★9011-9012-9013-9014-9015-9016-9017-9018 (2016-03-20廃車)
住宅・都市整備公団2000形時代
=2102-2202-2302-2402-2502-2602-2702-2002

竣工:1983-12-07(9014-9015は1990-12-05)

製造所:日本車輌

制御方式:界磁チョッパ制御

在籍期間:約33年3ヶ月(9014-9015は約26年3ヶ月)

千葉ニュータウン鉄道9000形9011以下8連/2017-03-11/京成曳舟駅
o170324-07.jpg


以上となりますが、昭和時代からの貴重な車両が次々と姿を消してしまっていることが残念でなりません。

また、更新工事の有無という差があるので当然のことではありながら、3501よりも3601のほうが先に廃車になるというのは、以前ではとても考えられないことでした。

おそらく来年度以降も3600形が淘汰されていくことになるのでしょう。
posted by SS at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 京成車両記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

京成スカイライナー DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!!ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:AE形 京成スカイライナー 4K撮影 成田空港~京成上野 往復

■発売日:2017/06/21

Blu-ray Discはこちら!

内容紹介
高速進行! 在来線最速列車・京成スカイライナー
最高時速160キロの展望映像を4K撮影・編集で堪能
京成上野から成田空港まで最速160km/hで疾走する京成電鉄スカイライナー。
『はくたか』なき現在、新幹線以外では最速のスピードを誇る。
専用のAE形は山本寛斎氏デザインの流麗なフォルムにハイスペックの性能を持たせた車両。
運転開始当初からの伝統ある形式を受け継ぐ二代目車両だ。今回は4Kカメラで往復収録した高画質映像をお届けする。

内容(「Oricon」データベースより)
京成上野から成田空港まで最速160km/hで疾走する京成電鉄スカイライナー。「はくたか」なき現在、新幹線以外では最速のスピードを誇る。専用のAE形は山本寛斎氏デザインの流麗なフォルムにハイスペックの性能を持たせた車両。運転開始当初からの伝統ある形式を受け継ぐ二代目車両。今回は4Kカメラで往復収録した高画質映像をお届け。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVD書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

改修中の京成3700形





当ブログでは2016年5月6日に「車内更新すらしない京成」と題した記事を更新しました。
当ブログ過去記事

その記事では触れなかったのですが、3700形については2011年度あたりより車内の改修が行われています。

しかしその内容はといえば室内灯のLED化や床の張り替え、側扉内部へのテープ貼付といったごく簡単な内容にとどまり、とても更新と言えるものではありません。

2016年11月に改修された3788編成では、以下の画像ように座席の袖仕切りを大型化し、6次車の3828編成以降と同様の車内見付となり、幾分リニューアルされた感のある綺麗な内装にはなったものの、それでもまだ物足りなさがあるというものです。

o170310-01.jpg

この程度の変更ながら、ここへきて京成が改修を行ったということは、3700形をまだまだ長く使うつもりなのでしょう。

しかし、それならばせめて初期の1次車3本について、車椅子スペースの設置ぐらいは行うべきだったと思えてなりません。

改修工事を行ったにもかかわらずなおもバリアフリー化をせず、2次車以降と同一の仕様に揃えないというのは理解に苦しみます。

また、今後も廃車まで現状のGTO素子のVVVFのまま使い続けるというのでしょうか。

機器更新するのであれば現在がちょうどいい時期、あるいはむしろ遅い感もあるのですが・・・

もっとも、京成はめったに車両の機器更新をしない会社で、試験的なものを除けば、昭和40年代に吊り掛けだった210形をカルダン化して以降はちょっと思い当たらないだけに、3700形も現状のままなのかもしれません。

ただ、それでまだまだ長く使うとなると、VVVFの寿命が気になるところですが・・・

なお、以前にも触れたことがあるように、個人的には3000形があまり好きではないのに対し、3700形は名車だと思っているので、できるだけ長生きして欲しい車両であるとともに、数を減らしてもらいたくもありませんが、3月6日に8両の3035編成が営業運転を開始したのに伴い、3738編成が運用から外され、9808編成として千葉ニュータウン鉄道へ行くための準備が行われている最中のようで、またしても3700形の本数が減ってしまうことが残念なところです。

あと、改修の話とは無関係となりますが、昨年の11月にトップの3708編成のパンタグラフがシングルアーム化されました。

レッド ラインさんに画像をお送りいただいたので、最後にそちらをご覧ください。

o170310-02.jpg
o170310-03.jpg
posted by SS at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 京成車両関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

箱根登山鉄道110号 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

今なら23%OFF!!ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:[前面展望]箱根登山鉄道 さよならモハ110号 箱根湯本⇔強羅 往復 [DVD]

■発売日:2017/04/28

内容紹介
2017年2月、引退を間近に控えた箱根登山鉄道モハ2形110号の運転室展望映像。
貴重な最終日の走行映像や引退セレモニーの様子も収録。
さらに、吊り掛け駆動音が特徴の、モハ1形103号-107号の運転室展望映像も収録。
スイッチバックを繰り返しながら、冬の箱根をゆく箱根登山鉄道の魅力をふんだんに盛り込んだ作品です。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
2月に引退した箱根登山鉄道モハ2形110号の前面展望を収めたDVD。最終日の走行映像や引退セレモニーのほか、吊り掛け駆動音が特徴のモハ1形103号から107号の運転室展望も収録。スイッチバックを繰り返し冬の箱根を登っていく箱根登山鉄道の魅力が満載。

内容(「Oricon」データベースより)
箱根登山鉄道モハ2形110号の運転室展望映像を収録したDVD。最終日の走行映像や引退セレモニーの様子に加え、モハ1形103号-107号の運転室展望映像も収録。スイッチバックを繰り返しながら、冬の箱根をゆく箱根登山鉄道の魅力をふんだんに盛り込んだ作品。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVD書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

2016年度末の京成車両2





まず、前回の記事ですでに京成に入ってきていると述べた6両編成の3000形3034編成が2月16日(木)より営業運転を開始しました。(公式PDF

その一方で、ターボ君と呼ばれているVVVFの3600形3668編成が同じく2月16日朝方の運用を最後に動きが見られなくなっていましたが、23日から大方の予想通り中間の2両を抜いた4両編成となって復帰した模様です。

その2両とは1982年(昭和57年)製の1次車トップナンバー3601と3608で、先の3618編成の廃車により中間に組み込まれていた3606と3607もすでに消滅しているので、1次車は3658編成に組み込まれている3602と3603の2両を残すのみとなりました。

また、今回増備された6両の3034編成に対して、3601・3608、および2月26日をもって引退する3500形3588編成4両をプラスすると廃車数も6両と、ちょうど数が合うことにもなります。

なお、レッド ラインさんより廃車となった3601と3608の素晴らしい画像をさっそくお送りいただいたので、ご覧ください!

京成3600形3602-3601/京成津田沼引き上げ線/2015-12/画像提供:レッド ラインさん
o170224-01.jpg
o170224-02.jpg

このように、今年度の京成車両の廃車は3600形10両であることがほぼ確定し、そのことからやはり京成が3600形を真っ先に淘汰したいと考えていることがわかろうというものでしょう。

そのほか今年度は8両編成の3035編成も増備されることになっており、すでに完成して甲種輸送も行われたようですが、それにより北総9000形9018編成の引退はほぼ間違いないものと思われます。

あとは記事タイトルとは関係がなく、かなり遅い話題となりますが、2015年度末をもって全廃となったAE100形の先頭車両161が宗吾にて保存されていることを不覚ながら今年に入ってから知りました。

AE168編成の引退直後に、1両だけ解体を免れているという話は聞いていたので期待はしていたのですが、なにしろAE100形の引退は短命だったこともあり非常に残念な出来事だったので、1両だけでも無事保存されたことを知り救われた思いがした次第です。

これにより宗吾での保存車両は200形・3000形・初代AE形・そして今回のAE100形と、全部で4両となりました。

一方、昨年末あたりに3000形3003編成の上野方ユニット3003-7のVVVFインバーター制御装置が、新京成ではすでにおなじみのSiC(炭化ケイ素)を用いたものに交換され、試験が行われています。

東洋電機製のSiC-VVVFは初とのことで、どれほど音が変わったのか興味深いものがありましたが、実際に聞いてみたところ通常の3000形と思ったほどは変わらず、知らなければ気づかないレベルだと言えるでしょう。

ここへきて京成がSiC-VVVFの試験を行ったのは、まもなく登場する新形式車両に搭載するためではないかと強く期待したいものですが・・・

2017-02-26追記:やはり2月24日に北総鉄道より9000形の引退記念ツアーを開催することが公式発表されました。(北総鉄道公式
posted by SS at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京成車両関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

国鉄型車両485系 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:国鉄型車両ラストガイドDVD2 485系

■発売日:2017/03/24

内容紹介
国鉄が開発した代表的な直流・交流両用の特急電車である485系。1968年から1979年にわたって製造され、特急形交直流電車の花形として四国を除く全国で活躍してきた。仙台車両センターで撮影した車両内・外観のほか、「あいづライナー」「くびき野」「いなほ」「雷鳥」「かもしか」「にちりん」「ひゅうが」「きりしま」や「特急あいづ」「特急ひばり」などの団体臨時列車の迫力ある走行シーンを収録! ※本作品は交通新聞社刊「トラベルMOOK国鉄型車両ラストガイド05 485系」のDVD部分を商品化したものです。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
「国鉄型車両ラストガイドDVD」シリーズ第2弾。特急形交直流電車の花形として活躍した485系。仙台車両センターで撮影した車両内外のほか、あいづライナー、くびき野、いなほ、雷鳥、かもしか、特急あいづなど団体臨時列車の迫力ある走行シーンを収録。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVD書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

今年度末の京成車両の動き





年度末が近づき、今回もまた京成車両の動きがあわただしくなる季節がやってきました。

まずわかりきったことではありましたが、3500形未更新車で唯一残っていた3585-3588の4両が引退となることが1月31日に公式発表されています。(公式PDF)注:すでにツアーの申し込み受付は終了

個人的には京成が未更新車の廃車ごときでさよなら運転を行うとは考えていなかったので、かなり意外なことでした。

ちょうど1年前に行われたAE100形のさよならツアーが好評だったので、すっかり味をしめたとでもいうのでしょうか。

なんだかアイドルグループの卒業ビジネスに共通するものが感じられるところですが・・・(汗)

とにかく3500形未更新車3588編成は2月26日が運転最終日となります。

一方、2月7日より8両編成の3000形3033編成が営業運転を開始したことも公式発表されました。
公式PDF

それに伴い、3600形3618編成が廃車となった模様です。

その3618編成といえば、一時期芝山鉄道へリースされたことで印象深い編成となっていますが、3600形の中で初の除籍候補とされてしまいました。

当ブログ昨年5月20日の記事で、管理人が3500形未更新車の次に廃車候補になりそうな車両として3600形を挙げましたが、その通りになったと言えるでしょう。(当ブログ過去記事

今後は6連の3034編成もすでに京成内に入ってきているので、営業運転も間近ではないでしょうか。

さらに今年度はあともう1本、8両編成の3000形が増備されることになっています。

それにより、3700形あたりをまた北総にリースのうえ、同社の9000形が引退となる可能性が高そうなほか、京成の車両からもさらに廃車が出るのは間違いないことでしょう。

3600形VVVF車の中間にサハとして組み込まれている3601および3608が除かれるという見方が多いようで、それだと今年度の増備車両と除籍される車両数がちょうど合うことにもなりますが、果たしてどうなるでしょうか。

というわけで、廃車やリース車両がわかり次第、また当ブログで取り上げることにします。
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京成車両関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

成田線の車両たち DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

今なら26%OFF!!ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:鉄道アーカイブシリーズ 成田線の車両たち [DVD]

■発売日:2017/03/21

内容紹介
路線や型式ごとに、1 9 9 0年代~現在に至るまで活躍した国鉄型車両を中心に、近年のJ R新型車 なども一部含めながら、様々な車両たちの足跡を走行シーンで紹介する作品です 今回は『成田線』の映像を紹介します。 成田線(なりたせん)は、千葉県内の佐倉~松岸の本線と我孫子~成田の我孫子支線、成田 ~成田空港の空港支線の3路線からなる東日本旅客鉄道( J R東日本)の鉄道路線(幹線)で す。本作品では、佐倉~松岸の本線にスポットをあて、松岸側は総武本線四街道周辺から鹿 島線が分岐する香取までの区間を紹介します。優等列車では、朝の通勤や6月のあやめ祭り に合わせて臨時で運転された1 8 3系「あやめ」の走行シーンと、2 0 1 0年6月まで成田空港への アクセス特急N EXとして活躍をしていた姿の走行シーンを紹介します。また、2 0 1 1年8月まで 活躍をした1 1 3系の走行シーンなども紹介します。 ■撮影・構成・編集/篠崎徳孝■写真協力/雲波百三■音楽/甘茶の音楽工房■JR東日本商品化許諾済 2017年/ANRW-82060/COLOR/本編約80分/音声:2ストリーム(1.現地音+BGM有/2.現地音のみ)/ドル ビーデジタルステレオ/4:3スタンダード/片面・1層/MPEG-2/無許可レンタル禁止/リージョン2NTSC日本市 場向/複製不能/日本作品 成田線の佐倉~松岸間の本線を走行する1 8 3系、1 1 3系、2 5 3系の映像を中心に収録 <登場型式>1 8 3系、1 1 3系、2 5 3系 ●1 8 3系:朝夕に定期で運用されていた「あやめ」と6月に潮来や佐原で行われるあやめ祭りに合わせて運 転された日中の「あやめ祭り」の様子を収録●1 1 3系: 2 0 1 1年8月に姿を消したスカ色の1 1 3系ローカル運用 を6両編成や4両編成、8両編成といった編成ごとに収録●2 5 3系: 2 0 1 0年6月に姿を消したN EXでの活躍の 様子を収録 【おことわり】 ■この作品は、一部古い映像素材を編集しているため、お見苦しい点がございますことをご容赦ください。 また、一部車両走行音以外の雑音を消音しているため、その箇所には音声がない場合がございます。重ね てご了承ください。■写真は一部イメージです。場所・時間が収録内容と異なる場合がございます。■本シ リーズは各鉄道会社のご協力のもとに撮影しております。■撮影時の天候と機材の関係により、明暗バラ ンスの乱れがある箇所がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
1990年代から現在に至るまで活躍した様々な国鉄型車両の足跡を走行シーンで紹介するシリーズ。今回は、3路線からなるJR東日本の成田線のうち、千葉県内の佐倉から松岸までを結ぶ本線を収録。183系「あやめ」や113系、253系の走行シーンなどを紹介。

内容(「Oricon」データベースより)
路線別シリーズから、本作では『成田線』の映像を紹介。千葉県内の佐倉~松岸の本線と我孫子~成田の我孫子支線、成田~成田空港の空港支線の3路線からなる東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)。朝の通勤や6月のあやめ祭りに合わせて臨時で運転された183系「あやめ」の走行シーンと、2010年6月まで成田空港へのアクセス特急NEXとして活躍をしていた姿の走行シーンを紹介。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | BVE車両関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

変わる東京メトロ丸ノ内線





管理人は東京杉並区方南町に親戚がいるため、幼い頃から利用しているのですが、東京メトロ丸ノ内線の方南町支線は、都内にある地下鉄であるにもかかわらずローカル色豊かな路線であるといえます。

本線の中野坂上から分岐し、中野新橋、中野富士見町を経て方南町に至る短い路線で、とくに終点の方南町駅は自動改札や可動式ホーム柵が設置され近代化されたとはいえ、現在でも地上に出るのにエスカレーターやエレベーターがありません。

ホームの雰囲気も50年以上前の開業時のままといった趣で、非冷房時代の営団車両でよく見られたようなファンデリアが天井に設置されていたりと、まるで昭和時代にタイムスリップしたような気分に浸ることのできる空間となっています。

ところで、この方南町支線では方南町駅のみが6両編成の停車に対応していないため、基本的には3両編成の分岐線専用車両により中野坂上と方南町の間で折り返し運転されていますが、朝夕には中野検車区の最寄り駅である中野富士見町駅始発・終着の6両編成による本線直通列車が運行されているんだそうです。

しかし、近い将来方南町駅のホームを延伸し、6両編成が停車できるようにして、なおかつ現在新宿止まりとなっている列車を方南町まで延長運転し、終日に渡り方南町支線と本線の直通列車が運行されるとのことで、それが実現すると新宿や東京方面へ乗換無しで行けて便利になることでしょう。

また、同時に方南町駅もようやくエスカレーターやエレベーターの設置といったバリアフリー化工事が行われることになっています。

それらにより、方南町支線のローカル色が若干薄まってしまうことも考えられるところですが・・・

そのほか2018年度から2022年度にかけては、現行の丸ノ内線車両02系をすべて新型車両に置き換えることも発表されており、数年後の丸ノ内線は大きく変わることになりそうです。

なお、変わることとは無関係な話となりますが、東京メトロではアルゼンチンの首都、ブエノスアイレスの地下鉄で活躍していたかつての丸ノ内線500形4両を、昨年7月に買い戻しました。

東京メトロが昔の車両を里帰りさせた例としては、すでに長野電鉄で活躍していた元営団日比谷線3000系2両がありますが、海外に譲渡されていた車両の里帰りは今回が初めてのケースとなります。

また、丸ノ内線の旧型車両は保存例が結構あるものの、それらがすべて静態保存であるのに対し、今回の4両は動かすことを目的として買い戻したこともわかりました。

運転保安装置などの関係で、さすがに本線上を走らせるのは難しいらしく、中野検車区内などでの走行に限られてしまうようですが、このようにかつての名車をできる限り保存しようと努力する東京メトロの姿勢にはとても好感が持てるというものです。
posted by SS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地下鉄関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

JR常磐線前面展望 DVD

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

今なら23%OFF!!ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:[前面展望]JR常磐線 品川→土浦 [DVD]

■発売日:2017/03/31

内容紹介
2016年12月に南千住~荒川沖間が開業120周年を迎えたJR常磐線。
その最新の姿を上野東京ライン品川出発で前面展望収録。
田町センターの車両群を斜めに渡り新設の高架から歴史ある鉄路へ繋ぐ。
交直流の切り替えデットセクションを通過し、新興住宅地へと変遷を遂げる沿線を、迫力の高速運転で駆け抜けるダイナミックな映像をお届けします。

内容(「Oricon」データベースより)
2016年12月に南千住~荒川沖間が開業120周年を迎えた、JR常磐線の前面展望を収録。交直流の切り替えデットセクションを通過し、新興住宅地へと変遷を遂げる沿線を、迫力の高速運転で駆け抜けるダイナミックな映像が楽しめる。

ほかにも色々な鉄道映像商品がありますので、
ぜひAmazonのホームページをご覧ください!
Amazonで鉄道映像商品を見る!
posted by SS at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | DVD書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする